「はじめて」をわかりやすく。

初めてのマウス選びは何を基準に決める?初心者にのマウスはコレ!

初めてのマウス選びは何を基準に決める?初心者にのマウスはコレ!

タブレットが主流となりつつある昨今ですが、まだまだパソコンを使わないとできない仕事や作業もあります。そこで欠かせないのがマウス。マウスにも色々な種類がありますが、使いやすいのはどれでしょうか? 今回は初めてマウスを購入する方へ、マウスの種類やオススメのマウスをについて解説します。

えりりこ63

この記事のアドバイザー

えりりこ63

元日本語教員で2児の母


OPEN

目次

3. 無線マウスのメリットとデメリット

無線マウス

続いては無線マウスです。無線マウスはマウス本体に電池を入れ、パソコンと無線の信号で繋いで使用します。そのメリットやデメリット、オススメの無線マウスを見ていきましょう。

無線マウスのメリット

無線マウスはケーブルがないので、パソコン周辺をキレイにすることができます。ケーブルが絡まったり、ホコリを被ったりする心配がなく、清潔感を重視する人にはピッタリです。また、無線なので信号が届く範囲であれば、遠くからでも操作が可能。最大で10m離れたところから操作できるマウスもあるので、仕事や作業上遠くからの使用が必要だという人には非常に便利だと思います。

無線マウスのデメリット

無線マウスの1番のデメリットは動作の不安定さです。無線マウスの動作は有線マウスには敵いません。動作が固まってしまうこともしばしばあります。筆者も以前は無線マウスを使用していましたが、電池切れでもないのに動作が止まってしまったり、Bluetoothがうまく接続せず、何度も切断・接続を繰り返してようやく使用できるようになった、ということもありました。

また、無線マウスは前述の通りマウス本体に電池やバッテリーを入れて使用するので、有線マウスよりも重いです。電池は切れたら交換しなければなりませんし、バッテリーは定期的に充電が必要なので、その分手間がかかってしまうのも、無線マウスのデメリットだといえます。

オススメしたい無線マウス

安価でも充分使用できる有線マウスとは異なり、無線マウスはある程度値の張るものの方が使いやすいようです。USBやBluetooth、電池やバッテリーと、選択肢も豊富なので、自分に合ったものを選ぶようにしてください。

こちらはUSB接続式の無線マウスです。3ボタンのシンプルデザインで、単3電池で動きます。使用者の評価も非常に高く、その性能の良さがわかります。価格は有線マウスを比較すると高いですが、その分無線の中でも動作が良く、デザインもシンプルなので様々なシーンで使えるのではないでしょうか。

Logitech m170 2.4 GHz ワイヤレス マウス USBレシーバー(ブラック) | Amazon

¥4,421(税込)

USBアダプターはマウスのバッテリーコンパートメントの内側にあります。 (単三電池が必要です)。ムーブメント検出:光学式、接続タイプ:ワイヤレス

こちらはマイクロソフトのBluetooth無線マウスです。単4電池2本で動きます。非常にシンプルなデザインで、手に馴染んで持ちやすい、使いやすいという声も多数。ボタンが少ない割に値段が…という評価もありましたが、さすが純正品だけあり動作の安定感や持った感じなど、全体的に快適に使用できる優れものです。

マイクロソフト Bluetooth マウス KTF-00007 | Amazon

¥3,609(税込)

軽量で携帯性に優れたモバイルマウス。BlueTrackテクノロジを搭載、メーカー保証 1年間保証付き、互換性:Windows 10、Windows 8.1、本体サイズ:107.20×60.30×25.80 mm、無線周波数:2.40GHz 周波数帯

自分に合ったマウスで快適なパソコン作業を

パソコンを使用するうえで欠かせない存在とも言えるマウス。性能や動作、クリック音、デザインなど重視する点はそれぞれ異なります。

有線、無線共にメリットがたくさんのマウス。ぜひ自分に合ったマウスを選び、仕事やゲーム、ネットサーフィンなどをより快適に行えるようにしてみてください。

エレコム マウスパッド リストレスト一体型 疲労低減 "COMFY" ソフト(ブラック) MP-095BK | エレコム | Amazon

¥552(税込)

エレコム 疲労軽減リストレスト一体型マウスパッド "COMFY" ソフト(ブラック) MP-095BK
材質:表面生地、リストレスト部:ポリウレタン / ベース:エラストマー
本体重量:278g

1 2 3
Next >
39 件
えりりこ63

この記事のアドバイザー

えりりこ63

元日本語教員で2児の母




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ