「はじめて」をわかりやすく。

くるんとしたまつ毛がキュート♪はじめてのまつ毛パーマで目元を華やかに!

くるんとしたまつ毛がキュート♪はじめてのまつ毛パーマで目元を華やかに!

ビューラーいらずの目元になれる、まつ毛パーマ。まつ毛エクステよりも気軽に受けられ、メイクの時短も可能です。まつ毛パーマにもカールの種類、そして根元からまつ毛を立ち上げる施術など様々なものが存在します。ぜひ初めてまつ毛パーマを受ける前に、前知識を頭に入れておきましょう!

たかなし亜妖

この記事のアドバイザー

たかなし亜妖

フリーライター


OPEN

目次

3.まつ毛パーマの注意点

セルフで行うのはおすすめできません

たまにまつ毛パーマをセルフで行う人もいます。キットも販売されており、サロンに行くより更に安価で済むのですが、あまりおすすめはできません。自宅で気軽にできるのは魅力的かもしれませんが、サロン級の仕上がりにするのは難しく、まつ毛を傷めてしまうことも。綺麗なカールを作るのも簡単ではないので、まつ毛が折れ曲がる、切れるなど悲惨な状態に落ちってしまうケースも多々あるのです。

それだけではなく、パーマ液が目に入ってしまい結膜炎や角膜炎などのトラブルに繋がる危険性もあります。そして皮膚に合わない場合はかぶれ、酷い時は皮膚炎を併発してしまうので、セルフで行うのはなるべく避けて下さい。その時は安く済んでも、病院の通院代を考えたら結果的に高くついてしまうかもしれませんよ!

もし結膜炎になってしまったら

サロンで行ったにも関わらず、施術者の腕の問題や体調により結膜炎や皮膚炎になってしまうこともあります。その時は必ず眼科へ行き、様子を見てもらいましょう。

パーマ液は目に入ると刺激が強いので、非常に危ないのです。結膜炎がおさまるまでは、絶対に目元を触らないようにしてください。続けてまつげパーマに行くのもNG。

そしてサロンへ行くたびに結膜炎になるという人は、使用しているパーマ液が合わない・アイリストの腕が悪いのかもしれません。サロンを変えるか、一旦まつパをお休みして様子を見るのも一つの方法です。

30 件
たかなし亜妖

この記事のアドバイザー

たかなし亜妖

フリーライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ