「はじめて」をわかりやすく。

個人情報は自分で守る!シュレッダーで安心な生活をはじめよう!

個人情報は自分で守る!シュレッダーで安心な生活をはじめよう!

生活の中で手にする、郵便物などの紙媒体の書類。そのまま捨ててしまっていませんか?個人情報が記載されている場合には、リスクの高い行為です。それを避けるため、毎日の生活に欠かせないのがシュレッダー。一瞬で紙を裁断してくれるので、とてもラクで安心。今回は、シュレッダーを選ぶポイントやおすすめを紹介します。

Yamako

この記事のアドバイザー

Yamako

整理収納アドバイザー兼webライター 個人宅の片づけ&ライター業の二足のわらじ


OPEN

目次

1. シュレッダーについて知ろう

シュレッダーとは?

シュレッダーとは、あるものを細かく裁断する機械を指します。廃棄物や石などを対象にした産業分野のシュレッダーと、家庭で使用するシュレッダーに大きく分けることができます。今回は、主に個人情報の保護を目的に使用される、家庭用のシュレッダーについて紹介します。

シュレッダーって必要?

インターネットが広く普及した情報社会の中、個人情報保護の重要性は、今さら議論する余地もありません。しかし、はたして個人の家庭にシュレッダーまで必要なのでしょうか?

答えは、個人の状況によって異なりますが、基本的には「必要」といえます。なぜなら、社会の全てがデジタル化しない限り、個人情報が記載された書類(主に郵便物)は完全にはなくならないからです。そして、それらの書類をなんらかの方法で、個人情報が読み取ることができないように処理しなければならならず、そのために、シュレッダーはとても便利だからです。

もし、家庭に届く郵便物が少なく、個人情報保護用スタンプやハサミなどを使用して処理できる範囲内である場合は、シュレッダーまでは必要ないと言えるかもしれません。

シュレッダーの種類

・手動シュレッダー(ハンドシュレッダー)
手動シュレッダー(ハンドシュレッダー)とは、ハンドルを手で回して裁断する手動のシュレッダーです。メリットは「小さくて軽いので持ち運びができること」「音が小さいこと」「価格が安いこと」、デメリットは「1枚ずつしか処理できないため、時間と手間がかかること」です。処理する書類の枚数が少ない、夜遅い時間に作業したい、費用を安く抑えたい場合などにはおすすめです。

・電動シュレッダー
電動シュレッダーとは、電気の力を利用して自動で裁断するシュレッダーです。メリットは「一度に大量に処理できること」「処理速度が早いこと」、デメリットは「手動シュレッダーと比べると音がうるさいこと」「シュレッダー本体が重くて大きいこと」です。

筆者宅では、10年以上、電動シュレッダーを愛用しています。たまった郵便物を週末にまとめて処理するので、自動で早く大量に処理できる電動シュレッダーはとても便利で手放せません。忙しくて時間がない、処理する書類が大量にある場合には、電動シュレッダーをおすすめします。

< Back
1 2 3
39 件
Yamako

この記事のアドバイザー

Yamako

整理収納アドバイザー兼webライター 個人宅の片づけ&ライター業の二足のわらじ




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ