「はじめて」をわかりやすく。

大人になってからでも間に合う!初めての歯列矯正で綺麗な歯並びを手に入れよう

大人になってからでも間に合う!初めての歯列矯正で綺麗な歯並びを手に入れよう

大人になったからこそ気になってしまう歯並び。子供の頃は良かったのに、気づけばガタつきが出ていた人も多いですね。一度歯並びが崩れてしまうと、自力で元に戻すことはできません。また噛み合わせが悪いと肩こりや首こりなど、体の不調を引き起こしてしまうのです。時間はかかりますが、ぜひこの機会に歯並びを見直してみてはいかがでしょうか?

たかなし亜妖

この記事のアドバイザー

たかなし亜妖

フリーライター


OPEN

目次

1.歯並びについて

キレイな歯は自信を持たせてくれます

歯並びが悪いと何が起こる?

歯並びが悪いことによって、何が引き起こされるかを考えたことはありますか?見栄えが悪いだけでなく、様々な不調の原因となっている可能性が高いのです。

まず歯並びが良くないと単純に磨きづらいので、虫歯になりやすいです。歯ブラシがうまく届かない、きちんと当たっていないことにより、歯周病の原因ともなるでしょう。きちんと磨けない=口の中に細菌が溜まった状態になってしまいます。

また歯並びがデコボコしているとうまく食べ物を噛めません。正しく噛めないために飲み込むのも一苦労、結果的に消化不良へ繋がりやすいのです。よく飲み物や食べ物でむせる人は、実は歯並びが全ての元凶だったりします。

そして噛み合わせが悪くなり、食いしばり(噛みしめ)や寝ている間の歯ぎしりに繋がることも。歯がやたらとすり減っている、エラの張りが酷い場合は要注意です。更に悪化すると顎関節症を併発してしまうので、早急に対処する必要があるでしょう。

首コリや肩コリ、そして頭のコリが全く治らない方は、歯並びによって引き起こされるものかもしれませんよ。他にも口呼吸になる、全身が歪む、滑舌が悪くなる、などなど。思いもよらぬところに支障をきたしているかもしれません。

ケース別・歯並びの重症度

歯並びが悪いと言えど、色々なケースがあります。一部だけガタガタしている場合や、全体的にガタつきが見られる、一本だけ歯がないなど、人それぞれ。重症度は医師の判断により異なりますが、軽度であるほど治療期間は短くて済むのです。

例えば下の前歯の一部だけ前後している場合なら、そう時間もかかりません。放っておけばいずれは他の歯もズレはじめてしまいますが、初期のうちならすぐ治ることでしょう。一部のガタつき、ズレ程度なら「軽度」と診断されることが多いです。

少し症状が進んでくると一部とはいえ、やや広い範囲でのガタつきやズレ、前歯の突出などが見られます。「前歯にちょっとだけ隙間がある」「上下4本ずつくらいガタついている」だと中軽度ではありますが、治療期間は年単位となるでしょう。

もっと症状が進めば「重症」と判断され、治療期間が非常に長いものとなります。八重歯が歯茎の位置にある、全体的にすきっ歯、受け口や出っ歯が酷い場合は、治療に根気強さが必要ですよ。

大人になってから歯並びが悪くなった人へ

「子供の頃はそうでもなかったのに、大人になってから悪くなった……」という人は多いです。実は筆者もこのケースに当てはまり、23歳を超えたあたりから急に下の歯が前後し始めたのです。元々少しガタついていたのですが、年々症状が進行していくので矯正へ踏み切りました。

こうして大人になってから悪化する場合は、加齢による歯肉の衰えや、親知らずの影響、ストレスによる噛みしめ、体の歪みが大きく関係しているのだとか。学生時代ほど動かなくなり、パソコンやスマホ漬けの生活を送っていれば、体の不調が発生するのも納得がいきますよね。

歯は動くので、自然と悪化したというケースも稀にあります。しかし現代人は様々なストレスや生活習慣の乱れが目立つので、日ごろの蓄積により症状が進むことも十分にあるでしょう。

咬み合わせが気になったら読む本ー人に知られずにできる歯列矯正 | 齋藤 幸彦 |本 | 通販 | Amazon

¥1,760(税込)

歯列矯正の本当の意味は「体調不良を改善し、病気になりにくい身体をつくる」ことなのです。では、歯並びが悪いとどんな病気につながるのでしょうか。また、そもそも歯並びはなぜ悪くなるのでしょうか。そしてどんな歯並びが悪い歯並びなのでしょうか。本書では、これらについてわかりやすく解説。

< Back
1 2 3
31 件
たかなし亜妖

この記事のアドバイザー

たかなし亜妖

フリーライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ