「はじめて」をわかりやすく。

地下アイドルは距離の近さが魅力!初めて地下アイドルにハマる前に

地下アイドルは距離の近さが魅力!初めて地下アイドルにハマる前に

AKB48が流行りだしてから、日本のアイドルブームは留まるところを知りません。そんな中でも注目されているのが「地下アイドル」という存在。女性だけではなく男性アイドルも多い時代で、都心のライブハウスでは毎日のようにイベントが行われています。初めて地下アイドルを応援するのなら、暗黙のルールも心得ておくと良いでしょう!

たかなし亜妖

この記事のアドバイザー

たかなし亜妖

フリーライター


OPEN

目次

1.地下アイドルが大人気!

地下のライブハウス

地下アイドルの定義とは

地下アイドルとは別名ライブアイドルやインディーズアイドルと呼ばれ、「地下」と定義するには様々な説があるようです。一般的な認識で表すなら「メディア露出が少なめの、ライブが多いアイドル」「主にライブハウスで活動を行うアイドル」といったところでしょうか。

“地下”の由来とは売れていない・未熟という意味ではなく、以前よりインディーズのアイドルを発掘しているライブハウスが地下に存在していたことが始まりなんだそう。

地下アイドルだからと言って事務所に所属していない、知名度がないわけではありません。ファンを多く動員できるグループや、CD・物販の売り上げが非常に大きいところもあります。

ただメジャーなアイドルに比べると、本業の傍らとして活動しているケースや、アマチュアも多いのだとか。地下アイドルとはテレビで観るアイドルより、活動形態やあり方が自由といった面も見られるようです。

今や地下アイドルは星の数ほど

ライトで照らされるライブハウス

現在、地下アイドルは星の数ほど存在します。AKBのような大人数のグループから、二人組のユニット、そしてソロ活動など、色々なアイドルがいるんですよ。

アイドルと言うと若い、というイメージがついていますが、実は30歳以上のお姉さんアイドルもたくさんいます。そしてグラビアアイドルやセクシー女優で結成されたグループ等もあり、日夜ライブハウスを賑わせているんだそう。

地下アイドルはライブの本数が多いので、週2~3回イベントに参加するなど日常茶飯事なのです。この記事を読んでいる今日も、どこかでアイドル達のライブが始まっているかもしれませんよ。

女性だけでなく、メンズも人気です

サイリウムを振るファン

アイドルは女子だけのものではありません。ジャニーズというアイドルがいるように、地下界隈でもメンズアイドルグループが多数存在しているのです。

以前は地下アイドル=女性の印象が強かったのですが、今非常に勢いを増しているのがメンズアイドル、通称メンドルですね!

女性グループとほぼ変わらず、彼らもライブをメインに精力的な活動を行っています。熱狂的な女性ファンも多く、足しげく通い詰めるのもよくあることだとか。

ただ黒肌に筋肉ムキムキ……といったグループはあまり見られず、どちらかというと中性的で、漫画やアニメの中から出てきたようなイケメンが多いように感じます。よくこれを「顔面偏差値」「顔ラン(=顔面ランク)」と言いますが、顔ランの高いグループやメンバーは女性ウケも抜群です。

地下アイドルのおすすめ3選

ライブ会場の様子

☆仮面女子
地下アイドル界では最も知名度が高く、活動歴も長いアイドルです。同じ芸能事務所に属する4つのユニットから派生している大型のグループであり、仮面をつけながらのパフォーマンスが何よりの特徴。衝撃的なビジュアルで見る人の心を惹きつけます。アイドルには珍しい「恋愛OK]など、独特のルールを設けているのも魅力的ですよね。

☆Kiss Bee
若い女性向けサイトのオーディションから誕生したアイドルグループ。明るく楽しいライブで彼女達の虜になるファンが急増しています。YouTubeチャンネルも運営しており、現在の登録者数は25万人を突破!今非常に勢いのある地下アイドルですので、知名度もぐんぐん上昇中です。

☆マッシュアップ
8人組のメンズアイドルグループで2016年に結成。様々なイベントにも多数出演し、動員の多いグループとして知られています。歌唱力も高く、メンバーもイケメン揃いなので心を奪われること間違いなし。全体的にクオリティが高いため、一度観れば満足度が高いでしょう。

< Back
1 2 3
42 件
たかなし亜妖

この記事のアドバイザー

たかなし亜妖

フリーライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ