「はじめて」をわかりやすく。

高級扇風機で優雅な生活はじめませんか?いまどきの扇風機事情をお伝えします!

高級扇風機で優雅な生活はじめませんか?いまどきの扇風機事情をお伝えします!

昔ながらの扇風機もレトロで可愛いけれど、おしゃれで今風なデザインの高級扇風機も気になりますよね。最近では、ただ風を送るだけではなく羽根がないタイプや空気清浄機能が搭載されているタイプもたくさん出てきています。色々な高級扇風機をご紹介しますので、ぜひ参考になさってみて下さいね♪

おにぃ

この記事のアドバイザー

おにぃ

新米ママインスタグラマー


OPEN

目次

2. 高級扇風機の機能やデザインについて

種類は様々で、目的に合ったものを選ぶことができます。

こんな機能が備わっています

従来の扇風機と大きく違う点は、その豊富な機能面です。製品によって様々な機能が搭載されています。見た目が同じでも型番によって自分が欲しい機能が付いていなかったという場合もあるので、注意しましょう。

人感センサー
人の位置や動きをセンサーで感知し、感知範囲から人がいなくなると運転を停止し、再び感知すると自動的に運転を開始するなど、切り忘れを防止してくれて省エネになります。

サーキュレーター機能
エアコンと連動して使用することで効率がアップし、除湿器と合わせて使用することで部屋干しも可能となります。

OFFタイマー機能
就寝時に適した風が作り出せて、寝冷えせず心地よく眠りにつくことができます。また、就寝後しばらくしたら自動的にOFFしてくれる機能も備わっています。

大きく変化したデザイン

ダイソン 空気清浄機能付 タワーファン dyson Pure Cool Link|Amazon

¥45,980(税込)

他の空気清浄機とは違い、PM0.1レベルの微細な粒子を99.95%除去。高い密閉性をもつ360°グラスHEPAフィルターで花粉、バクテリア、ウイルス、PM2.5も除去します。活性炭を3倍に増やし、トリス緩衝液を浸透させた活性炭フィルターで、VOC(揮発性化合物)やニオイなども除去します。

高級扇風機は、機能面だけでなく見た目も従来の扇風機とは大きく変化しています。

ヘッドに羽根が付いていない
従来の扇風機では羽根付きが当たり前でしたが、高級扇風機には羽根が付いていない見た目の製品も多く出てます。ただし、ヘッドに羽根が付いていないというだけで、内部に羽根が組み込まれています。

羽根を回すことによって風を作り出すという原理は同じですが、高級扇風機では内部でその風の風量を大きく増幅させてから外へ送り出しています。

風量は大きいのですが、羽根から直接送り出される風とは違い、優しく安定した風であるのが特徴です。また、ヘッドに羽根が付いていないため、小さなお子さんが指を突っ込んでも安心です。

色々な形がある
高級扇風機には、実に様々な形が存在します。ヘッドがリングになっているタイプや、ボールのような球状のタイプもあります。例えば球状のタイプは、その形を生かして360度のスイングが可能であるなど、見た目がおしゃれなだけではなく、それぞれにその形の意味があります。

サイズが小さい
従来の扇風機にも卓上に置けるような小さいサイズのものもありましたが、あくまでその場にいる人だけに風を送るという効果しかありませんでした。ある程度の大きさがなければ部屋中に風を送ることができないため、大きめのものが多かったのです。

一方、高級扇風機は小さいサイズでもある程度離れたところまで風を送ることができるような機能が備わっており、コードレスタイプが主流なので、キッチンや洗面所など色々な場所に持ち運んで使うことができます。

デザインが特徴的な高級扇風機

パナソニック サーキュレーター 創風機Q クリスタルレッド F-BL25Z-R | Amazon

¥38,700(税込)

サーキュレーター:ジェット気流 & 羽なしパワフルで均一な風を生み、部屋の空気をすばやく循環。扇風機:1/fゆらぎ自然な風で、長時間当たっても疲れにくい。コンパクト & Qフォルム年中使用 & 自由な設置性。

34 件
おにぃ

この記事のアドバイザー

おにぃ

新米ママインスタグラマー




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ