「はじめて」をわかりやすく。

子どもからシニアまでも楽しめるギターを今からはじめよう

子どもからシニアまでも楽しめるギターを今からはじめよう

子どもからお年寄りまで、経験や年齢にかかわらず様々な人が気軽にトライしやすいギター。ジャンルも幅広いため、独学でも始めやすいのが人気の秘密です。ここでは、そんなギターを大人になってから始めてみたい方のために、ギターの基礎知識から上達するためのコツまで、たっぷりとお伝えします。

みかんサンド

この記事のアドバイザー

みかんサンド

海外在住ブロガー


CLOSE

目次

1.ギターの種類とその魅力

「ギター」と一言で言っても、その種類は様々。ギターそのものの種類や、演奏する音楽のジャンルも多様です。楽器店などに行ってみても、数え切れないほどのギターが並んでいて、一体どれを選んだら良いのかわからない、というのが初心者共通の悩みではないでしょうか。

ここでは、ギターの種類や活躍するジャンル、そしてそれぞれの魅力など、ギターの基本の「き」についてご紹介していきます。

ギターの種類

まず重要なのが、エレキギターかアコースティックギター、どちらを選ぶかという点です。それぞれの特長をよく理解し、自分のやってみたい音楽ができるのはどちらなのかを見極めましょう。

エレキギターは、正式にはエレクトリックギターと言い、弦の振動を電気信号に変換して音を増幅することができる仕組みです。アンプと呼ばれる、ギター専用のスピーカーにつなぐことで大きな音が出ます。それ単体での音は小さいため、夜にひっそりと練習することも可能です。エフェクターという機材を使えば様々な音色に変化させることができ、バンドを組んでみたい、ギターソロを弾いてみたいという人におすすめの種類です。

一方、アコースティックギターは弾き語りをやってみたい人、歌の伴奏としてギターを弾きたい人に向いています。エレキギターより少しボディが大きく、穴の中の空洞に共鳴して音が出る仕組みです。機材がなくても演奏できるため、気軽に持ち運びができるのがメリットですが、エレキギターに比べて弦が太く張りも強いので、最初は弦を押さえるのに苦戦する人が多いようです。

また、アコースティックギターの中にも二種類あり、スチールのガット弦を張っているフォークギターと、フラメンコやボサノバで使用される、ナイロン弦を張ったクラシックギターです。音を電気信号に買えるパーツを取り付けた、エレアコというものもあります。

一般的には、エレキギターの方が弦の張りがゆるく、強く抑える必要がないため、コードを押さえるときに苦戦することが少ないと言われています。そのため、アコースティックギターに比べてエレキギターの方が初心者向きです。ただ、かと言って、初めての人がみんなエレキギターから始めるべきかと言うと、そうではありません。自分の出したい音、やってみたいジャンルやプレイスタイルを考えて、適切な方を選んでください。

SELDER エレキギター ストラトキャスタータイプ STH-20 初心者入門13点セット /HBK(9707003301) | Amazon

¥18,740(税込)

上級者の方も驚きのコストパフォーマンス!サクラ楽器で一番人気ST-16の上位機種“STH-20”が登場!ソフトケース付属で持ち運びも楽々♪必要な物は全て揃っているので、届いたその日から演奏が可能です!!

ギターで幅広いジャンルが演奏できる

ギターの魅力の一つは、どんなジャンルの音楽にもマッチし、幅広く使われている楽器であるという点です。ギターを始めたいと思ったきっかけには、憧れのミュージシャンやバンドがあり、「あんな風に弾いてみたい」と思ったから、という人が多いでしょう。

ポップスやロックならばエリック・クラプトン、エルビス・プレスリーに憧れた人も多いのではないでしょうか。最近ならテイラー・スウィフトの影響で、ギターを始める女性も増えています。ハードロックならばGuns N’Roses、最近ではONE OK ROCKなども若者を中心に人気ですよね。また、ヘビーメタルやブルース、ジャズ、フュージョンなどでも活躍します。

クラシックなら、日本では押尾コータローや村治佳織が有名ですね。その他、ボサノバ、フラメンコでもギターは必要不可欠な存在。また、種類は少し違いますが、ハワイアンのウクレレも有名です。

ギターの魅力とは

しばしば、「ギターは小さなオーケストラ」と言われます。ギターの弦は基本的に6本なので、理屈で考えると、同時に音が出せるのは最大6音ということになります。でも、演奏を聴くと、とても一人で弾いているとは思えないような世界が広がりませんか?メロディラインに加えて鍵盤楽器のような伴奏和音、ベースラインに、ギター本体をたたいて打楽器のようにするなど、一人で全てを操り、演奏することができます。まさに、一人でリサイタルが可能なのです。

また、奏法が多彩です。右手と左手の弾く場所や弾き方、指の当て方など、微妙なところで様々な音色や個性を出すことができます。もちろん、コントロールするにはそれなりの経験が必要ですが、この多彩な音色には誰もが魅了されます。

その他、持ち運びが簡単でいつでもどこでも弾けること、先述の通り、弾く曲のジャンルを選ばないこと、移調が比較的簡単にできることなどが挙げられます。

2.ギターを始めよう

さあ、早速ギターの練習を始めたいところですが、まずは楽器が必要ですよね。初めてでは、どうやって楽器を買ったら良いのか、そもそも購入する必要があるのか、いろいろ悩むところ。また、練習も一人でやる方法と、誰かに習う方法と様々あります。ここでは、ギターを始める方法について、基礎的なことをお話しします。

ギターは、買う?借りる?

本格的に、長期的に演奏、練習することを考えているなら、やはり購入するのがおすすめ。本体だけでの値段は、1万円以下からあります。「初めてだから、とりあえず安いものを」「せっかく買うなら、長く使える良いものを」と、考え方は人それぞれですね。最近はアンプ、ストラップ、チューナーやスタンドなどがセットになった入門セットなども多く出回っていますので、参考にしてみてください。

ネットなどでも購入できますが、できれば一度は楽器店に足を運び、自分の目で見て触ってみるのがおすすめ。経験者が身近にいるなら、一緒に行ってもらいましょう。同行してくれる人がいなくても、店員さんに「どんな音楽をやってみたいか」といった希望や予算などを伝えれば、丁寧におすすめを教えてくれます。

「借りる」には2通りの方法があります。まず、ギター教室に通う場合、初心者向けに、無料あるいは有料で楽器を貸し出ししているところがあります。手軽に利用できるのがメリットですが、自宅などへ持ち帰ることは原則できないため、自主練習ができないというデメリットがあります。

そしてもう一つは、レンタルサービスを利用するという方法です。最短一日からのレンタルが可能なところから、長期で利用するほどお得になるところ、なかなか自分では買えないレアな楽器を扱っているところなど、様々な業者があります。必要な機器も一緒に届きます。

非常に便利ですが、ネットを経由して申し込みをするところがほとんどであるため、実物は届くまで見ることができず、他人のアドバイスを受けにくいので、どの楽器にするかの選択が難しいかもしれません。ただ、借りてみて気に入らなかったら他のものと替えられる、のはレンタルならではでしょう。

ギターを独学で演奏するために

楽器が手元に届いたら、早速弾いてみたくなりますね。でも、自己流で弾くのは挫折の元。まずは基本の知識と弾き方を覚えていきましょう。

はじめに、以下の3つををマスターしましょう。
①コードを覚える(全部覚える必要はなし)
②TAB譜(ギター専用の譜面)を読めるようになる
③チューニングができるようになる


そこから、 以下の3つを出来るようになる事が一般的な練習の流れです。
④ドレミを弾けるようになる
⑤コードを弾けるようになる
⑥ストロークの練習


なお、「Fコード問題(コードを押さえることが難しいため、途中で辞めてしまう人が続出する)」は、「初心者の登竜門」とも言われています。コツは、力を入れて無理に押さえようとしないことです。

今はYouTubeなどの動画で初心者向けのレクチャーをたくさん観られますし、教則本もたくさん出ています。自分に合ったものを一つか二つ見つけ、まずは愚直に、そのとおりにやってみてください。独学の場合、むやみに自分で判断しないことが大切です。

上達への近道は、できるだけ毎日弾くこと、自分の音を録音して聴いてみること、誰かに聴いてもらうこと、基礎練習に飽きたら、好きな曲を弾いてみる、などです。ぜひ実践してみてくださいね。

【#1】初めてのギター選び!【ギター入門レッスン】

ギターのレッスンに通ってみよう

お金はかかりますが、確実に上達できるのは、やはりプロに習うことです。多くのギター教室・音楽教室は、まったくの初心者から入学できますし、ある程度独学でやってからレッスンを始める、ということも可能です。

レッスンスタイルは様々ありますが、初心者ならば手軽に始められて同じレベルの仲間とも出会える、グループレッスンがおすすめ。練習するリズムをつくるため、生活スタイル上難しい場合などを除いて、できるだけ同じ曜日や時間で、コンスタントにレッスンがあるものが良いでしょう。

地域などにもよりますが、大手音楽スクールのグループレッスンなら、月8,000円程度が相場です。

3.仲間と一緒に演奏してみよう

ギター仲間を見つけるには?

ある程度弾けるようになってくると、誰かと一緒に演奏してみたくなりますよね。特に、バンドに憧れて始めた人ならなおさら。でも、バンドメンバーや練習仲間って、どうやって見つけたら良いのでしょう?

レッスンに通っているなら、レッスン仲間に声をかけてみるのが一番簡単です。気心の知れた人とレッスン外でも一緒に練習することで、レッスンの時以上にお互いに励まし合い、上達することができます。大手音楽教室などでは、他のクラスや他の楽器を習っている人からの、仲間募集情報が入手できるかもしれません。専用の掲示板を設けているところもあるので、確認してみると良いでしょう。

独学でやっている人なら、SNSなどを利用するのが最も簡単。同じ場で練習したり、一緒にアンサンブルをすることができなくても、練習方法をアドバイスし合ったり、成果を報告し合えるアプリ(みんチャレなど)もあるので、効果的に利用してみましょう。

アンサンブル、バンドに挑戦

ギターはそれ一本でリサイタルが可能ですが、バンドで他の楽器や歌と合わせる他、二重奏、三重奏、四重奏とギター同士でのアンサンブルもとても美しい楽器です。楽器を始めたばかりの頃は、まだまだ自分の知識や技術の向上で手一杯かもしれません。

でも、いつかは誰かとこんな演奏をしてみたい、といったイメージや目標をぜひ持ってください。もちろん、一人で弾き語りをしたい、独奏をしたいというものでもOK。目標を持つことで、練習へのモチベーションも上がるでしょう。

ぜひ、親子や家族でギターを始めてみよう

ここでは、「大人」がギターを始める上での話をしてきましたが、子どもからシニアまで、幅広い世代が経験にかかわらず始められる、とても身近な楽器です。自分がやってみたい、と思ったら、ぜひ他の家族も誘ってみてはどうでしょうか。

また、子どもがやってみたいと言ったら、自分も一緒に始めてみる、そんなことも可能なのが、ギターという楽器の魅力。楽しむということを忘れずに、挑戦してみてください。

できる DVDとCDでゼロからはじめる エレキギター超入門 (はじめる前に観るDVD、模範演奏&スロー演奏CD付) (できるゼロからはじめるシリーズ) | Amazon

¥1,760(税込)

累計7,000万部の人気を誇る「できるシリーズ」のエレキギター教本が、よりわかりやすくなりました!
エレキギターを買ったばかりの人、買ったものの何をどう練習したらいいのかわからず煮詰まっている人は、とにかく本書を手にとってみてください。

みかんサンド

この記事のアドバイザー

みかんサンド

海外在住ブロガー




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ