「はじめて」をわかりやすく。

【はじめての大腸内視鏡検査】はじめてでも怖くない。事前に知っておけば安心。大腸内視鏡検査とは?

【はじめての大腸内視鏡検査】はじめてでも怖くない。事前に知っておけば安心。大腸内視鏡検査とは?

40歳以上から受診が推奨されている大腸がん検診。なんといっても早期発見・早期治療が大事です。はじめて大腸内視鏡検査を薦められても事前に知っておけば安心して受けられます。大腸内視鏡検査はどんな検査をするの?事前準備や当日のことをご紹介します。

らびっこ

この記事のアドバイザー

らびっこ

文化系女子/Webライター


CLOSE

目次

1.大腸内視鏡検査とは?

大腸内視鏡検査はどんなことをするの?

みなさんは、健康診断を毎年受けていますか?健康診断のときに、必ず便を採取して提出しているかと思います。診断結果が来たときに、便潜血検査という項目の結果欄に、「+」か「-」の表示があります。この表示が「+」の場合は、陽性という判定になります。

この場合は、便になんらかの原因で血液が混ざっていたという結果がでたという意味ですね。陽性の判定が出た場合は、病院から精密検査という指示がでます。この精密検査が大腸内視鏡検査をするということです。※病院によって指示が違うかもしれませんので健康診断を受けた病院の指示に従ってください。

大腸内視鏡検査は、前日の食事管理と当日検査前までの準備をして、検査自体は、先端に小さなカメラがついている細い管を肛門から挿入して大腸の中を見て行くという検査になります。検査時は、目の前にモニターがあり、管を通しながら大腸の中をくまなく見て行きます。

どんなことがわかるの?

大腸内視鏡検査ときくと、大腸がんなのか?と怖くなりますよね。確かに大腸がんの早期発見にはなるかと思いますが、必ず大腸がんを見つける検査ではありません。大腸で出血している原因を見つけるための検査ですので。大腸ポリープや、大腸の炎症、潰瘍、そして、痔からくる出血だったと言う場合もあります。出血の原因はさまざまですね。

2.事前準備はどんなことが必要?

まずは病院に検査の予約をしよう

大腸内視鏡検査は、初診で当日検査を受けることはできません。まずは、病院に行って医師の問診を受けましょう。そして、検査日の予約をします。検査日が決まったら、検査までの準備と当日についての説明を看護師から受けます。検査の日程は、検査前日~一週間は、飲み会等、夜の予定がないなど、ゆっくりできる日を選ぶと良いでしょう。

前日の食事はどうするの?

病院で検査日を予約すると、前日からの準備について説明を受けます。前日の食事は、病院で用意された下記のようなレトルトの検査食を提供されます。朝昼晩はこの食事以外は摂取しないようにします。お腹が空いたときのクラッカーも入っていますよ。20時以降は食事が摂れません。お腹がすいたあという方は、早めに就寝して次の日の検査に備えましょう。下剤も用意されますので、病院の指示に従って飲みましょう。

検査食が提供されない病院もあるかもしれません。その時は、消化に良い食べ物や消化に悪い食べ物の指導をしていただけるでしょう。できる限り検査をスムーズに行うためには検査2~3日前から消化の良い食事を意識しておくと良いでしょう。

キューピー ジャネフ クリアスルー3食セット(大腸内視鏡専用検査食)

¥1,590(税込)

大腸内視鏡検査で正確な診断をおこなうには、腸の中をきれいにしておくことが大切です。「クリアスルー」は検査前日に召しあがっていただく消化に配慮した食事セットです。

当日検査までに準備することって?

当日の朝は、お茶等の飲み物や食事は禁止となります。水は飲んでも大丈夫です。普段飲んでいる薬がある人は、事前の説明のときに医師に相談して指示を仰いでおくと良いでしょう。

検査前には、大腸をきれいにしないといけないので、液体の下剤を約2リットルくらいを2時間ほどかけて飲みます。トイレに7~8回くらい行くようになります。ほとんど大腸の中が空っぽになる状態をつくるためです。最初は、ややしんどいですが、今は、1時間ほどで終わる下剤も病院によっては使っているようですよ。この下剤は自宅で完了してから病院に行くところもありますが、電車等で途中にトイレに行きたくなることもありますので、病院に相談して病院内で行っても良いでしょう。

3.検査の費用とかかる時間は?

検査にかかる費用は?

大腸内視鏡検査自体の費用は、保険3割負担で、約5000円ほどです。検査時にポリープが見つかった場合は、組織の一部を採取して病理検査を行います。病理検査は、約3500円~2万円くらいまで。個数や部位にも異なるようです。

また、ポリープを内視鏡で切除する場合は、8000円~3万円くらいです。日帰りの場合もありますし、入院を薦められる場合もあります。上記の他に、診察料・血液検査・使用する薬などの費用がかかります。おおよそ、2000円~4000円くらいです。

※余談ですが、生命保険や医療保険に入られている方、大腸ポリープを切除した場合、「内視鏡手術」として還付金がおりる場合があります。ご自分が入られている保険会社に事前に確認してみると良いでしょう。

どのくらい時間がかかるの?

検査自体は、20分~30分ほどで終わります。まず、検査前に病院から指定の検査着と検査用パンツに着替えます。ベッドに横たわり、鎮静剤を注射します。この鎮静剤は、例えば、「眠っている間に終わってほしい」と言う希望があれば、量を調整していただけます。事前に相談してみると良いでしょう。もちろん、自分の大腸を画面で見たいと言う方は鎮静なしでも受けられますよ。

検査時に、ポリープを発見した場合、その場で切除ということも可能です。その時は、ポリープ1個につき追加で、約3~5分程度かかるようです。鎮静剤を注射した場合は、終わってから少し休んでから帰宅になりますので、当日は1日何も予定を入れない方が良いでしょう。

ちなみに、検査が終わってからの食事は、1時間後からと言われます。当日の運転は禁止。お風呂もシャワー程度にします。あまり激しい運動はしないようにしましょう。ポリープを切除した場合は、一週間後までの食事や日々の過ごし方について指導がありますので、病院の指示に従いましょう。

40歳過ぎたら一度は検査してみよう

いかがでしたでしょうか。検査自体の時間は短いですが、事前準備や検査後の時間が必要になります。面倒だなあと思われるかもしれませんが、40歳過ぎてから大腸がんになる人が増えているようです。年に一度の健康診断は、とても大事ですね。健康診断も人生の仕事のうちと思って受診しましょう。自分だけではない。家族や周りの人のためでもあります。

特に、便秘や下痢を繰り返す、腹痛が激しい、急激に体重が減ってきたなどの症状がある方は、早めに受診することをおススメします。

らびっこ

この記事のアドバイザー

らびっこ

文化系女子/Webライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ