「はじめて」をわかりやすく。

【はじめてのキャバクラ】大人たちの憩いの場、初めてのキャバクラに行く前に

【はじめてのキャバクラ】大人たちの憩いの場、初めてのキャバクラに行く前に

ほとんどの繁華街には必ずといっていいほど存在するキャバクラ…。でも初めての方はどこを選んでいいのか分からなくて不安になると思います。そこで、今回は初めてキャバクラに行こうと思っている人向けに費用、接し方、ルールなどを詳しく紹介したいと思います。

みやびん

この記事のアドバイザー

みやびん

ハード系アラサー男子


CLOSE

目次

1.はじめに、どこにキャバクラがあるか調べてみよう!

ほとんどの駅の周辺には、居酒屋などの飲み屋街があります。その中には必ずと言っていいほどキャバクラが存在しているのです。複数ある場合などはどこに行ったらいいのか分からなくなります。

そこで安易に選ぶと後悔する羽目になりますよ。それでは一体どんなキャバクラに行けばいいのか、参考がてらご紹介したいと思います。

地元にするのか、繁華街にするのか?

まず、一番に大事な事は自分がどのくらい所持金を持っているかということです。お酒が入ってしまうとどうしても気が大きくなってしまい、必要以上に支出してしまいがちになります。冷静なうちに考えておきましょう。次に考えなければならないのが、地元に帰ってからじっくり遊ぶのか、大きい都市の繁華街まで行ってあちこち選びながら遊ぶかです。これは非常に難しい問題ではあります。

地元のキャバクラですと、遅くまで遊んですぐに帰宅できるメリットがあります。お店自体は割とアットホームな店が多く、キャバクラというよりスナックに近い感じになります。但し、キャストの人数が少ないので、団体のお客様が多くいらっしゃっている場合、キャストがなかなか席に着いてくれない事があります。

では、繁華街ではどうかといいますと、店数が多いため、比較的どこでもすぐに入れますし、女の子も多く質も高いです。しかしその反面、システムがしっかりしていて融通が利かないお店が多いです。一番の問題と言えば、遊び慣れたお客様が多く、初心者にはなかなか敷居が高いということです。

女の子が多い方を選ぶか、居心地を良い方を選ぶかによって地元と繁華街どちらにするのかを決める際に判断材料にして下さい。

お店の雰囲気、営業時間、費用について

自分の懐事情も分かり、行く場所もだいたい決まりました。その次にやらなければいけないことは、行くお店に関する情報を知ることです。ほとんどのキャバクラではお店のHPを持っています。そこに営業時間、料金などが書かれており、店内の写真も載っているはずです。

ここで注意することは、そういった事がしっかり明記されたお店に行こうということです。因みに、目安としては50分~1時間当たりでセット料金5000円ぐらいが普通になります。もちろん、これよりも安い3000円くらいのところから高くて1万円くらいのところもあります。

しかし、あまり安いところはキャストの人数が少ない可能性が高いことが多く、また高いところは敷居が高い為に居心地が悪く感じることもありますので、最初は真ん中ぐらいの5000円のお店に行ってはどうでしょうか。

2.実際にお店に入ってみよう!

以前とは異なり、風営法によって規制が入ったため、かなりのお店ではあくどい営業はしていませんが、それでもボッタクリ店はなくなりません。キャバクラ初心者として注意しなければならないことは、過渡な客引きの声に耳を貸さないということです。

迷惑防止条例に基づき、道を通せんぼしたり腕を掴んだりとかの過渡な客引き行為は違法となります。ぜひここは気をつけてほしいと思います。

店員の接客、客層などについて

キャバクラのというより水商売を生業としている人は、どんなお客様を接客してもそのわがままに応対できなければいけません。かと言ってそのわがままを聞き続けてしまうと無法地帯になりかねません。そこで、その店の店員の手腕が問われるわけです。お客様に嫌な顔をさせずにそれでいて極端なわがままは許さない-そんな技術が必要とされます。

例えば、キャバクラの場合ですが、一元のお客様に女の子を着ける時にさりげなく好みを聞いたりしてきます。そして一元のお客様にもちゃんと対応できる女の子をチョイスして席に着かせてくれます。それから配置にしても、団体客とは遠い場所の席にしてくれて、まったりとした空間を提供してくれるのです。いいお店ですと、それがちゃんと反映されていますので、そこを見極めて下さい。

女の子の接客はどうか

女の子も店員同様、接客のプロです。どんなお客様にも対応できなければいけません。お店では接客の教育を徹底しているはずですが、それでもやる気のない女の子がいるかもしれません。問題なのは、その状況を店が放置しているかどうかにかかってきます。女の子はそのお店の鏡となるわけです。

もしそれが出来ていないようでしたら、そのままお店を出て構わないと思います。そのまま居続けても費用がかさむだけです。ただし、料金を値切ったり大声を出して騒いだりしませんように…。

日本一売り上げるキャバ嬢の 指名され続ける力

¥1,430(税込)

あらゆる仕事に通じる成果を上げ続けられる人のナンバーワン思考!接客術、会話術、心の切り替え術。話題のエンリケの秘密を初公開!

3.さあ、楽しいひとときを!!

料金形態についてですが、時間と飲み物がセットになるものをセット料金と言います。女の子を指名しないフリーの場合、50分なら女の子が交代で2人ついてくれて、セット料金+15%の税金がかかります。だいたいどこのお店でもこういった形態で営業されています。

これを知った上で更なる難関が…。

これをしたら嫌われる…

これはお店にいる女の子だけではありませんが、度を越した絡み酒は誰でも嫌なものです。店の女の子は仕事ですから、ちゃんと対応してくれますが、愚痴ならばまだしも酔っ払って暴れだしたりしたら迷惑きわまりないでしょう。それと女の子の身体をやたらに触りまくらないようにしましょう。ここはお酒を飲んで楽しく会話する場所であって、そういう場所ではないからです。

他のことでいいますと、知ったかぶり、遊び慣れた風にしないということです。初心者にありがちなことなのですが、自分を大きくみせようとして虚勢を張らないようにした方がいいでしょう。女の子には偉そうに受け取られますし、何よりそういった姿は簡単に見破られてしまうのです。素直に初心者である事を告げた方が女の子からのウケもよいです。

ルールも守って楽しい時間を過ごしましょう

お店にも恵まれ、店員や女の子にも楽しいひとときを過ごされている方にまずはおめでとうございますと言いたいです。それほど自分に合ったお店を見つけることは難しいのです。後は自分のお財布と相談し、お酒に飲まれてヘマをしないように大いに楽しんで下さい。

女の子にNGな事を書きましたが、逆に喜ばれるれることがあります。それは、女の子のドリンクを注文してあげることです。なぜなら、それによって女の子にはドリンクバックという手当がつくからです。1杯でいいので「一緒に乾杯したいから」と言って注文してあげると、いままでやる気がなかった女の子が急に愛想良くなってくれるかもしれませんよ!

初めてキャバクラに行ってみて

何でもそうですが、初めての時は随分と緊張するものです。特に相手がいる場合は必要以上にそうなります。私の初キャバクラはそんな感じでした。元々内弁慶だったものですからなおさらです。

しかし、これが話し方の勉強の場だとしたら…、そう考えたら次第に鍛えられるようになりました。お酒があって、女の子がいて、話術が磨かれる! こんな素晴らしい憩いの場所はないと思います。

是非、勇気を出して初めてのキャバクラデビューして下さい!!

社会人10年目をこえたら知っておきたいキャバクラ

¥1,540(税込)

キャバクラ費用の捻出方法から過ごし方、キャストの落とし方、家族や恋人バレの防止法まで、全くの初心者がキャバクラで過ごし、美味しい思いをするための指南書。

みやびん

この記事のアドバイザー

みやびん

ハード系アラサー男子




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ