「はじめて」をわかりやすく。

意外と簡単?ゼロから始める着付けで周囲と差を付けませんか?

意外と簡単?ゼロから始める着付けで周囲と差を付けませんか?

「着付け」と言うと、それを専門にやっている業者もあるくらいなので、自分でするには難しいように感じますね。でも、着付けには色々な方法があるんです。自分の体型や着物の種類によってもやり方は異なります。今回は着付けの基本である、浴衣から練習し、夏までにマスターして周囲を驚かせちゃいましょう!

えむこちゃん

この記事のアドバイザー

えむこちゃん

海外在住の職業自由の人


CLOSE

目次

1.着付けは、まずは何から準備すればいい?

数ある趣味の中でも、「着付け」というのは事前に準備することや予備知識も必要で、新しく始めるにはなかなか敷居が高いように感じてしまいます。着物というと高級感もあり値段が高いイメージもありますね。でも、この記事では必要予算を最小限にし、初心者の失敗しない着物選びのコツから着付けの基本まで、しっかり解説していきます。

予算を知り、何にどのくらいお金を使えるか考えよう

最近は若い女性の着物ブームなどもあり、素敵なデザインのものが安価に購入出来るようになりました。とは言っても、着物に帯に小物一式といった一式を全て新品で揃えるとなると最低でも5〜8万はかかります。購入したものの、この先趣味としてきちんと続けられるだろうか?と考えると、初期投資にこの金額は躊躇してしまいます。しかし、全てを新品で揃える必要はありません。

着物や帯はリサイクルショップに行けば3000円弱で購入できますし、帯締めや小物類は1000円程度です。あとは着付けのための必需品を買いましょう。インターネットで8〜12点セットで約5000円という金額で購入できます。という訳で、初期投資ではフルセットでも1.5万円〜2万円みておけば大丈夫です。

・まずは揃えるべきは「6点セット」の必需品
自分のご実家や祖父母の家に眠っている着物セットはありませんか?もしあれば、それを使えます。着付けのために必要なものを順にご紹介します。

1.「肌襦袢」
2.「襦袢」
3.「半衿」
4.「衿芯」
5.「帯板」
6.「ゴムひも/ひも/伊達締め〜(7本あれば十分)」

これに着物や帯、足袋に下駄が加わリます。そしてタオルを3枚程度用意しておきましょう。着物では「寸胴体系」が必要になるので、胸とお腹を平らにさせる必要があるのです。ちなみに浴衣であれば1、5、6の3つを用意すれば着付けできます。

ちなみに帯で1番簡単なものは兵児帯と呼ばれるものですが、浴衣にもその後に練習する小紋にも使える半幅帯を用意しましょう。最初は作り帯を用意するのが簡単です。

名前と役割を覚えて、準備完了!

まずは「襦袢(じゅばん)」です。これは着物の中に着る、着物の形をした「見せ下着」です。そして襦袢の下に着る、自分の肌が直接触れることになるのが「肌襦袢」。これらは出来れば新品を用意しましょう。「半袢(はんえり)」というのは襦袢に縫い付ける見せ衿です。

また「襟芯(えりしん)」を着物に入れることで衿周り(うなじ)を美しく見せます。「帯板(おびいた)」も、帯ピンと張らせ美しく見せるために帯の下に入れて使います。そう考えると着物は本当に細かいところまで計算されていますね。「伊達締め(だてじめ)」は紐で代用可能ですが、紐の面積が広いためピッと固定され着崩れ防止に役立ちます。

[キョウエツ] 長襦袢 洗える 襦袢 地紋入り 半襟 衣紋抜き付き レディース | Amazon

¥2,890(税込)

お仕立て上がりのポリエステル生地の長襦袢です。さらりとした肌触りで、肌馴染みが良いものをご用意しました。ポリエステルの襦袢はお手入れが簡単なのが特徴です。肌に直接触れるものだからこそ、気軽に洗える素材で仕立てました。

2.基本動作のマスターが上達への近道

最初は着付けに必要な必需品の多さに驚くかもしれませんが、揃えてしまった後はもう練習するのみ!まずは着物の導入編である浴衣で、着付け用語や、紐の使い方、着物の形そのものを学び、その後は浴衣よりも少し格式の高い「小紋」と呼ばれる種類の着物で、いよいよ用意した必需品全てを使いこなします。

基本は「浴衣」を制する事から始まる

①下準備として肌襦袢を着て、胸を平らにするようにタオルを置きましょう。タオルを固定するために紐を使っても構いません。

②浴衣を羽織ります。この時、背中の中心に浴衣の中心線がくるようにしっかり調整しましょう。

③衿先をつーっとつたい、3分の1くらいの所で浴衣を持ち上げ、裾の長さをくるぶしくらいになるようにします。この時必ず地面と平行になるように裾を調整しましょう。

④「上前を決める」と言って、浴衣の前になる側(女性は左側)の幅を決めます。一旦左側の浴衣を自分の右脇までピタッとと来るように調節し、自分で決めた上前幅を動かさないようにして、次は下前(右側)の浴衣を体に巻き込つけるようにします。このとき裾を5〜6cmくらいあげて巻き込むと歩きやすくなります。そして先ほどの上前をかぶせ腰紐を巻き固定しましょう。ここで伊達締めがあると便利です。

⑤前後のおはしょりを両脇の「身八つ口」という穴から手を入れて綺麗に見えるよう整えましょう。帯板を入れて帯を巻いたら完成です!

最後に帯を巻いて完成となります!ポイントは④に集約されています。浴衣では通常、衿芯を使いませんので、ここでうなじを綺麗に見せるために衿も整える必要があります。

「小紋」でワンステップ上のレベルへ

「小紋」も浴衣と似たような工程ですが、使う道具も増え難しさもアップ・・・!

①浴衣同様、肌襦袢を着てタオルを置きましょう。またあらかじめ長襦袢には半衿を付け、着物には衿芯も入れておきます。

②長襦袢は浴衣と同じように中心をきちんと確認し、「衿を合わせる」と言って、衿の中心がのどのくぼみ下にくるように、衿を調整します。この時ももちろん左側が上になります。胸の下の部分で紐を縛り、更にその上から伊達締めを使います。紐を結ぶ際に出来たシワを伸ばしておくことも大切です。

③着物は衿幅にを調整しながら羽織り、長襦袢の裾をを通します。

④浴衣同様に、衿先を持ってくるぶしに合わせて長さを調整します。

⑤上前を決めて着物を重ねましょう。下前は必ず5〜6cmあげてくださいね。そして腰紐→シワ伸ばしです。

⑥今度は着物の「衿合わせ」です。衿は2cm開けくらいを目安として、衿の位置を決めたら胸下で紐を使い固定し、シワ伸ばし→伊達締めです。そしたら帯を巻いて完成となります!おはしょりは、衿合わせと同時に整えられるので、伊達締めする前までに整えておくことがポイントです。

実は小紋では、通常半幅帯は使わないのですが、最近はカジュアルな柄の着物も増えてきて半幅帯でも良しとなってきました。

着終えた後のアフターケアは?

着用後の浴衣や着物は汗をたくさん含んでいて、そのまま仕舞えば菌の温床に!脱いだら和装ハンガー(なければつっぱり棒)に掛け、日光を避けた風通しの良い場所で半日程度干しましょう。また着物は普段の洋服よりもシミや泥ハネを作りやすいため、しまう前に入念なチェックが必要です。

ちなみに呉服店で着物を購入した場合は「タトウ紙」という和紙が付いてきて、それに入れて保管できるのですが、100均で売っている着物保管袋で代用できますので探してみてくださいね。

3.深みにハマる!楽しい「お着物」遊び

着付けの練習を重ね、だんだんと上手に着られるようになってきたら、その着物で街に出かけてみましょう。周りの人が思わず目を留てしまうことでしょう。着物を着ることに慣れてからが、本当の「楽しい」が始まります!

着物によるランクの違いってなに?

着物にはきちんと格式(ランク)というものがあって、「その場に合った着物を着る」というのことを含め、着こなしであると言えます。一番格下であるのは、「街着・普段着」と言われるもので浴衣もこの中に含みます。着物の形や柄というよりも素材がウールや木綿のものも、ここに含まれます。その次が「外出着」です。

今回学んだ小紋もここに含まれます。一般的なお出かけの機会には、この外出着で対応できます。その次が「略礼装式」と言って、お祝いの場などの着ていけます。

代表的なのは訪問着ですが、柄や素材によっては外出着になることもあります。そして最後は最上級の格式である「礼装着」です。結婚式で使う打掛や、新郎新婦の母親が着る黒留袖、喪服なども含まれます。

・着付けに慣れてきたら
先ほどは半幅帯の作り帯を紹介しましたが、慣れてきたら作り帯を卒業し半幅帯で帯を結ぶ練習をしましょう。初心者の方には「蝶々結び」「文庫結び」が簡単でおすすめです。

また小紋には「袋帯」を合わせてみましょう。袋帯にするとガラっと雰囲気が変わり大人の着物らしくなります。こちらも作り帯がありますので、最初は作り帯で楽しんで下さい。また袋帯には「帯揚げ」「帯枕」「帯締め」が必要になりますので、追加で揃えましょう。

お着物のアレンジと、小物の効果

さあ、帯で雰囲気の違いを楽しんだら今度は小物にもこだわってみましょう。帯締めはリバーシブルで裏表違う色のものは、結ぶ時にねじると色が2色見えますのでモダンな印象を与えますし、この結び方も色々工夫できます。

帯留は帯締めに使うバックルのようなアクセサリーですが、これもアンティーク調のものやガラス玉、キャラクターのブローチなど着物に合わせて色々変えられます。手元にはカバンも欲しいですが、和柄に飽きたらビーズバックを試してみてください。

また根付けやかんざしと言った、普段は付けないようなものにも挑戦できるのも着物の楽しさの1つです。

帯締め 帯〆 パール梅飾り 青金 先割れ 3色使い 正絹 振袖 成人式 着物 | Amazon

¥6,300(税込)

振袖&小紋&洗える着物等にお使い頂けます。 可愛いパール梅飾りと、金糸使用の2色使いのオシャレな 組紐&3色の先割れ紐が自慢の華やかな帯じめ。 きもの姿がより華やか&上品に。 パール梅飾りを帯留めポイントに使って 先割れ紐で色々なアレンジが楽しめます。

着物を着こなすということ

着物を着ると、背筋がピンっと伸びるような、そんな気分にさせてくれます。また、普段よりも自分の振る舞いや所作にも気をつけるようになるのは、着物を着ているという特別感や、もしかしたら周囲の反応も影響しているからかもしれません。

素材、柄、季節、TPOによっても着物を使い分ける「着物の着こなし」、難しいですがだからこそアレンジの幅も広がり面白いのです!是非、着付けにトライしてみてください。

3日で着られる、前で結ぶ きちんと身につく着かたの教科書 | Amazon

¥1,980(税込)

本書では、着物の着かたを2つのメソッドに分けました。
メソッド1では、まず「きほんの着かた」や手順を身につけます。
メソッド2で、細かな注意点やコツに触れ「自分らしいキレイな着かた」にスキルアップ。

えむこちゃん

この記事のアドバイザー

えむこちゃん

海外在住の職業自由の人




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ