「はじめて」をわかりやすく。

痛くて危険はウソ!?初めてのコルギで小顔を手に入れよう

痛くて危険はウソ!?初めてのコルギで小顔を手に入れよう

韓国ブームと共に流行したコルギ。痛いけど効果的と話題になり、全国的に知名度を上げました。継続するほど小顔になり、肌質も変化していきます。そして顔だけでなく、ボディのコルギもあることを知っていましたか?ぜひ初めてのコルギにチャレンジして、むくみや歪みを解消しましょう!

たかなし亜妖

この記事のアドバイザー

たかなし亜妖

フリーライター


CLOSE

目次

1.コルギについて詳しく知ろう

コルギとは韓国で生まれた美容法

コルギは「骨気」と書き、K-POPブームと共に日本で話題になりました。骨に圧をかけるように、周辺のリンパや血管に刺激を加えていくマッサージの一つです。一般的なマッサージでは皮膚や筋肉のみの刺激なので、より深くアプローチができるというわけですね。

コルギは顔だけでなく、脚などの全身も可能。歪みの矯正や血流の流れを良くするので、顔+全身で受けるとより高い効果を実感できるでしょう。

コルギと聞けば顔だけのマッサージと想像しますが、実は違うんです。頭からデコルテ、わきの下、更には胸元……と、胸上全ての施術を含めているのだとか!なので首元や肩こり、頭の凝りに悩んでいる方にも非常におすすめしたいものです。

痛い・危険と言われた真相は?

コルギが話題となりましたが、一時期「コルギは危険!」との噂が流れ、ブームが下火となってしまったことがありました。結論から申し上げますと、コルギは危険ではありません。ですが“間違った施術”は危険とも言えるので、サロン選びが重要でしょう。

骨に圧をかけるのですが、上手でないセラピスト、勉強不足である施術者は「ただ圧をかければいい」という雑な施術となってしまいます。これが危険を招くのですね。あくまで「圧をかけるようにマッサージしていく」ので、グイグイ押せばいいのではありません。無理に圧迫するとアザの原因となったり、症状が悪化してしまう可能性が!

あまりに安すぎる場合や評判が良くないところは避け、良質なセラピストが在籍しているサロンを選ぶと安心です。口コミをしっかり確認しましょう。きちんと教育が行き届いているのなら危険性は極めて低く、正しい施術を受けられるはずです。

コルギ=痛い、の認識ですが何もコルギが痛い施術というわけではありません。痛みを感じるのは顔に老廃物が溜まっているからで、蓄積している量が多いほど痛みは強くなります。日頃から顔のマッサージを念入りに行っている人や、顔がむくみづらい人はあまり痛くないかもしれません。

回数を重ねるごとに痛みは減っていく(=老廃物が流れやすくなる)ため、特に初回は痛みが強いことの方が多いです。

2.コルギを体験してみよう

コルギが受けられるサロンはどこにある?

今やコルギが受けられるサロンは無数に存在するため、基本的に全国各地、どこでも体験できるでしょう。

ただ韓国発ということで、サロンは都内だと新大久保かその付近(東新宿など)が最も多いとされています。特に新大久保・大久保は韓国美容の激戦区ですので、多くのサロンがひしめきあっています。営業時間が長いのも特徴で、24時間営業や深夜営業をしているところも多いのだとか。

もちろん他の地域でも多く展開されているので、自宅の近くにないか探してみて下さい。個人で経営しているプライベートサロンも多く見られます。

・施術者は韓国人or日本人?
新大久保、またはその付近のサロンでは施術者のほとんどが韓国人のセラピスト。日本人を多く相手にしているため、日本語を話せる人ばかりです。なので言語の壁を不安に思うことはないでしょう。もちろん日本人施術者も多いので、自分に合ったサロンを選ぶと安心です。

ただ施術者の国籍で選ぶよりも、その店舗のコルギがしっくりくるか?で決めるといいでしょう。サロンによってやり方は様々なので、合う・合わないがハッキリ出る場合もあります。初回時は安く受けられるサロンが多いため、まずは2,3か所行き比べてみるのも良さそうです。

コルギの施術料金はどのくらい?

コルギは日本だと40分6000円~あたりが相場。60分7500円~10000円前後のため、ものすごく安い!とは言い切れないかもしれません。技術を伴う施術ですので、激安価格では提供できないのでしょう。ちなみに本場・韓国で受けても値段相場はやや安いか、変わらないくらいなんだとか。

ちなみに顔だけでなく、小顔コルギ+全身コルギのコースや、小顔コルギ+よもぎ蒸しなど様々なコースを提供しているサロンが多いです。

先程痛みについては上述しましたが、痛い人・痛くない人がハッキリと分かれます。だいたい初回時は皆痛みを覚えるものですが、二回目、三回目以降だと感じ方に差がでてくるようです。

老廃物が多かった場合は施術後、若干の腫れや赤み・痛みが出てしまうこともあるのだとか。そこで辞めてしまう人も多いのですが、それではコルギの意味がありません。継続することが大切なので、めげずに通い続けることが大切です。

3.コルギの効果をよりアップさせるためには

コルギ+石膏パックがおすすめ

石膏パック(筆者撮影)

コルギだけでも十分小顔に、そして美肌効果を狙えますが更にこだわりたい方は石膏パックがおすすめです。コルギを扱うサロンなら大抵コースで用意されており、韓国ではメジャーなパックの一つです。

石膏パックとは美容液や美容クリームの上から柔らかな「石膏」を塗り、成分を肌の奥まで浸透させていくのです。石膏は時間と共に固まっていき、顔に吸着。固まる過程で温度が徐々に上昇し、40度前後までになるのだとか。顔が熱くなる感覚がしますが、これがまた心地よいのです。

美容成分が浸透するだけではなく、コルギの持続を保つ効果や、顔についた汚れ(ホコリや花粉)を取り除く、毛穴の引き締めなど嬉しい効果がたくさん!

顔全体に塗布するのですが、口や鼻の部分は避けるため苦しくなることはありません。ただ顔が密閉されるのに等しいため、閉所恐怖症の方は避けて下さい。

モデリングパックもあり

石膏パックが苦手、受けられない方はモデリングパックに変更するのもいいでしょう。モデリングパックとはモチモチとしたペースト状のパックで、顔に乗せるとひんやりして気持ちいいのです。感覚としてはシートパックと似ていますね。

毛穴の汚れや引き締め、余分な皮脂を取り除くなど嬉しい効果が!石膏パックかモデリングパックか、どちらかを選べるサロンもありますので、ぜひお好みのパックで綺麗なお肌をゲットしてください。

痛い時は我慢しないで

どうしても痛ければ痛いほど効果がある!と考えがちですが、それは大きな間違いです。あまりに痛すぎる場合は、施術者に伝えましょう。

痛みに耐えようとすると顔に力が加わってしまい、歯をくいしばってしまう可能性があります。それでは筋肉をほぐすためのコルギに意味がなくなってしまうでしょう。こわばるとほぐしにくくもなるので、施術者もやりづらいはずです。

痛い時は力を弱めてもらう等工夫をして、コルギを苦痛なものと思わないようにしたいものですね。

老廃物を流してすっきり!憧れの小顔をゲットしよう

何回通うのが理想的?

コルギは何回続ければ、理想の小顔が手に入るのでしょうか?これはサロンによって回答が異なり、施術方法によっても違いが見られます。ですが多くのサロンは「最初の10回は週一が望ましい」と言われるはず。

施術したては効果を実感できても、まだ数回程度ではすぐ元に戻ってしまいます。継続することによって元に戻りにくい、持続効果もアップするため定期的に通うことが大切でしょう。

約10回の施術を終えたら、次は二週に一度、一か月に一度……と徐々に頻度を減らしていきます。ですが全くやらなくていいものではなく、メンテナンス程度に通い続けることが大事だそうです。

憧れの小顔をゲットしよう!

老廃物が蓄積したままでは、むくみが取れず顔がどんどん大きくなってしまいます。コルギに挑戦して、すっきり小顔を手に入れましょう。

小顔にもなれて、美肌もゲットできるなんて理想的です!お気に入りのサロンを見つけて、一生懸命継続することが大切です。

DVDで即効マスター 世界一の小顔を作る 最新 骨気メソッド | 林 幸千代 |本 | 通販 | Amazon

¥1,650(税込)

テレビ、雑誌で大反響! たった1分で顔の形を変える驚異のメソッドが、さらにパワーアップ! 即効性、効果がより高まり、たるみ、くすみなどの悩みも一気に解消。DVDで簡単にマスター。

たかなし亜妖

この記事のアドバイザー

たかなし亜妖

フリーライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ