「はじめて」をわかりやすく。

紫外線は大敵!はじめてのUVケアを念入りにして夏に備えよう

紫外線は大敵!はじめてのUVケアを念入りにして夏に備えよう

気温が上昇すると日差しの強さが気になりますよね。夏場は気を使う人が多いのですが、実は紫外線はGWごろから強まっているのです。そのため本格的な夏が始まる以前より、入念なケアを行わなくてはなりません!初めてのUVケアは手軽にできるものから行っていきましょう。

たかなし亜妖

この記事のアドバイザー

たかなし亜妖

フリーライター


OPEN

目次

1.紫外線は人体の大敵

太陽から紫外線

紫外線は一年浴びている?

紫外線と聞けば夏をイメージしますが、常に一年を通して降り注いでいるもの。夏場だけ念入りにケアしがちですが、気の緩む冬場も注意しなくてはならないのです。

紫外線というのは「波長」で分類されており、UV-A波とUV-B波という呼び名があります。私たちが日焼けをし、肌がヒリヒリ痛くなる、真っ赤に焼ける原因はUV-B波の仕業。波長は短く、ダイレクトに人体へ影響を及ぼすので分かりやすいですよね。シミや色素沈着の原因となるのは誰もが知っていることでしょう。対策を取りやすいはずです。

厄介なのはUV-A波。これは生活紫外線とも呼ばれており、窓ガラスさえも通過してしまいます。波長としては長く、浴び続けることで肌が徐々に黒ずんでいき、シワやたるみを引き起こすのです。地上に存在する紫外線の8~9割がUV-A波であるからこそ、通年UVケアをするのが大切ということなんです。

【NATURE REPUBLIC】 ネーチャーリパブリック スージング&モイスチャー アロエベラ92%スージングジェル | Amazon

¥900(税込)

しっとりと水分を供給してくれるビタミンが豊富なアロエジェル。
肌の鎮静と保湿効果の高い鮮やかなリアルアロエ92%配合で、マイルドでさわやかな使用感と早い吸収感でべたつくことなく、肌の鎮静を助けてしっとり整えます。

紫外線が強まる時期は……

「紫外線と言えば夏でしょ?」と思うもしれません。確かに7~8月は注意が必要なのですが、すでに4月後半より紫外線は強まっています。確かに対策は一年中するのがベスト。ですがこの紫外線が強力になる期間はより、念入りなケアをする方がいいでしょう。

日焼け止めのCMが続々と流れ始める前より、徹底的な対策を取っておくと安心ですね!

・冬場の紫外線
秋や冬になれば紫外線の強さは軽減されるものの、油断は禁物。UV-A波の影響は一年を通して発生し、UV-B波も継続して降り注いでいるからです。

よくスキー場で「雪焼け」なんて言葉を聞いたことはありませんか?標高の高い場所は紫外線の量も多いため、日焼けの可能性もぐんと上がるということ。寒いからと言って気を緩めると、あっという間に肌が傷ついてしまうかもしれません。

ケアを怠り、紫外線を浴び続けてしまうとどうなるのでしょうか?

誰もが日焼け、シミ、ソバカスが出来てしまうことは容易に想像できるでしょう。肌の防御機能が著しく低下し、老化の原因となってしまいます。ハリのある肌も、紫外線の影響でたるみやシワが発生してしまうことも!最悪の場合は皮膚がんを引き起こすケースも存在します。

他にも一時的な角膜炎を引き起こす、視覚障害が起きるといった、肌以外のダメージを受けることもあるようです。紫外線は目に見えませんが、私たちが想像するよりも遥かに恐ろしいもの。健康に害を及ぼす危険性を秘めていますから、侮ってはいけません。

< Back
1 2 3 4
36 件
たかなし亜妖

この記事のアドバイザー

たかなし亜妖

フリーライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ