「はじめて」をわかりやすく。

赤ちゃんの快適な居場所のために!初めて買うベビーベッドについて

赤ちゃんの快適な居場所のために!初めて買うベビーベッドについて

産まれたばかりの赤ちゃんはほとんどの時間を布団の上で過ごし、授乳やおむつ替えなどを一日に何度もしてもらいます。そのお世話の中心となるのがベビーベッドです。初めてベビーベッドを買おうかと迷っている新米パパとママのために、ベビーベッドの種類や利点、そして選び方についてご紹介します。

白石佳子/ベビーグッズコンシェルジュ

この記事のアドバイザー

白石佳子/ベビーグッズコンシェルジュ

小学校教師を経て、大手ベビー用品メーカーで商品企画担当、その後ベビー用品のカタログ誌のバイヤー職など、トータル約20年ベビー業界で勤務しました。現在は、誤った商品知識や知識不足のために生じてしまう赤ちゃんの事故を減らし、不安を抱えながら孤立した環境で育児をしているママ達をサポートするため活動しています。


OPEN

目次

1.ベビーベッドは必要?

ベビーベッドを使う最大の理由は、衛生的で安全な居場所が確保できるということです。ペットを飼っているご家庭や、ハウスダストなどによるアレルギーが心配な場合は必要ですね。けれども、パパやママが布団で寝ているご家庭では、かえって使いにくいと感じることもあるので、生活スタイルに応じて考えましょう。ハイハイができるようになって目が離せなくなる頃には、今度はお家の中の避難場所として活用するようになります。

ベッド派のパパとママに!

現在ベッドで寝ているので、赤ちゃんも同じ寝室に寝かせたいと考えているパパとママがいらっしゃると思います。その場合、大人のベッドに寝かせてしまうと寝返りして落ちてしまったり、赤ちゃんの上に寝相の悪いパパが乗ってしまうことも考えられます。

なのでベッド派のパパとママには、添い寝タイプのベビーベッドをおすすめします。添い寝タイプは高さが細かく調節できるので、大人のベッドと同じ高さにピッタリ添わせることができます。夜中に赤ちゃんが泣いても起き上がらずにすぐ様子を見られますし、授乳も楽にできます。さらに、キャスター付きなら日中の間はママが居るリビングに移動させることもできます。

ベビーベッドはお世話の中心!

赤ちゃんは1日のほとんどを寝て過ごします。けれども、常に眠っているわけではなく1日に10~15回くらい授乳やおむつ交換、そして寝かしつけが必要になります。赤ちゃんを抱きあげるときや降ろすとき、そしておむつを交換するとき、布団よりもベビーベッドを利用した方がパパやママの身体への負担が少なくなります。

特におむつ交換は中腰の状態で行うため腰が痛くなりやすいので、床板の高さが高めに調節できる、ハイタイプのベビーベッドがおすすめです。床板の下に収納スペースがあるベビーベッドは、お世話で必要なおむつやケア用品、着替えなどが収納できるので、赤ちゃんのお世話の中心となりますね。

ベビーベッドはいつまで使える?

ベビーベッドの使用期限は一般的なレギュラーサイズの場合、2歳(24カ月)までです。けれども実際は、赤ちゃんが寝返りのたびに柵に頭をぶつけるようになった、とか、スペースが狭くて窮屈そうに感じたので使わなくなったというケースが多いようです。また、ママが横になりながら授乳する「添い乳」をしてそのまま一緒に眠るようになったため、使わなくなったというママもいます。

使用期限内であっても、赤ちゃんの様子を観察して、快適に眠れなくなったと感じた時に卒業するのがよいと思います。たとえ寝る時は使わなくなったとしても、ハイハイが始まって赤ちゃんから目が離せなくなった時期に、安全に遊ぶスペースとして活用できます。

< Back
1 2 3 4
38 件
白石佳子/ベビーグッズコンシェルジュ

この記事のアドバイザー

白石佳子/ベビーグッズコンシェルジュ

小学校教師を経て、大手ベビー用品メーカーで商品企画担当、その後ベビー用品のカタログ誌のバイヤー職など、トータル約20年ベビー業界で勤務しました。現在は、誤った商品知識や知識不足のために生じてしまう赤ちゃんの事故を減らし、不安を抱えながら孤立した環境で育児をしているママ達をサポートするため活動しています。




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ