「はじめて」をわかりやすく。

社会人デビューに華を添える!初めてのスーツ選びに必要な知識!

社会人デビューに華を添える!初めてのスーツ選びに必要な知識!

社会人に欠かせないアイテムといえばスーツですよね。スーツ姿がびしっと決まっていると、就職活動や仕事もきっとうまくいくはず!でも、スーツを買おうと思った時に、どこで買えばいいの?選び方は?など、分からない人がいると思います。そんなスーツ選びが初めての人のために、知っておくと良い情報をまとめてみました!

コダケン

この記事のアドバイザー

コダケン

プロレス好きカルトライター


OPEN

目次

1.自分の体にぴったり合うスーツを選ぶ

ジャケットの選び方

スーツは、「ジャケット」と「ボトムス」に分かれているので、まずジャケットの選び方からご紹介させていただきます。スーツを選ぶ際に一番大事なのは、「サイズ感」です。服のサイズ感は時代によって様々ですが、スーツの場合はいつの時代でも変わらずジャストサイズ。この点を理解しておくとスーツを選びやすくなります。

ジャケットの下にはワイシャツを着るのがルールですので、ジャケットを購入するお店にはワイシャツを着ていくか、フィッティングできるように持っていきましょう。ジャケットを1着選んだら、ワイシャツの上から羽織ってみてください。ジャケットの肩幅と自分の肩幅がジャストサイズか、1㎝ほどゆとりがあるものを選びましょう。見栄えが良いだけではなく、動きやすいものを選ぶことができます。
 
肩幅の次は、着丈の確認です。着丈は、お尻が隠れるぐらいの長さだとバランス良く着ることができます。見た目では分かりにくい場合は、腕を真下におろして、指を軽く曲げた時に掴める長さがちょうどお尻が隠れるぐらいの着丈になります。最近人気の細身スーツだと、着丈が短いのでお尻が十分に隠れない場合がありますので、お尻が半分は隠れる着丈のものを選ぶようにしましょう。

次は、胸周りの確認です。ワイシャツとジャケットの間に手の平が入るぐらいのゆとりがあるとよいです。胸のボタンを留めて、手の平をワイシャツとジャケットの間に入れて確認してみてください。

次は、袖丈の確認です。腕を真下におろした時に、ワイシャツの袖が2㎝ほど見える丈がジャストサイズです。人差し指を、手首のぼこっと出ている骨に当てたぐらいが2㎝の目安になりますよ。

同じMサイズであっても、スーツはブランド毎に微妙にサイズが異なるので、ジャケット毎に必ず試着をしてジャストサイズであるかを確認しましょう。しわが寄る、きついというのは体に合ってない証拠になるので、選んではいけません。

ボトムス(スラックスやスカート)の選び方

ジャケットが選べたら、次はボトムスを選んでみましょう。ボトムスがジャストサイズだと、シルエットをきれいに見せることができるので、スーツ選びでとても重要になります。

スラックスの場合、多くの方がウエストで合わせると思います。ウエストの場合は、指1本分が入るほどのゆとりがあると良いです。でも、ウエストで合わせると太ももやヒップがきつかったなんて経験はありませんか?ウエストが細くてもヒップが大きい、逆にウエストが太くてもヒップが小さい…という風に、ウエストとヒップのサイズはバラバラである人が多いんです。特に女性なんかは、下半身が太くて悩んでいる方が多いのでスラックス選びは難しいところ。じゃあ、どうやって選べばよいかというと、ずばり「ヒップ」で選ぶようにしましょう。ヒップと太もものサイズ感は同じであることが多い(ヒップが大きい人は、太ももも太い)ので、ヒップで合わせると自然と体に合ったスラックスを選ぶことができます。その場合、ウエストが緩くなってしまうことがありますが、スラックスは3㎝ほどはウエストのお直しができるようになっているので、店員さんに言って直してもらえば大丈夫です。太もものお直しは大がかりになり金額も上がってしまうので、簡単にお直しができるという点からも、ヒップでサイズを合わせるのがおすすめです。

ウエスト、ヒップ、太もものサイズが合ったら、次は丈を確認しましょう。一緒に履く靴を履いていくとバランスを確認することができます。男性の場合、裾がシングルなら直立に立った時に地面から5.5㎝~6.5㎝ほど、ダブルなら7㎝ほどの高さに丈がくる長さがジャストサイズです。女性の場合、足の甲に丈が来る長さが基本的なジャストサイズです。フレア裾ならヒールが半分隠れるほど、ストレートタイプならヒールが少し隠れるほどの丈にするとバランスが良くなります。男性でも女性でも、スラックスを選ぶ時の1番のNGは、丈が長すぎて生地がくしゅくしゅと弛んでいること。だらしがない印象になりますし、足が短く見えて損をしてしまいます。

女性の場合は、スカートも選ぶことができます。基本的には、膝丈や膝が隠れる丈がベター。タイトスカートの場合は、座った時にどれくらい丈が上がってしまうかもきちんと確認しておきましょう。

2.自分らしいスーツの選び方

スーツにはどんな型があるの?

一言でスーツと言っても、色んな型があるので迷ってしまいますよね。ここでは、スーツの型の種類と、どんな印象を与えるのかについてまとめてみました。

スーツを大別するなら、前身頃のボタンの並び方により「シングル」と「ダブル」の2つに分けられます。

・シングル
シングルは、ボタンの並びが1列で一番オーソドックスなタイプになります。スーツの定番といえばこのタイプになるので、就職活動などで初めてスーツを選ぶなら、シングルタイプを選ぶのが無難です。

・ダブル
シングルよりもより大人っぽいタイプが好みなら、ボタンの配列が2列になったダブルがおすすめです。ジャケットの打ち合わせ部分(ボタンを留めた時に重なる部分)が大きくなるので、重厚感が出た大人の着こなしが叶います。体格が良い方が似合うので、体に自信のある方は選んでみてはいかがでしょうか?

シングルタイプの場合、ボタンが2つと3つの2種類から選ぶことができます。現代の主流は2つボタンで、ボタンを留めた時のVゾーンがきれいに見えるのでスタイリッシュな印象になります。若々しくてフレッシュな印象にしたいなら2つボタンがよいでしょう。一方3つボタンは、ボタンの数が多いことやVゾーンが狭くなることから、落ち着いた印象になります。

シングルスーツ

スーツを初めて購入する人におすすめの色

スーツにはたくさんの色があるので迷ってしまいますよね。色によって与える印象が大きく変わってくるので、色選びも大切になります。

リクルートスーツなら、「ブラック」、「ネイビー」、「チャコールグレー」がスタンダードなカラーです。就活生の7割がブラックを選んでいるというほどなので、無難な色ならブラックがよいでしょう。ネイビーは日本人の肌の色とよく合うので、明るい肌色で好印象を与えることができます。また、爽やかで誠実な印象も与えるので、リクルートスーツにぴったりな色になります。チャコールグレーは落ち着いた色合いのグレーです。上品で落ち着いた印象にしたいなら、この色が最適です。汚れも目立ちにくいという利点もあります。

ビジネススーツの場合は、社風や職業に合わせた色を選ぶのがよいですが、初めてのビジネススーツなら、「ネイビー」、「グレー」が無難でしょう。ブラックはリクルートの印象を与えるのでビジネスには向かないという意見もありますが、銀行員などお堅いイメージがある職業にはマッチしている色になります。ネイビーもグレーも色の濃淡は様々なので、なるべく落ち着いた色合いを選ぶのがよいです。

就職活動では定番のカラーが無難

3.初めてスーツを購入するならここ

量販店で購入する場合

スーツの量販店と聞いて思い浮かべるのは、AOKIや青山などではないでしょうか?ここで購入するメリットは、購入を思い立った時に気軽に行けることや、たくさんの種類の中から選ぶことができるという点です。デメリットは、一般的なサイズやタイプが多いので、自分にぴったりのサイズやシルエットが見つからない可能性があるという点です。価格も、百貨店やセレクトショップよりも安価なので、何着もスーツを持ちたい人や、予算を抑えたい人に合っています。

量販店の場合、大手総合スーパー(イオンやイトーヨーカドーなど)のプライベートブランドのスーツを購入するという手もあります。スーツ専門の量販店と同じく、安価で購入することができます。

今や、スーツはネットでも購入できる時代です。ネットで購入できるおススメのスーツを2つご紹介させていただきます。まずは、「洗えるスーツ」です。洗濯機やシャワーで洗うことができるので、自宅で洗って清潔に保つことができます。洗い替えで何着もスーツを持つ必要がないので、ビジネスマンに最適な商品です。クリーニングにスーツを出す手間がないのも良いですね。

AOKIのメンズスーツ 選べる色柄バリエーション【黒・紺・グレー/スリム・ベーシック/2ピース・2パンツ】|Amazon

¥31,900(税込)

【AOKIのメンズスーツ】
立体的な型紙と縫製を採用したAOKIの立体縫製のスーツは、腕上がりが良く快適な着心地をサポートします。

【選べる色柄機能】
様々な色柄、機能からお好みに合わせて商品をお選びいただけます。

2つ目は、「女性用のストレッチ素材のスラックス」です。ストレッチ素材で伸びるので動きやすいという特徴があります。ハイウエストで脚長効果もあり、ワイシャツをスラックスにしっかりとインすることができます。長時間履いていても疲れにくいので、営業や販売員などのよく動く職業の方にとって重宝するのではないでしょうか?

パンツ ハイウエスト ストレッチ OL 通勤 着やせ ロング レディース|Amazon

¥2,380(税込)

素材構成: ビスコース繊維61.7%、コットン34.1%、その他
スラっと美脚!! ストレッチ素材のレディースロングパンツです!

オーダーメイドで仕立てる場合

初めてのスーツでも、一生ものを購入したいという方は、オーダーメイドで仕立てるのがよいでしょう。自分の体にぴったりと合ったものをプロに仕立ててもらえるだけではなく、自分好みの色や柄、生地を選んで個性を出すことが出来るというメリットがあります。一方で、仕立てるのに時間がかかるのですぐにスーツが手に入らないというデメリットがあります。また、価格は既製品を購入するよりも高価になりがちです。

今は、スーツ専門の量販店からも、オーダーメイドでスーツを仕立ててくれるお店も出てきています。それだけ、スーツのオーダーメイドは身近なものになってきています。スーツを一生ものと考えるなら、オーダーメイドで1点ものを仕立てるというのも良いかもしれません。

お得にスーツを購入するなら

お店のセールや販促品を活用しよう!

スーツ専門の量販店では、就活生のために、リクルートアイテムをセットで販売したり、セール価格で販売したりと様々なセールや販促品を打ち出すことがあります。セット販売の場合、スーツはもちろんのこと、カバンやシューズ、ネクタイなどを全て揃えることができるので、すぐにアイテムを準備したいという方は活用しない手はありません。

ジャストサイズのスーツを選ぶにはたくさんのポイントがありますが、1つ1つ丁寧に見ていけば自分に合ったスーツに出会うことができるはずです。貴方のスーツライフが豊かになることを願っています。

コダケン

この記事のアドバイザー

コダケン

プロレス好きカルトライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ