「はじめて」をわかりやすく。

はじめてのオーダーメイド枕!良質な睡眠をとるために枕を変えよう!

はじめてのオーダーメイド枕!良質な睡眠をとるために枕を変えよう!

不眠や睡眠時無呼吸症候群など、睡眠に関わる悩みは尽きないものです。自分に合った枕を使うことで、これまでよりも睡眠の質を上げることができます。また、様々な素材が使われており、高さや固さにも違いがあります。はじめてのオーダーメイド枕を使ってすっきり目覚めましょう。

おにぃ

この記事のアドバイザー

おにぃ

新米ママインスタグラマー


OPEN

目次

2.枕をオーダーしてみましょう

自分に合う枕を見つけよう

オーダーメイド枕は、こんなお店で注文できる

・山田朱織枕研究所
こちらはオーダーメイド枕メーカーや枕専門店ではなく、脊椎に関する研究をしている医師が代表をつとめる枕の研究所です。

直営計測所および全国の提携病院で、数ヶ月間に及ぶ研修を受けた「枕診断士」が計測を行い、ジャストフィットする「整形外科枕」を作成してくれます。

この際、頭型・肩幅をチェックし、計測台の上で、上向き、横向き、寝返りをしながら、枕の硬さ・高さなど適合させます。また、枕は当日受け取ることができます。

計測しに行く時間がない人は自動計測機を使って自分で計測し、オンラインで購入することも可能です。普通の枕の他、首枕や腰枕なども豊富に取り扱っています。

・じぶんまくら
立っている姿勢の状態でコンピューター診断システム「フィッテングスリーパー」で頭・首・背中・腰・お尻の測定や体重の測定をし、その結果がじぶんまくらの作成に反映されます。

枕内部に14つに分かれたポケットがあり、それぞれの高さを調整して頭と首の微妙な形や高さの差を埋め、仰向き寝・横向き寝などどんな姿勢でも頭を包み込み、自然な寝返りを生み出します。

綿や蕎麦殻、パイプなど、8種類の中から自分の好きな素材を選ぶことができます。メンテナンスは枕の寿命がくるまではいつまでも無料です。

枕の専門店は迷うほどあります

・ピロースタンド
店舗数が多く、気軽に行ける枕専門店です。

レギュラータイプは比較的リーズナブルな価格設定になっており、枕の高さの測定から完成までの目安時間は約45~60分なので、手早くオーダーメイド枕を作りたいという方に向いています。

好みの素材を選び、「眠りのソムリエ」によってクイック測定、まくらに素材をつめてもらい、フィッティングと調整がおわると枕が完成するという流れです。

その他、「完全オーダーメイド枕」もあり、こちらはより調整箇所が増え、東京西川の良質な素材が使われているワンランク上のオーダーメイド枕です。価格もレギュラータイプより数倍高くなります。

・まくら先生
頭のラインを特殊な計測器を使って、背後から計測してもらいます。

睡眠に関して困っている症状などを話し、丁寧にカウンセリングしてもらいます。カウンセリングで訴えた症状や好みから素材をチョイス、その寝心地を体感します。

仰向け横向きなど微調整をしながら、ぴったりな高さに合わせていき、選んだ素材で計測した高さの枕を作ります。

枕ができあがるまでは最短45分~長くて60分ほどです。最後にできあがった枕のフィット感を確認し、ぴったりであれば完成です。出張にも対応してくれます。

ネットでも購入できるオーダーメイド枕

ネットから注文できるお店をご紹介

お店まで直接オーダーをしに行く時間がないときに便利なのがネット通販です。

完全にオーダーメイドというわけではないけれど、自分自身で調整が可能なため、自分好みの使用感を追及できるという利点があります。

・RAKUNA
整体師が自分のために作った整体枕です。

首の後ろに隙間がないタイプで、首のS字カーブにアプローチし、寝ながらストレートネックをケアします。

調整パッドが本体カバーに内臓でき、好みや体格に合わせてロータイプとハイタイプの2段階の高さで使用ができます。

・トゥルースリーパー
通常の枕とは形状がかなり異なっており、頭から背中全体までなだらかな曲線ですっぽりと支えるタイプです。

通常の枕では首に隙間があき、頭と首に負担が集中しますが、トゥルースリーパーは首に隙間がなく上半身全体で体圧を分散するため、首などへの負担がかかりにくくなっています。

高さ調整シートを使って自分の体形や好みの高さに調整することが可能です。

71 件
おにぃ

この記事のアドバイザー

おにぃ

新米ママインスタグラマー




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ