「はじめて」をわかりやすく。

テレワークの合間にはじめたい首コリ対策におすすめのストレッチ

テレワークの合間にはじめたい首コリ対策におすすめのストレッチ

テレワークの時間が増え、頑固な首コリに悩んでいる人もいるのではないでしょうか。首コリ対策にはストレッチをはじめたい人も多いですよね。テレワークの休憩中にできる簡単なストレッチと、ストレッチのコツをご紹介します。

ニュー子

この記事のアドバイザー

ニュー子

新しいものに飛びつくバブル世代ライター


OPEN

目次

2. テレワークの合間にストレッチをはじめたい人必見!首コリ対策ストレッチ

首のストレッチは座ったままの状態でも簡単にできるので、テレワークの隙間時間にはじめるのにぴったりです。これから首コリ対策ストレッチをはじめたい人におすすめ、簡単にできる2つのストレッチ方法をまとめてみました。

首をゆらゆらさせる「8の字ストレッチ」

まずは両手を頭の後ろで組みます。
そのまま下を向いて、組んだ手は後頭部の後ろに軽く添えましょう。
下を向いたままゆっくりと、大きく横に8の字を書くように上半身を動かします。頭と首は動かさずに、上半身を動かすのがコツです。
今度は反対周りで、横に8の字を描くように上半身を動かします。1回のストレッチで、3セットを目安に行いましょう。

ゆらゆらとゆっくり上半身を動かし、首の後ろの筋肉がグーっと伸びる感覚を意識すると、効果が高まります。

首の左右の筋肉が伸びる「首傾げストレッチ」

首の左右の筋肉を、ゆっくりと伸ばすストレッチです。

正面を向いて、まっすぐな姿勢をとります。
右手を頭の上に回し、左の耳に指を軽くひっかけて、首を右にゆっくり傾けましょう。傾ける時に首が斜めにならないように、方向に気をつけてください。
深呼吸しながら、20秒数えます。
ゆっくりと体勢をもとに戻して、耳から手を放しましょう。
今度は左手を頭の上に回し、右の耳に指を軽くひっかけて、ゆっくりと左側に傾けます。先ほどと同じように、深呼吸しながら20秒数えて、ゆっくりと体勢をもとに戻せば完了です。

首に疲れが溜まりやすい人ほど、筋肉が伸びにくいので、ゆっくりと首を傾けるのがポイント。手で反対側の耳を軽くひっかけるようにすると、真横に首が倒しやすくなります。

33 件
ニュー子

この記事のアドバイザー

ニュー子

新しいものに飛びつくバブル世代ライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ