「はじめて」をわかりやすく。

初めてのピクニックで手軽に外時間を楽しもう!

初めてのピクニックで手軽に外時間を楽しもう!

ピクニックって具体的に何をするの?と思う方も多いのではないでしょうか。よく皆さんがイメージする「お弁当を持って行って食べる」だけがピクニックではないんですよ!ピクニックの基本の持ち物から盛り上がる遊びまで、初めてのピクニックを楽しむコツをご紹介します。

ニュー子

この記事のアドバイザー

ニュー子

新しいものに飛びつくバブル世代ライター


OPEN

目次

2. ピクニックをする前の準備

公園でランチピクニック

いざピクニックをしようとなった時、何を持っていけばいいのでしょうか。「食べ物は持っていくけれど、他に何かいるの?」と迷う人もいるでしょう。ピクニックをする前の準備として、基本の持ち物とあったら便利なグッズをご紹介するので、ぜひ役立ててみてくださいね。

基本の持ち物

まずはピクニックに絶対持っていくべき持ち物をご紹介します。基本の持ち物でも気分が上がるアイテムを選んで、準備段階から楽しみましょう!

・お弁当

ピクニックの醍醐味と言えばご飯を食べること!美味しいお弁当を持っていきましょう。おにぎり弁当やサンドイッチ、紙コップにおかずを詰めて取り皿代わりにするなど、工夫次第で食べやすくおしゃれに見せることができます

ただ、お弁当箱が普段使いの物だと少々味気無さを感じます。せっかくのピクニックなので特別なランチボックスを使ってみてはいかがですか?取り皿やフォークが付いたランチボックスは、わざわざ紙皿など買う手間がはぶけ重宝しますよ。人数によって大きさを選んでみてくださいね。

パーカーファームテーブル ギャザリングランチボックス | 楽天市場

¥5,280(税込)

「ギャザリングランチボックス」は周囲に自慢したくなるほど、おしゃれで機能的なお弁当箱。4~5人の大人数でワイワイ楽しみながら囲むのにピッタリ!家族と、友人と愉しいひとときを過ごすことができます。

・飲み物

飲み物も必須アイテムです。コンビニやスーパーで購入した飲み物もいいですが、お気に入りの水筒を持って行ってもいいですね。暑い季節でも水筒の保温機能で冷たいまま飲めますし肌寒い季節は温かいまま飲み物を楽しめます

水筒にお湯をいれスティックタイプのコーヒーや紅茶を持参することで、外でカフェ気分を味わうこともできますよ。大きいサイズの水筒があれば水分補給はばっちりです。

スタンレークラシック真空ボトル1.0L | 楽天市場

¥6,600(税込)

スタンレーを代表するグリップ付真空断熱ステンレスボトル。耐久性も兼ね備えた唯一無二の存在。大容量で、キャンプやイベントなど様々なシーンで使用できます。

・レジャーシート

公園にはベンチがある場合もありますが、レジャーシートは必ず持って行きたい物の1つです。人数が多くても、レジャーシートの上ならみんなの顔を見ながら食事ができます。

座り心地はいいか汚れを拭き取りやすいか防水機能はあるのかに焦点をあててレジャーシートを選ぶといいでしょう。

moz レジャーシート | 楽天市場

¥3,080(税込)

北欧風柄の生地を使用したレジャーシートです。シーンに合わせてお使いください。飽きのこない色目や柄は、トレンドを気にせず長年お使い頂け、シンプルなアイテムやカラフルな小物まで馴染みます。

・紫外線対策グッズ

ピクニックを楽しむときは避けては通れない、日焼け対策です。気温が高くない春や秋も含め、年中紫外線は降り注いでいます。

日焼けすることで皮膚が炎症を起こしたり、体力の低下を招いたりします。帽子をかぶり日焼け止めを塗るなど、紫外線対策は怠らないようにしましょう。

アウトドアUV ナチュラルカラー | Amazon

¥3,575(税込)

アウトドアシーンに最適な機能(持ち運びに便利なコンパクトサイズ・ザックなどに入れても液漏れしない固形タイプ・虫をよせつけないとされるハッカ油とユーカリ葉油)を備えています。肌になじむナチュラルカラーで、1本あれば様々なシーンで活躍してくれる便利アイテムです。

・虫よけグッズ

自然の中で行うピクニックに虫はつきものです。虫が苦手な人は、虫よけグッズを持っていくと安心です。

火を使用する蚊取り線香や虫よけキャンドルは、火気厳禁の場所が多いためおすすめしません。スプレータイプや塗るタイプの虫よけを使って、虫のせいで嫌な思いをしないようにしましょう。

アロベビー アウトドアスプレー | Amazon

¥1,925(税込)

公園やキャンプ、レジャーなどのお出かけ前にやさしく守るボディスプレー。足や腕、体に適量を数回吹きかけ、お肌にやさしくなじませてください。汗をかいた後や泳いだ後は、タオルでしっかりと拭き、香りが消えたと感じたらこまめにスプレーをし直してください。無添加、無着色。開発から生産まですべてがMade in Japanの国産オーガニック。

あると便利なグッズ

必需品ではないけれど、あると便利で快適にピクニックを楽しめるグッズをご紹介します。持ち物に余裕がある時は、ぜひ一緒に持って行ってみてください。

・ミニテーブル

ミニテーブルは物を置くのにとても便利です。レジャーシートの上に置くと少々不安定な食べ物や飲み物も、ミニテーブルに置けばこぼす心配が減ります

折り畳めてとてもコンパクトになるミニテーブルも沢山あります。自家用車だけでなく、徒歩や自転車、公共の乗り物で移動すると時にも持っていきやすいサイズなので、持っておいて損はないですよ!

ソト(SOTO) ポップアップソロテーブル フィールドホッパー | Amazon

¥5,280(税込)

●ストーブやクッカーも置けるA3サイズの折り畳みテーブル。●独自構造によりパッと開くだけのワンアクションで4本のスタンドが飛び出す。●ソロやペアでのハイキングやツーリングの食事、ファミリーキャンプのサブテーブルとして、 テント内での使用にも便利。●耐荷重:20kg。●収納袋付き。

・簡易テント

日差しが強い季節は、コンパクトに収納できて持ち運びしやすく組み立ても簡単なポップアップ式のテントが人気です。

日なたと日陰では体感温度に差が出てくるため、熱中症を予防するためにも太陽の光を遮るテントが大活躍します。公園で食事をしたあと、テントの中で一休みというような使い方ができますね。

CHUMS ポップアップサンシェード 3人用 | Amazon

¥7,969(税込)

新色登場!ワンタッチで設営できるサンシェード(3人用) ポップアップ式でワンタッチで簡単に設営できるサンシェードです。フロントパネルはトグルボタンを用いれば固定も可能。通気窓はメッシュになっているので通気や虫よけにも◎。フルクローズもでき、シーンによってはプライベート空間の確保もできます。

・ウエットティッシュ

ウエットティッシュや除菌シートがあれば、食事の前や手が汚れたときにサッとひと拭きできて便利です。自然の中には手洗い場がある場所は少ないので、1つ持っておくと衛生面でも安心ですね。

アルコールタイプ 除菌ウェットティッシュ | 楽天市場

¥334(税込)

●手肌にやさしいヒアルロン酸(保湿成分)配合のウェットティシュです。●キッチンやリビング、オフィスに1個置いておけば、いつでも簡単清潔!●1枚ずつ簡単に取り出しができ、衛生的です。●ふんわり厚手シートです。●気軽に使える100枚入です。

・絆創膏

小さな子どもなど、思い切り身体を動かして遊んでケガをしてしまうことも。絆創膏を持っていれば応急処置ができて安心です。

友人グループやデートでピクニックをするときも、もしもの時にすぐに絆創膏を差し出せると好感度も高くなります。

BAND-AID(バンドエイド) キズパワーパッド | Amazon

¥762(税込)

●自然治癒力を高め、痛みをやわらげながらキズを早くきれいに治すキズパワーパッド。●全面がパッドになっているので、通常のばんそうこうよりも大きなキズを覆うことが可能。●表面に完全防水素材を使用しているので、シャワーや水仕事でも貼ったままでいられ、はがれにくい。

46 件
ニュー子

この記事のアドバイザー

ニュー子

新しいものに飛びつくバブル世代ライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ