「はじめて」をわかりやすく。

大人になってからでも間に合う!初めての歯列矯正で綺麗な歯並びを手に入れよう

大人になってからでも間に合う!初めての歯列矯正で綺麗な歯並びを手に入れよう

大人になったからこそ気になってしまう歯並び。子供の頃は良かったのに、気づけばガタつきが出ていた人も多いですね。一度歯並びが崩れてしまうと、自力で元に戻すことはできません。また噛み合わせが悪いと肩こりや首こりなど、体の不調を引き起こしてしまうのです。時間はかかりますが、ぜひこの機会に歯並びを見直してみてはいかがでしょうか?

たかなし亜妖

この記事のアドバイザー

たかなし亜妖

フリーライター


OPEN

目次

3.歯列矯正をはじめるにあたっての注意

クリニックはどう選ぶ?

歯列矯正は時間が掛かり通院が必要なものなので、クリニックとのお付き合いが自然と長くなります。そのため担当医師との相性や、院内の雰囲気が自分に合っているか、対応は良いのかなどを見定めると無理なく通えるでしょう。

分からないことが質問しやすい雰囲気なのか
説明は丁寧なのか
支払い方法が充実しているか
予約は取りやすいのか
歯科衛生士や医師の対応は悪くないのか


上記のことをカウンセリングの時点で注意深く見てみましょう。こちらがいくら質問をしても答えがぶっきらぼうだったり、対応が悪いと通う気も失せてしまいますよね。

また自分に合った方法を提案してくれるのか?というのも重要なポイントです。中には高いお金を払わせようと、抜歯が必要ないのに勧めてきたり、詳しい説明もなく精密検査を受けるように促すなど、ふさわしくない医師が存在しているのも事実。一つだけに絞らず、カウンセリングは最低でも三か所以上回ってみて下さい。

キレイな歯は毎日のケアが大事です

抜歯はした方がよいのか?

歯列矯正とネットで調べると必ず「抜歯」というサジェストワードがあがってきます。必ずしも行うものではなく、歯を動かすスペースが足りない場合に行われるので、全員が該当するものではありません。

ただ動かすスペースがあっても、より見栄えをよくするために抜歯を希望する人も。口元が突出している場合など、抜歯したほうがより審美性が高くなるからです。

抜歯に関してはした方が良い人(動かすスペースがない等)・してはならない人・どちらでも良さそうな人とタイプが分かれており、精密検査後に医師が判断を下します。よほど歯並びが乱れていない場合は非抜歯で治療を進められることもありますので、医師の指示に従って下さいね。

親知らずや虫歯がある場合

親知らずや虫歯が精密検査で発覚した場合は、そちらの治療を進めてから矯正治療へ移ります。親知らずもない、虫歯もないならスムーズに話が進みますが、そうでないのなら矯正治療はやや先延ばしになってしまうかもしれません。

ちなみに矯正治療中も定期的にクリニックへ通うので、メンテナンスの度に虫歯チェックが入ります。マウスピースや裏側矯正と違い、特に表側矯正は虫歯になりやすいので、念入りに歯を磨きましょう。

綺麗な歯並びは印象も◎!歯列矯正で素敵に笑える口元を作ろう

歯並びを整えるのは印象が良くなるほか、体調面でも変化が起きるのでぜひ勇気を持ってカウンセリングへ行きましょう。根気強さと強い意思を持ち、きちんと医師の指示に従えば必ず綺麗になります。

時間をかけた分美しさが手に入る歯列矯正、思い切ってこの機会に挑戦してみませんか?歯は一生モノですよ!

1 2 3
Next >
31 件
たかなし亜妖

この記事のアドバイザー

たかなし亜妖

フリーライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ