「はじめて」をわかりやすく。

初めてのピクニックで手軽に外時間を楽しもう!

初めてのピクニックで手軽に外時間を楽しもう!

ピクニックって具体的に何をするの?と思う方も多いのではないでしょうか。よく皆さんがイメージする「お弁当を持って行って食べる」だけがピクニックではないんですよ!ピクニックの基本の持ち物から盛り上がる遊びまで、初めてのピクニックを楽しむコツをご紹介します。

ニュー子

この記事のアドバイザー

ニュー子

新しいものに飛びつくバブル世代ライター


OPEN

目次

3. ピクニックをやってみよう!

実際にピクニックをする時のシチュエーションを考えてみましょう。家族みんなでわいわい?友達同士でおしゃれに?ゆったりデート?おすすめの過ごし方もご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

・家族でお弁当やレジャーを楽しむ

家族でピクニックは手軽なレジャーとしても人気です。レジャーシートに座って食べる手作りのお弁当で、子ども達も大喜び。家族みんなでレストランに行くよりも低コストで楽しめるので、親の立場としても嬉しいですね。

また、子どもは体を目一杯使って走り回ることが大好き。鬼ごっこや草花を摘むだけでも
楽しい経験ですが、レジャーグッズがプラスされれば、子どもにとってピクニックがより特別なものに。お弁当などの食事だけではなく、レジャーグッズも持って行くことをおすすめします。

小さな子どもにはシャボン玉がぴったり。普段使うサイズではなく、せっかくなら大きなシャボン玉ができるものに挑戦してみてはいかがですか?大人も童心に戻って楽しめること間違いなしです!

kimtery大きなバブル西洋剣形状バブルスティック | Amazon

¥584(税込)

100%ブランドの新しい高品質。ボタンを押すと、剣が三角形になります。超大きな泡を吹き飛ばすことができます。子供たちへの素晴らしい贈り物。カラフルな泡を吹き消し、子供に幸せな子供時代を送ってください。それ自体はバブルウォーターを含まないので、バブルウォーターは個別に購入できます。

少し大きな子どもとは、家族でフリスビーも楽しめます。フリスビーは薄く持ち運びも便利ですし、何より道具1つで遊べていいですよね。コツを掴むまでみんなで夢中になって遊べますよ。

kimtery大きなバブル西洋剣形状バブルスティック | Amazon

¥880(税込)

レジャーなどのおでかけなどにも最適♪小さなお子さんでも簡単に投げて空中キャッチできます。
※周囲の安全を確認の上、ご使用ください。直射日光があたる場所、高温多湿な場所には保管しないでください。小さなお子様が口に含めないよう必ず手の届かない場所に保管してください。

・女子会で写真映えするピクニック

「おしゃピク」
という言葉をご存じですか?「おしゃれなピクニック」の略語で、SNSで「#おしゃピク」で探すと沢山の写真映えするピクニックの様子が見られます。ピクニックもおしゃれを意識して楽しむ時代に突入しているんですね。

女子会としてのピクニックには、綺麗な断面が見える「サンドイッチ」を持って行ってみてはいかがでしょうか。野菜がたっぷり入った食事系のサンドイッチはもちろん、フルーツと生クリームを使ったフルーツサンドも人気です。

写真映えするポイントの一つに、レジャーシートを優しい色合いの布に変更することが挙げられます。アイボリーやベージュ、ホワイトなどの布をレジャーシート代わりに芝生に敷くだけで、おしゃれ度が格段にアップしますよ。

また、ピクニックボックスを利用するだけで女子会らしさを演出できます。もちろん見た目だけではなく、中に食事やカトラリーを収納できて機能性も抜群です。ピクニックボックスがあるだけで気分が上がって楽しめますね。

ポッシュリビング ウィッカーバスケット | Amazon

¥2,062(税込)

キッチンの演出に欠かせない、かわいいふたつきバスケットです! バスケットはカントリー雑貨の定番ですよね! キッチンやお部屋の細々とした物を上手にかわいくお片づけ♪ピクニックやスポーツ観戦のおともにも! 毎日のシーンで大活躍すること間違いなし♪自然素材で手作りされたバスケットは、とってもエコロジー。

・気軽なデートとしてのんびり過ごす

定番のデートスポットに行きつくしてしまったカップルも多いのではないでしょうか。ぜひ自然を感じながら2人でゆっくりと過ごしてみてください。ごろんと横になって休憩したり、好きな本を読んだり、自由に好きな時間を過ごせるのがピクニックのいいところ。のんびりお互いの話をする機会にもなりますよ。お弁当は手作りで持っていきたいところ。沢山食べたい彼には、唐揚げやおにぎりを多めに持っていくと喜ばれます!

アウトドアで必須な帽子を2人でお揃いにするのも、デートでピクニックを楽しむポイントの1つです。ペアルックをしてみたいけれどハードルが高いと感じている人は、気軽に取り入れられる帽子をお揃いにすると統一感がでます。

ザノースフェイス ホライズンハット | Amazon

¥5,170(税込)

アウトドアシーンにマッチする日よけアイテムとして、THE NORTH FACEで高い人気を誇るホライズンハットです。UVケア(UPF15-30、紫外線カット率85%以上)機能をもち、頭囲にぐるりと配置したベンチレーションメッシュパネルで通気性を確保。取り外し可能なあごストラップ付き。薄くて軽く、持ち運びも便利です。

少しの工夫で大満足のピクニック

自然の中で食事を楽しむピクニック。少しの持ち物で気軽に楽しめるのが嬉しいポイントですね。季節を感じられて気分転換にもなりお金はかからず心が豊かになります

忘れ物があって後悔することがないように、基本の持ち物をチェックした後、シチュエーション別であると便利なグッズを追加で持って行ってください。

持ち物をしっかりと準備して、ピクニックを満喫しましょう!

1 2 3
Next >
46 件
ニュー子

この記事のアドバイザー

ニュー子

新しいものに飛びつくバブル世代ライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ