「はじめて」をわかりやすく。

バイオリンをはじめるために!初心者におすすめの曲や練習が知りたい!

バイオリンをはじめるために!初心者におすすめの曲や練習が知りたい!

美しい音色のバイオリン。興味はあるけれど大人になった今からでも弾けるの?と気になる方もいらっしゃいますよね。初めてのバイオリンでおすすめの曲や練習方法を一からご紹介します!

Remi

この記事のアドバイザー

Remi

ハムスター動画に癒される人事担当者


OPEN

目次

3.本格的にバイオリンを弾くために

プロの演奏を聴けるのは講座ならでは

バイオリンのプロに習えるおすすめ講座

独学で練習するのも可能ですが、より上達を目指したい場合にはプロに習うのがおすすめです。

実際に演奏しているところを見てもらうことで、改善点を見つけて直していけるので上達が早いです。またプロが演奏するところを見れるメリットがあります。

細かなフォームや指の動かし方など、レッスンだからこそ習得できることが多くあります。ここでは3つのレッスン教室をご紹介します。

基本の姿勢や運指、楽譜の読み方からスタートしてくれるので、初心者の方に安心です。

初心者から経験者まで、それぞれのニーズに合わせてカリキュラムが組まれるので、じっくりと練習していけます。

通っている方の多くが全くの初心者から始めていて、マイペースに楽しくレッスンできる環境が整っています。

初めての方にはお得な金額でお試し4回レッスンを受講できるので、自分に合った教室をじっくり選びたい方は、お試しを受けてみるのも良いでしょう。

最近注目されているレッスン教室です。なんとバイオリンはプレゼントしてくれるため、自分で用意する必要はありません。

また社会人で仕事をしながら通う場合には、仕事の都合でどうしても休んでしまうこともあるでしょう。お休みした際の補講は無料となるので、無駄なくレッスンを受けられます。

レッスンの予約や変更がネットでできることも魅力的です。忙しい方にこそ最適なレッスン教室です。

バイオリンのメンテナンスやお手入れ方法

バイオリンを大切に長く愛用するためには、メンテナンスもしっかりと行う必要があります。

バイオリンの表面に塗られているニスは非常に繊細で、音色を大きく左右する要素のため、演奏したら必ず拭くことが鉄則です。専用のクロスなどで綺麗に拭いてからケースへしまいましょう。

また弓も同じように必ず掃除をしてくださいね。弓の毛には触らないように気をつけて、弓の毛をゆるめておいてください。弓がピンと張った状態にしておくと、棹に負担がかかるため音が出にくくなる原因になります。

毎回ではなく定期的なメンテナンスとして大切なことが、弦の交換です。弦は消耗品なので突然切れてしまうことがあります。そのため常に予備の弦を用意しておくと安心でしょう。弦が古くなると音が悪くなるので、できれば半年に一度は交換することがおすすめです。

自分で張り替えができない場合には、楽器店へ修理に出しましょう。楽器は繊細なものなので、無理に自己メンテナンスをしてしまうと、音色に影響が出てしまう可能性があります。

そして、バイオリンを使用しない場合には専用ケースに入れて安全なところで保管するようにしましょう。直射日光や湿度にも敏感なので、温度や湿度が安定したところで保管してください。

日々のお手入れによって、より長く使えるようになるため、大切にバイオリンを扱いましょう。

しっかりお手入れをしてケースにしまおう

新たな趣味としてバイオリンのある生活を始めてみよう!

優雅で難しそうなイメージのあるバイオリンですが、趣味で始める方も多く人気の楽器です。

独学で始めてバイオリンにハマり、その後プロのレッスン講座を受ける方もいらっしゃいます。レッスン講座に通うと発表会などもあるため、目標を立てやすく上達のスピードが上がるでしょう。

基礎を習得し、演奏できる曲目が増えると新しい世界が広がり、バイオリンの魅力にハマってしまう方も多いです。

それぞれの目的やペースに合わせて、バイオリンを楽しんでみてはいかがでしょうか。

素敵なバイオリンライフを!

1 2 3
Next >
45 件
Remi

この記事のアドバイザー

Remi

ハムスター動画に癒される人事担当者




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ