「はじめて」をわかりやすく。

待望の4K放送開始!はじめての4Kテレビの選び方

待望の4K放送開始!はじめての4Kテレビの選び方

4Kテレビが発売されてからもうしばらくたちますが、いよいよ4K放送も開始され、4Kテレビ商戦も盛り上がり、価格も下がってきました。ここでははじめて4Kテレビを買いたいという方に向けて、選び方のコツなどをお知らせします!

ソルティライチ

この記事のアドバイザー

ソルティライチ

副業で稼ぐ銀行マン


OPEN

目次

1.『4Kテレビ』とは、どんなテレビ?

4Kテレビってそもそも何?

4Kテレビとは横と縦の画素数がだいたい4000×2000のテレビのことです。4000は4Kと表され、2000は2K。Kはキロのことで、1000を表します。ですので本当は4K2Kテレビと呼ばれるべきなのですが、略されて4Kテレビと言われています。ちなみに海外ではUltra HD(High Definition「高解像度」)と呼ばれることが多いです。また一般にフルハイビジョンと呼ばれるフルHDはだいたい画素数が横2000縦1000で、2Kとも呼ばれます。つまり同じサイズなら4Kはフルハイビジョンの4倍高精細ということになります。

ただし現在の地上デジタル放送の解像度は2Kです(正確には1440×1080、ハイビジョンと呼ばれます)です。ですので地上デジタル放送は4Kテレビでは見れないかとういと、そうではありません。4Kテレビには「アップスケーリング機能」というものがついていて、2K放送でも4Kに変換してみることができます。もちろん2Kを4Kに引き伸ばしているので、4K放送ほどの高精細ではありませんが。次に4K放送について見ていきましょう。

4K・8K放送とは

2018年12月1日、BS/110°CSで4K・8K放送がスタートしました(通称:新4K・8K衛星放送)。実はそれ以前にもケーブルテレビやスカパーなどで4K放送が始められていたものの、NHKや民放各局が参加する放送は今回が初めてです。ちなみに110°CSとは東経110°のところにある通信衛星(Communication Satellite:略してCS)で、従来のBS(放送衛星:Broadcasting Satellite)と同じ東経110°にあるため、一本のパラボラアンテナで受信することが可能です。東経110°以外の場所にある通信衛星もあるため、このように区別されています。注意していただきたいのが、8K放送を受信するには対応しているパラボラアンテナが必要になることです。

この4K・8K放送を見るためには4Kテレビ(8K放送は8Kテレビ)が必要ですが、その他にも後で詳しく書くチューナーが必要になります。最近販売されている4Kテレビにはだいたいチューナーが内蔵されているものが多いので、チューナーを既に持っている人以外はチューナー内蔵型を買うことをおすすめします。

また現在の4K・8K放送は紀行番組など、4K・8Kの映像美を楽しめるような番組構成になっているので、好みではない人もいるかも知れません。この辺は事前に知っておく必要があります。

2.『4Kテレビ』の選び方はどうすればいい?

4Kテレビのメーカーやサイズはどれがいいか

次に買うべきメーカーやサイズについて書きます。国内のメーカーであれば、どれも同程度の性能なので問題ないのですが、一部海外製の格安の4Kテレビの中には、性能的に劣るものがあります。やはり値は張りますが、国内メーカーの4Kテレビを購入することをおすすします。ソニーのブラビアや東芝のレグザ、パナソニックのビエラ、シャープのアクオスといったブランドがあります。

サイズはやはり大きいに越したことはありません。ハイビジョンテレビだと大きすぎると近づいてみると粗が目立ちますが、4Kテレビだと大きくても粗が目立つことはありません。もちろんサイズが大きくなるとその分価格も高くなるので、そこは予算次第になりますが、43インチくらいだと大体10万円以下で買うことができます。

シャープ 45V型 液晶 テレビ AQUOS 4T-C45AL1 4K 新4K衛星放送チューナー内蔵 HDR対応|Amazon

¥79,031(税込)

新4K衛星放送チューナーを2基搭載、豊富な高画質4K放送が楽しめる事に加え、外付けHDD裏録にも対応
新4K衛星放送、ネットコンテンツ、地上波放送も質感豊かに表現する新開発「AQUOS 4K Smart Engine PRO」搭載

チューナー内蔵型4Kテレビ

4K・8K放送の受信のためにはチューナーが必要になります。このチューナーを内蔵しているのがチューナー内蔵型4Kテレビです。最近の4Kテレビはどれもチューナーが内蔵されているので、特に気にする必要はないのですが、一昔前の4Kテレビはチューナーが内蔵されていませんでした。もしチューナーが内蔵されていない4Kテレビをお持ちの場合は、別途チューナーを取り付ける必要があります。

ちなみに最近販売されている4Kチューナーは録画機能も備えていることが多く、レコーダー代わりになります。ただしブルーレイディスクに録画することはできないので、ブルーレイに録画したい場合は別途4Kに対応したブルーレイレコーダーが必要です。また、チューナー内蔵型4Kテレビの場合でも、USBなどでHDDをつければ録画できるものもあります。こちらの場合もやはりブルーレイに録画したい場合、別途ブルーレイレコーダーを付ける必要があります。

チューナーは1つあれば十分というものでもありません。なぜならチューナーが一つの場合、一度に見られるのは1番組だけで、裏番組を録画したりすることができないからです。だいたい最近の4Kテレビはチューナーを2~3個搭載しており、テレビを見ながら裏番組を1~2番組同時に録画することができるようになっています。また前述の通りレコーダーにもチューナーが内蔵されていることが多いので、そのへんの心配はありません。

3.『4Kテレビ』についてもっと詳しく知りたい方へ

有機ELディスプレイとは

有機ELディスプレイとは液晶画面をバックライトで照らして発光させる液晶ディスプレイや、放電させて発光させるプラズマテレビと違い、画面そのものが発光するため、液晶テレビに必要なバックライトやプラズマテレビに必要な放電スペースが不要です。そのおかげで液晶ディスプレイの約10分の1の薄さを実現しました。

この技術、新しいようでいて実は昔のテレビのブラウン管の技術を応用したものらしいです。有機ELの4Kテレビはまだまだ主流ではなく、価格も通常の4Kテレビと比較すると高価なので、より技術が進歩して価格が下落するのを待つほうが良いと思います。

パナソニック 55V型 有機EL 4K テレビ ビエラ TH-55FZ950|Amazon

¥184,000(税込)

明暗の階調・色彩を忠実に再現する「ヘキサクロマドライブ プラス」
暗部での滑らかな階調に加え、明部でも階調再現性をアップ。暗部での色補正ポイントを当社従来モデル(EZ1000シリーズ)比約1.6倍に増強。明部には最適化した3D-LUTを追加し、暗部から明部まで色忠実再現を可能にした。

HDRなど、重要な機能

4Kテレビは画面が暗いという話をよく聞きます。これはおそらくHDR(High Dynamic Range)機能が搭載されていない4Kテレビに当てはまる話です。HDR機能とは、平たく言えば明暗の区別をはっきりさせることができる機能です。これがないと暗い場面ではただ画面全体が暗くなってしまい、明るい部分との区別があまりつかなくなってしまいます。4Kテレビを買うときにはHDR機能がついているものを買うことをおすすめします。ただ最近販売されている4KテレビにはほぼHDR機能がついているので、あまり気にする必要はないかもしれません。

次に重要な機能は倍速駆動(倍速再生とも呼ばれます)機能です。これは動きのあるシーンでの残像の発生を防ぎ、いわばパラパラ漫画でいうコマ数を増やす機能にあたります。ハイビジョンを見ていて、動きのあるシーンでの残像が気になっていた人には特におすすめです。この倍速駆動機能はすべての4Kテレビに搭載されているわけではなく、搭載されているものは限られるため、スポーツやアニメ、また4Kテレビでゲームをしたい人など、動きのある映像を楽しみたい人はこの機能が搭載されている4Kテレビを買いましょう。

最後に、インターネットに接続できるかどうかも重要です。NetflixやYoutubeといったコンテンツを見たり、ビデオ・オン・デマンドの番組を見たりするためにはインターネット接続が欠かせません。ただこれについても、最近発売された4Kテレビには無線LANが内蔵されているものが多いので、特に気にする必要はないかもしれません。

8Kテレビとは

8Kテレビとは解像度がおよそ横8K縦4Kあるテレビのことで、4Kの次の世代のテレビです。4Kテレビの4倍、フルハイビジョンの16倍の画素数を誇ります。既にシャープからのみですが販売もされており、8K放送も開始されていますが、価格はまだまだ値が張ります。

海外ではソニーからも既に8Kテレビが発売されていますが、日本での発売については未定です。また、8Kともなると非常に大きな画面で見ないとその綺麗さが意味を成さないため、置くスペースを確保できる方も限られるかもしれません。

8K放送も4K放送と同時に開始されているため、4Kではなく8Kテレビの購入を検討されている方もいるかも知れませんが、8K放送の受信のためには8K対応のチューナーも必要ですし、これから8Kテレビの値段も技術の進歩とともに下落してくることが考えられるので、まずは4Kテレビを買い、寿命が来た頃に8Kに乗り換えるといいでしょう。

シャープ 60V型 液晶 テレビ AQUOS 8T-C60AX1 8K チューナー内蔵 N-Blackパネル 8K倍速液晶|Amazon

¥360,127(税込)

世界初8Kチューナー搭載と新エンジン「AQUOS 8K Smart Engine PRO」搭載により地上デジタル放送から新8K衛星放送まで高画質に楽しめる
約3,300万画素、秒間120枚の圧倒的な情報量「8K倍速液晶」

超高画質な4Kテレビを楽しもう!

基本的には国内メーカーのもので、チューナー内蔵型、HDR、倍速駆動機能がついているものを買っておけば間違いありません。ただやはり予算の制約があるという方は、ハイセンスという中国のメーカーの4Kテレビを買っても良いかもしれません。国内メーカーには劣るかもしれませんが、確かな技術力を持ち、かつ低価格な4Kテレビを販売しています。

8Kテレビもありますが、肉眼ではよほど近づかない限り4Kとの違いはわからないとも言われています。4K放送も始まり、価格も10万円前後と下落してきた今こそ、4Kテレビの買いどきかもしれません。これからはおそらく4Kがより普及し、4Kが当たり前になる時代が来るでしょう。

BSの4K放送は現在では風景映像や旅番組などの4Kの映像美を楽しめるような番組構成になっていますが、いつの日か地上波で4K放送がなされる日も来るかもしれません。また、4K放送の番組構成では楽しめないとうい人も、4Kテレビのアップスケーリング機能によってハイビジョン映像も4Kで楽しめるので、地上波しか見ない人にも4Kテレビはおすすめです。

価格が下がった今こそ、4Kテレビを買ってみてはいかがでしょうか。

ソルティライチ

この記事のアドバイザー

ソルティライチ

副業で稼ぐ銀行マン




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ