「はじめて」をわかりやすく。

セルフネイルを始めてみよう!自分の好きなデザインで手元を華やかに

セルフネイルを始めてみよう!自分の好きなデザインで手元を華やかに

手元が綺麗だと気分が上がり嬉しくなりますよね!プロに施術をしてもらうことも良いですが、自宅で出来ればサロンへ行く手間もなくなり、経済的です。最近はセルフネイルが手軽にできるグッズが多く販売されているので、初めてでも失敗しない方法や、セルフネイルのコツをご紹介します!

Remi

この記事のアドバイザー

Remi

ハムスター動画に癒される人事担当者


OPEN

目次

1. セルフネイルを始めるために

そもそもセルフネイルとは、ネイルサロンへ行かずに自分でネイルアートをすることを指します。

近年ネイルサロンが増加したことで、予定の合間や仕事帰りなど気軽にネイルができますが、自分が好きなようにデザインできるとセルフネイルにハマる方も増えてきていますよね。

とはいえ、セルフネイル初心者からするとハードルが高いのでは?と不安に思う方も多いでしょう。最近はドラックストアやネットでネイル用品を購入でき、ネイルに関する書籍も多く出ているので、意外にも始めやすく趣味として楽しむ方もいらっしゃいます。

初めてのセルフネイルでも簡単に楽しくできるコツをご紹介していきましょう。

気分転換に手元からおしゃれを。

セルフネイルに必要な道具

セルフネイルを始めるために、まずは道具を揃えてみましょう。
先述した通り、最近はネットやドラックストアなどで購入できるものが多いので、比較的揃えやすいです。

【爪を整えるために必要なもの】

・エメリーボード(やすり)
爪やすりはネイルの形をラウンドやスクエアに整えることができ、爪切りよりも爪への衝撃が無く、爪に優しいというメリットがあります。全ての爪をやすりにかけるのは時間がかかる場合には、最初に少しだけ爪切りでカットしてから、エメリーボードで仕上げましょう。

・バッファー(爪磨き)
爪の表面をきれいに磨いて滑らかにすると、ネイルの色がきれいにのりやすくなります。

・甘皮ケアアイテム
甘皮の処理をするとしないとではネイルの持ちが大違いです。キューティクルリムーバーで甘皮を柔らかくしてから、ウッドスティックやニッパーを使って処理をしましょう。また最近では甘皮ケアと保湿が同時にできるアイテムもあるので、初心者の方でも簡単に処理ができます。

オイルイン キューティクルプッシャーペンAOP480 | ラッキートレンディ | Amazon

¥406(税込)

オリーブオイルがにじみでる、キューティクルプッシャーペン。セラミック部分からじんわりしみ出るオイルで爪を傷つけないように甘皮除去!+保湿効果!!キューティクルリムーバーは不要!これ1本でラクに処理。

【爪を綺麗に仕上げるために必要なもの】

・ライト(UVライト・LEDライト)
ジェルネイルをする場合には、ネイルを硬化させるためにライトが必要です。短時間でネイルを仕上げたい方には、LEDライトの方が早く硬化するのでおすすめです。

・ジェル
クリアジェルとカラージェルをそれぞれ用意しましょう。クリアジェルはベースコートや仕上げのトップコートとして使用します。カラーはお好みで揃えてくださいね。

・筆
プロが使用する高級筆がありますが、初めての場合では100均でまず揃えてみるのもおすすめです。筆先の形は様々ありますが、平筆タイプは必ず持っておきましょう。ネイルアートやフレンチをする場合には、それぞれのデザインに合わせて揃えるのも良いでしょう。また、カラーとクリアで使い分けたい場合には2本用意してください。

・エタノールとコットン
ジェルネイルは爪に油分や水分が残っていると定着しにくくなるため、最初にエタノールで指や爪を消毒する必要があります。コットンに染み込ませて使いましょう。エタノールは筆などの消毒にも使用できます。

・マニキュア
ジェルではなくマニキュアを使用する場合には、ベースコート・カラーマニキュア・トップコートをそれぞれ用意しましょう。ベースコートは必要?と思われがちですが、色の持ちや発色に違いが出てくるので塗ることをおすすめします。

LEDネイルドライヤー UVライト 54W ハイパワー | Amazon

¥1,699(税込)

18個のLEDが爪に向かって均一に照射します。硬化時間の早さと硬化の質、消費電力の両立を目指し、54wの消費電力で従来のよりも2倍速くジェルネイルを乾燥させ、30秒高速硬化スピートを実現します。赤外線検知システムが搭載され、指先/足を入れると赤外線センサーが検知でき、ライトが自動でオンに。離れると自動でライトオフに。

セルフネイルのメリット

セルフネイルのメリットは、サロンでの施術に比べてリーズナブルに仕上がることです。サロンによって金額は変わりますが、ネイルサロンでの1回当たりの料金相場は5,000円〜10,000円ほどです。

自宅でセルフネイルをする場合にも道具を揃えるためコストはかかりますが、かかっても10,000円以内では収まることが多く、サロンと違って毎回この金額がかかるわけではありません。

また、セルフネイルであれば自宅で好きなタイミングでネイルができることも魅力的です。自分の好きな音楽をかけたり、テレビを観ながらできるので、時間や場所を選ばずにできるでしょう。人気のサロンでは、希望の日にちや時間で予約が取れないことがあるので、時間がなくてサロンに通うのが難しい方にはおすすめです。

自分好みの指先をイメージしてみましょう。

< Back
1 2 3
33 件
Remi

この記事のアドバイザー

Remi

ハムスター動画に癒される人事担当者




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ