「はじめて」をわかりやすく。

はじめての温泉巡りをしよう!ひとりから始められる温泉旅のススメ

はじめての温泉巡りをしよう!ひとりから始められる温泉旅のススメ

世界屈指の温泉大国である日本。日本人に生まれたからには温泉文化を体感したい、温泉巡りを始めてみたいと思う人もいるのではないでしょうか。3000以上ある日本の温泉地の中からどこに行けばいいのか、温泉の定義、入り方から禁止事項まで、ひとりから始められる温泉巡りの楽しみ方をお教えします。

スイミー

この記事のアドバイザー

スイミー

ベトナム在住主婦ライター


OPEN

目次

2. 温泉の入り方、マナーや禁止事項

温泉の意味と種類がわかったところで、次は実戦に進みましょう。温泉や銭湯によく行かれる方も、意外と正しい温泉の入り方を知らなかったりしますよね。ここでは、温泉の入り方、マナーと禁止事項について、しっかり見ていきましょう。

温泉の入り方

1. 水分補給
入浴前後にコップ1杯程度のお水を飲みましょう。入浴前の飲用は代謝アップの効果があり、良い汗をかくことができます。

2. 体を慣らす(かけ湯)
まず、温泉に入る前にかけ湯をして、体を慣らします。心臓の負担にならないように、足元からゆっくり、徐々に上にあげていきましょう。

3. 体をきれいにする
体をきれいに洗いましょう。美肌効果が高い泉質の場合、温泉に浸かってから体を洗った方が良いとする説もありますが、一般的なマナーとして、体の汚れを落としてから入浴することが鉄則です。また、頭から順に洗った方が、汚れを上から落とす流れを作ることができるので良いでしょう。

4. 入浴
のぼせないように気をつけながら、湯船に浸かり体を温めましょう。

5. 仕上げのかけ湯
不特定多数の人が利用する温泉。最後に、かけ湯をして洗い流しましょう。そして、脱衣所に行く前にしっかりタオルで身体を拭き取ります。

水分補給を忘れないようにしましょう

温泉でのマナーと禁止事項

1. マイ桶などで洗い場を占領しない
もし自分の持ち物がある場合は、指定の場所、端に置くなどして邪魔にならないようにしましょう。基本的に持ち物は最小限。浴室内で使う手ぬぐい、必要であれば、シャンプーやコンディショナー、クレイジングのみにとどめましょう。

2. タオルは浴槽につけない
衛生上の観点で、タオルを浴槽に入れるのは厳禁です。未使用のタオルであっても、周りの人はわかりません。お互い気持ちよく入浴できるように配慮をしましょう。

3. 髪が湯船につかないように
髪が長い場合は、縛ってお団子のようにするか、または、シャンプーキャップを使用しましょう。

濁り湯

30 件
スイミー

この記事のアドバイザー

スイミー

ベトナム在住主婦ライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ