「はじめて」をわかりやすく。

これで掃除が好きになる!ロボット掃除機を使い始めるべき理由

これで掃除が好きになる!ロボット掃除機を使い始めるべき理由

留守の間や家事で忙しい時に、自動で床を掃除してくれるロボット掃除機。スイッチ一つで気づけば床が綺麗になっている優れものですが、お値段もそれなりにしますよね。便利そうだけど実際どうなの?という方に、今回はロボット掃除機を初めて買う人向けに、買うべき理由をご紹介します。

コダケン

この記事のアドバイザー

コダケン

プロレス好きカルトライター


CLOSE

目次

1.ロボット掃除機を買うべき理由とは?

さっそく、はじめてロボット掃除機を検討するあなたに、ロボット掃除機を買うべき理由をポイントごとに分けて説明していきます!

・手間が省けて自由時間が増える
ロボット掃除機を買うと、掃除の手間が省けて、その分自分の自由な時間が増えます。ロボット掃除機はボタン一つで操作可能になっています。そのため、重たい掃除機を引きずりながら、腕を前後に動かして部屋中を歩き回るという手間がなくなります。掃除機をかけるって、意外と疲れる運動ですが、ロボット掃除機ならボタンを押してほったらかしておくだけで、床を綺麗に掃除してくれます。

リビングでゆったりしながら寝室を掃除、洗濯物を干している間にリビングを掃除、ということが可能です。床掃除をまるごとロボット掃除機に任せることができるので、その分自分の自由な時間が増えて、より有意義な生活ができるようになります。掃除機をかける手間と時間が無くなり、その分自由な時間が増えるのは、ロボット掃除機を買うべき最大のポイントと言えるでしょう。

・遠隔操作で留守の間にも掃除ができる
最近のロボット掃除機は、スマホから遠隔操作が可能で、留守の間にも床掃除をすることができる機種もあります。スマホで専用のアプリをダウンロードし、自宅のルンバと設定をおこなえば、外出中にボタン一つで掃除するよう指示できます。掃除が完了すると、スマホに通知がくるようにもなっていて、いつでもどこでも部屋の掃除を管理することができます。ショッピングに出掛けている間にリビングや寝室を掃除させておくことができ、家に帰ると何もしていないのに部屋が綺麗になっているのは、何だかとても得した気分になりますね。

・お手入れ、ゴミ捨ても簡単!
ロボット掃除機は、集めたゴミを捨てる方法や、お手入れの方法も簡単になっています。集めたゴミは、溜まっているボックスをロボット掃除機本体から外して、そのままゴミ箱に移すだけでOK。汚いゴミを触ることなく、ワンタッチで捨てることができます。また、お手入れする際は、各部品が簡単に取り外し可能で、それぞれを綺麗にしてまたワンタッチではめ込めば完了。はじめてでも短時間で簡単にお手入れができます。

2. ロボット掃除機を買う前に!

こんなに便利なロボット掃除機ですが、ロボット掃除機を使うのに向いていない家の特徴もあります。はじめてロボット掃除機を買って、失敗したくないですね。どんな家がロボット掃除機に向いていないのか、詳しく見ていきましょう。

ロボット掃除機が不得意な家の特徴

・床に物が多い家

まず、床に物が多く置いてある家は、ロボット掃除機を使うのに向いていません。なぜなら、ロボット掃除機には床の物をどかして掃除するという機能がないからです。床に物が多いと、ロボット掃除機を使う際にその物たちを一つ一つどかしていく必要があります。

棚やソファなど大きな家具は動かさなくてもOKですが、細々した置物はどかさなくてはいけません。小さな置物だと、ロボット掃除機は掃除する際に倒してしまいます。観葉植物を置いたままロボット掃除機を使って、観葉植物が倒れ、床が土だらけになってしまった悲惨なケースもあります…。物が多いと、その分ロボット掃除機をかけるために物をどかすという手間が発生するので、床に物が多い家はあまりロボット掃除機に向いているとは言えません。

物が多いとロボット掃除機が困ります。

・段差が多い家

段差が多い家も、あまりロボット掃除機には向いていません。ロボット掃除機は平面の掃除は得意ですが、段差を乗り越える機能はありません。一センチ以内のちょっとした段差なら越えられますが、それ以上はなかなか難しいです。部屋と部屋の間に段差があると、二部屋一気に掃除することができず、一部屋終わってルンバを移動させ、また一部屋掃除させるということになります。

もちろん階段も掃除できません。段差の少ないバリアフリーな家よりは、段差の多い家の方が不得意になってしまいます。

和室との段差は苦手です。

シンプルな家はロボット掃除機に最適!

床に物が多い家や段差の多い家には、なかなか使い勝手が悪い部分も出てきてしまうロボット掃除機。しかしながら、床に家具意外の物が少なく、段差のないシンプルな家には、ロボット掃除機ははじめてでも最適な家電です!メリットを感じることが多いと思うのでぜひ使ってみてください。

ちなみに、ソファやベッド、テレビ台などが、床との間にロボット掃除機分の隙間があるタイプだと、それらの家具の下もロボット掃除機が掃除してくれます。

ソファの下も隙間があれば、お掃除します。

3.ゴミ集めから拭き掃除まで!初心者におすすめのロボット掃除機と機能

・しっかり吸い込むパワフル系!
床のホコリや髪の毛を余すことなく掃除してほしい人には、吸引力を重視したパワフル系のロボット掃除機がおすすめです!特にペットを飼っている家にはパワフル系がいいでしょう。フローリングはもちろんのこと、カーペットも掃除してくれるので、カーペットの中まで入り込んだゴミも綺麗に掃除してくれます。吸い取ったゴミの量に驚くことでしょう。

ダイソン ロボット掃除機(ニッケル/ブルー)dyson 360 heurist RB02BN | Amazon

¥107,200(税込)

搭載サイクロンテクノロジー:ラジアルルートサイクロン
ダストBOX容量:0.33L
自動充電:○
リモコン:×
サイドブラシ:×

・水拭き掃除もできる2WAY系!
ロボット掃除機の中には、床のゴミの吸い取りだけでなく、水拭き掃除ができるタイプもあります!ロボット掃除機本体にあるタンクに水を入れ、モップを装着するという仕組みが一般的です。フローリングの多い家には最適なタイプと言えます。なかなか水拭き掃除まではやる気になれない方も多いのではないでしょうか?ゴミの吸い取りから水拭き掃除まで、全て2WAY系ロボット掃除機に任せてしまいましょう!

エコバックス ECOVACS DEEBOT OZMO 615 床拭きロボット掃除機 | Amazon

¥29,480(税込)

【OZMOモップシステム(水量調整可能)】独特の技術で水拭きと吸引掃除を同時に出来ます。更に、水量の制御や本体の起動と停止に合わせてモップシステムを自動で開閉出来ます。

・ゴミ集めまで自動の進化系!
最近では、ロボット掃除機が吸い取ったゴミの収集まで自動でやってくれる進化系もあります!例えば、ロボット掃除機がリビングを掃除した分を、専用のゴミ集めステーションまで移動し吸い取らせ、次は寝室の掃除へ向かう、などという使い方が可能です。本体のゴミがいっぱいになったので一旦停止、という制限がなくなり、ゴミ捨ての回数も格段に減り、さらに手間が省けるようになります!

ルンバ i7+ アイロボット ロボット掃除機 自動ゴミ収集 | Amazon

¥133,629(税込)

クリーンベース(自動ゴミ収集機)対応で、さらに便利になったルンバ。掃除が完了するとルンバ本体のダスト容器のゴミを、クリーンベース内の密封型紙パックに自動で排出。
集めたゴミはそのまま捨てられるので、ホコリが舞い散ることがありません。

この他にも、部屋の構造を学習してくれる機能、ロボット掃除機を近寄らせたくない場所を設定できる機能など、本格的なロボットとしての機能をもったものも登場してきています。はじめてロボット掃除機を買う際には、自分の家に必要な機能を見極めて、最適なロボット掃除機を買いましょう。

はじめよう!スマートお掃除!

はじめての方に向けて、ロボット掃除機のメリットや機能について紹介しました。自分の家を思い浮かべながら、どんなロボット掃除機がいいか検討してみてください。日頃のお掃除をスマートにして、より自由で有意義な生活にしていきましょう!

コダケン

この記事のアドバイザー

コダケン

プロレス好きカルトライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ