「はじめて」をわかりやすく。

くるんとしたまつ毛がキュート♪はじめてのまつ毛パーマで目元を華やかに!

くるんとしたまつ毛がキュート♪はじめてのまつ毛パーマで目元を華やかに!

ビューラーいらずの目元になれる、まつ毛パーマ。まつ毛エクステよりも気軽に受けられ、メイクの時短も可能です。まつ毛パーマにもカールの種類、そして根元からまつ毛を立ち上げる施術など様々なものが存在します。ぜひ初めてまつ毛パーマを受ける前に、前知識を頭に入れておきましょう!

たかなし亜妖

この記事のアドバイザー

たかなし亜妖

フリーライター


OPEN

目次

2.まつ毛パーマを受けてみよう

筆者撮影

まつ毛パーマはどんな場所で受けられる?

近頃のまつ毛パーマはまつエク専門店で受けられます。中には美容室やネイルサロンと併設しているところも多いですね。ちなみにまつ毛パーマ専門店も存在しますが、数はそう多くありません。

まつエクを行うには「アイリスト」という美容師免許が必要です。そのためまつエクを行うサロンで施術を受ければ、免許を取得したスタッフに担当してもらえるため、安心感があるはず。全国様々な場所に店舗は存在するので、ぜひ探してみて下さい。

無資格の店舗に注意
実はアイリストに美容師免許が必要になったのは、つい最近のこと。まだ約10年くらいですから、それまでは無資格で目元の施術をするサロンが後を絶ちませんでした。そのせいで結膜炎などのトラブルが相次ぎ「まつエクやまつパには資格がないとNG」というルールが定められたのです。

しかし現在でも無資格で営業しているサロンはあり、言い方を「まつげカール」等と改めて集客を行っております。この場合きちんと講習などを行っていないパターンも見られるので、施術レベルが低い、衛生面への注意が甘い可能性も。全ては自己責任ですが、できれば資格を有するアイリストの元を訪れることをおすすめします。

まつ毛パーマの料金相場

比較的安価で受けられるまつパですが、サロンによって値段設定が変わってくるのです。ただパーマをするだけなのか、同時に行うトリートメントの種類は何か?それによって、金額に差が生じることでしょう。

値段は約3,000円~10,000円前後。パーマにプラスして高濃度トリートメントがセットでつく場合は少々値段が高くなる傾向にあるようです。

そして施術方法によっても金額の違いが見られることも。値段だけで決めるのではなく、施術のモチや方法によってサロンを選ぶのがベストです。

カールの種類

まつ毛パーマと一口に言えど、パーマをかける方法は二種類。ビューラー式とロッド式という施術があるのです。

・ビューラー式
ビューラー式とはメイクで使うビューラーと同じく、まつ毛を挟んで上にカールさせるという技術。専用の器具があり、30分前後で完成します。短時間で行え、価格も安価(3,000円~5,000円以下)なので、気軽に受けたい場合はビューラー式が向いているでしょう。

ただ挟んで上げる、というやり方ですのでまつ毛に角度がつきやすいのが難点。ビューラーでしっかりまつ毛を上げた時の形が、約一か月継続するという感じでしょうか。まつ毛が折れ曲がってしまうこともあるようです。

角度のついたまつげが苦手な人、自然な感じでカールさせたい人にはあまりおすすめできません。

・ロッド式
ロッド式とはビューラーのように挟みこまず、シリコン製のロッド(棒)に毛を一本ずつ巻きつけてカールさせる施術です。ビューラーのように角度がついたまつ毛にはならず、自然な雰囲気になるのでナチュラルに仕上げたい場合はこちらが良いでしょう。

一本一本丁寧に扱うため、ビューラー式に比べると少々時間がかかってしまいますし、値段も張ります。(約5,000円~)最低でも一時間~一時間半は必須。ですが仕上がりは非常に綺麗ですので、完成後を見ればその時間も惜しくないと思えるはずです。

サロンでは「アッパーリフトカール」「ケラチンラッシュリフト」等と様々なメニューが書かれていますが、これらは全てロッド式にあたることを覚えておいて下さい。

筆者撮影

ちなみにこちらは、ロッド式の施術「パリジェンヌラッシュリフト」を行った際の画像。がっつりと根元からまつ毛を立ち上げてくれるので、眼瞼下垂・重い一重の人にもおすすめだそうです。

カールの角度は決められるのか?

まつ毛パーマではカールの角度を決めることが可能です。これはビューラー式、ロッド式でも共通していて、施術前のカウンセリングでは「どんなデザインが良いですか?」と必ず聞かれるはず。サロンによってはCカール、Dカール、ナチュラルカール等言い方が違うようです。

あまり上を向きすぎたまつ毛が好きじゃない、ゆるやかなカールを好む場合はナチュラルなデザインがおすすめ。自然と上を向いているような仕上がりになるので、やりすぎ感を抑えたい方や、元のまつ毛が多い・または長く派手な印象になってしまう方におすすめ。ですがガッツリまつ毛を立ち上げるわけではないので、他のデザインに比べるとパーマが取れやすいのが難点です。

もう少しまつ毛を上向きにさせたいのなら、最もスタンダードなCカールがおすすめ。しっかりとカーブのついたまつ毛になり。横から見るとくるんと可愛らしい雰囲気になるのです。カールのモチも良いですし、マスカラを乗せた時は長さが出ます。はっきりとした目元が欲しい方は迷わずCカールを選びましょう。

更に目元を綺麗に見せたい、デカ目効果を期待する人はカールを根元から立ち上げてもらうようにすると良いです。Cカールよりも更にくっきりとするので、目元の印象が際立ちます。人によってはマスカラが不要になることもあるので、非常に便利なデザインとも言えるはず。

サロンでは施術の見本や写真を見せてくれるところもあるので、やりたいデザインが迷ったらスタッフに相談するのも手です。

30 件
たかなし亜妖

この記事のアドバイザー

たかなし亜妖

フリーライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ