「はじめて」をわかりやすく。

簡単にできる自宅トレーニングをはじめて理想の体に近づけよう!

簡単にできる自宅トレーニングをはじめて理想の体に近づけよう!

体を引き締めたいけど、ジムに行くのは少しハードルが高いと悩んでいる方。自宅トレーニングで体を動かしてみるのはいかがでしょうか?自宅でも、目指す理想の体型を手に入れることは可能です!今からスタートできるメニューや準備をご紹介しますので、自宅トレーニングを始めてみませんか?

Remi

この記事のアドバイザー

Remi

ハムスター動画に癒される人事担当者


OPEN

目次

2. 自宅トレーニングの準備は?

服装や器具は?

自宅でのトレーニングなので、どんな服装でも大丈夫です。Tシャツに短パンなど、装飾品が付いている服は避けて、トレーニングで邪魔にならないシンプルなものをおすすめします。わざわざトレーニングウェアは購入する必要はありませんが、モチベーションに繋がる方は自分好みのウェアで、気持ちを上げるのも良いでしょう。

初めて自宅トレーニングを行う場合、最初から器具を購入する必要はなく、自分自身の体重で負荷をかけて行う「自重トレーニング」で鍛えていきましょう。

床の上で行うのが心配な方や、膝や腰に痛みが出そうな場合には、フィットネスマットやヨガマットの購入を検討しても良いかもしれません。

マットがあると階下への音対策にもなります

トレーニングに必要なものは?

水分

トレーニングに夢中になると水分補給を忘れてしまいがちですが、自宅でもしっかりと水分を摂るようにしてください。効率的に筋力強化をしていきたい方は、プロテインを用意するのも良いでしょう。

水とタオルはマストアイテム

タオル

汗をかくと体が冷えたり、汗で足元が滑ってしまうリスクがあるので、タオルは側に置いていつでも使えるようにしておいてください。

音楽

好きな音楽をかけることで気分が上がり、やる気も出てきます。自宅だからこそできるメリットなので、トレーニング用の音楽リストを作ってみるのも良いかもしれません。

自宅に鏡がある方は、トレーニング中に姿勢を確認できる場所に用意しましょう。正しい姿勢で筋トレができているか、日々のプロポーションの変化等にも気が付くことができるので、鏡を置くことはおすすめです。

スマートフォン

鏡がないという方にもおすすめなのが、スマホの録画機能です。かけるべきところにしっかりと負荷がかからないと、効率よく筋トレにならないため、録画をしておけば、自分のトレーニングを見直す際にも役に立ちます。

集中できる環境づくり

トレーニングを始めると、床に転がることや普段しない姿勢をすることで視野が変わります。部屋の掃除がされていないと、トレーニング中にゴミが気になってしまうことや、物が散乱していることで集中できないことがあります。

また、足元に物があると怪我の恐れもあるので、気持ちの切り替えをするためにも、トレーニングを始める前に一度部屋を整理整頓することをおすすめします。

66 件
Remi

この記事のアドバイザー

Remi

ハムスター動画に癒される人事担当者




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ