「はじめて」をわかりやすく。

はじめての心霊スポット巡りをする前に。心霊スポット初挑戦の心得

はじめての心霊スポット巡りをする前に。心霊スポット初挑戦の心得

全国各地、どこにでも存在する心霊スポット。心霊映像やホラー映画、オカルト好きなら一度は訪れてみたいと思うはず。ですが心霊スポットへ行くには事前の準備や守るべきルールがあるのです。初めての心霊スポット巡りがより良いものとなるよう、しっかりと頭に入れておきましょう。

たかなし亜妖

この記事のアドバイザー

たかなし亜妖

フリーライター


CLOSE

目次

1.はじめて心霊スポットに行く前の準備・心得

心霊スポットってどこにあるの?

まず心霊スポットと呼ばれる場所はどこにあるのでしょうか。よくメディアで取り上げられるのは山や森などの奥地ですが、実はどこにでも存在します。東京や関東近郊といった都心部でも心霊スポットはあるので、必ずしも山奥や田舎に住んでいないと行けないということはありません。まずは無理なく行ける範囲で心霊スポットを探してみましょう。

心霊スポットに行く前の注意点

心霊スポットはノリと勢いで行くイメージがありますが、事前準備が必要なことを知っていましたか?突如行こう!というのも面白いのかもしれませんが、心霊スポットを甘く見てはダメ。霊力の強い恐ろしい場所もありますから、行くにはしっかりと対策を立てましょう。

・写真は撮らない
ホラー映画にありがちな「心霊スポットで撮影→霊が映っていた」パターン。ついついマネをしたくなってしまいますが、絶対にやめましょう。写真を撮りたがる人は面白半分のつもりなのですが、霊にはこの冗談が通じません。本当に写り込んでしまい、その後不吉な事がことが起こる可能性もあります。

・現地で騒がない
上述とやや被りますが、心霊スポットとは霊の居場所。つまり私達はそこへお邪魔させてもらっているだけなのです。霊の怒りを買わないためにも、現地で騒ぐのは控えましょう。

・お酒を飲んだ状態で行かない
怖い気持ちを紛らわすために、酒気帯びの状態で向かう人がいます。ですが酔っ払っていると霊に憑かれやすくなるのは事実。よく体験談で酔った帰りに心霊現象に遭った、という話がありますが、あながちウソではありません。

はじめて心霊スポットに行く際に、必要・不必要なアイテム

はじめて行く心霊スポット、ドキドキしてしまいますよね。意気込んで色々な物を用意したくなりますが、実際は不要なものもあるのです。きちんとアイテムを揃え、万全な状態で向かいましょう。

心霊スポットに必要ないもの
①お守り​
持っていく人が多いお守りですが、実際にあまり意味はないようです。持っていても心霊現象が起こる時は起こりますし、霊に対して失礼なことをすれば怒りを買うのも当然。お守りが絶対に守ってくれる!という保証はありません。気分的に持っていたい、というなら構いませんがあくまで気休め程度だと考えると良いでしょう。

②塩
塩=お清めというイメージで持っていく人が多いです。しかし心霊現象が起こった際に塩をかけても、何も起こらなかった、変わらなかったという声があります。こちらもお守り同様、気休め程度と思って下さい。

③飲食物
知らない道で遭難したら、緊張で喉が渇いたら……という不安から飲食物を持ち込む人もいます。ですが食べ物の匂いにつられて霊が寄ってきてしまうこともあるのでやめましょう。そして水もNGで、特に最近のコンビニコーヒー等の蓋がないものだと尚危険。悪質な霊が入り込む可能性もありますので、持っていかない方が無難です。どうしても気温が高くて暑い、または低くて寒い場合は、きちんと蓋を締められるペットボトルや水筒をを選びましょう。しかし現地で口をつける、開封するのはやめておきましょう。

心霊スポットに必要なもの
①懐中電灯
廃墟やトンネル、森など暗い場所へ行く際に必要な懐中電灯。スマホの機能じゃダメなの?と思われがちですが、心霊スポットで電源が急に落ちる場合もあります。そのため電池式や充電式のものを持っていくと安心です。替えの電池があれば尚良いですね。

②地図
こちらも懐中電灯同様、スマホの電源が落ちた時に持っておくと便利。地図を検索し、印刷したものを持っておくと良いですね。ですが近頃はマップアプリに慣れ過ぎて、うまく地図が読めない人も。事前にルートや行き方は確認し、頭に入れておきましょう。

2. 心霊スポットへ実際に行ってみよう

はじめての心霊スポットは必ず複数人で

心霊スポットに一人で行くのはおすすめできません。まず何か起きた際に助けてくれる相手がいないのはとても怖いことです。特に人気のない山奥、森の中は心霊もいますが、同時に不審者も現れやすいことを忘れてはいけません。もし危険を伴う事態が起これば?その時にスマホの電源が落ちてしまったら……?想像するだけで恐ろしいです。

そのため心霊スポット巡りは必ず複数人で行いましょう。一緒に行く人が見つからない場合は、SNS等で募集をかけるのも手です。普段からオカルト好きなら、そういったコミュニティに参加しておくと一緒に行く人が見つかりやすいのでおすすめです。

霊感の強い人は連れて行かない

同行してくれる友人がいるのは有難いことですが、霊感が強い相手は避けましょう。霊に対して敏感ということは、取り憑かれやすい・霊に好かれやすい・気配を感じやすいのです。心霊スポットに足を踏み入れて、真っ先に具合が悪くなる人もいます。そういった人が同じ場所に居続けるのはたいへん危険ですので、気を付けてください。

精神的に参っている状態や、ネガティブな思考に陥っている際も、心霊スポットへ行くのはおすすめできません。精神的に落ち込んでいると霊に取り憑かれやすく、最悪の場合は連れて帰ってしまうことがあるんだとか。直近で嫌なことがあった、後ろ向きな考えになっている場合は精神状態が回復してから行きましょう。

心霊スポットツアーに参加する手もアリ

どうしても行く相手がいない、自分で行きたい場所が見つからない時はツアーに参加する手もあります。自分達だけ行くのが不安な時も、ツアーだと少し安心できますよね。曜日の自由が利かない(定められている)、参加費がかかるといったデメリットもありますが、ここで友達が見つかるかもしれません。元々コースも決まっているので、行きたい場所が決められない時にもぴったりです。ちょっとした遠足感覚で参加ができます。

タクシーで心霊スポット巡りに参加!

メディアにも取り上げられるほど人気の心霊スポットツアーがあります。タクシー会社、三和交通が主催する心霊スポット巡礼ツアーです。

毎年夏頃開催しており、参加者は抽選になるほどの人気ぶり。場所は東京や埼玉など関東周辺ですが、内容は2時間30分~と盛りだくさん。令和元年にはオールナイトコースを併設したりと、内容も工夫を凝らしているようです。
タクシーの運転手さんが案内してくれるため、迷子になる心配はありません。コースによって異なりますが、数か所を回れるため真の心霊スポット好きにはたまらないでしょう。

しかし注意してほしいのが「お遊び」ではなく「ガチ」であること。お化け屋敷感覚ではなく、本当の心霊スポットを巡ることを決して忘れないで下さい。

3.心霊スポットから帰ってきたら...

心霊スポット帰宅後が肝心!

心霊スポットは現地でも注意が必要ですが、帰り道や帰宅後の“アフターケア”となるものが大切です。まず帰り道はそのまま真っすぐ家へ向かわず、どこか寄り道をして下さい。コンビニでもスーパーでも、朝まで営業する飲食店でも構いません。

すぐ帰宅してしまうと家に霊を連れて帰ってしまう危険性があるからです。そして帰宅後は必ずお風呂に入るのを忘れずに。あまり凶悪でない霊がついてきてしまった場合、入浴で落ちることがあるからです。

もし取り憑かれてしまった場合はどうしたらいい?

取り憑かれる、と一口に言ってもどういう状態になるか想像がつきませんよね。心霊スポットから帰って体調不良や金縛りが続く場合は取り憑かれているかもしれません。霊にはそれぞれ危険度というものがあり、軽いものは数日程度で勝手にいなくなります。しかしながら重い危険な霊は、そうそう簡単にいなくなってくれません。なので長期間続く体調不良など、取り憑かれているようなサインが見られたらプロの人間にお祓いをしてもらう他ないのです。ぜひ注意してください。

ですが、大抵は心霊スポットへ行ったことへの恐怖感や、緊張状態からくる精神的なもの。あまり現地について深く思い出さない、考えすぎるのも良くありません。先ほど注意事項に「写真を撮らない」と記述しましたが、こういうためでもあるのです。

注意を払って、心霊スポット巡りを楽しもう

一度は行ってみたい心霊スポットですが、もちろん危険もいっぱい。きちんと注意を払ってから現地へ向かいましょう。はじめての心霊スポット巡りがいいものとなるよう祈っています。慣れてきたらツアーに参加するのも楽しいですよ!

有名な心霊スポット3選

有名な心霊スポット①石神井公園 石神井城跡

関東に住んでいるのなら、練馬区石神井公園内の「石神井城跡」を聞いたことがありますか?元々こちらは豊島泰経のお城でしたが、1477年に田道灌との争いに敗れ、落城してしまいます。その後豊島氏は池で入水自殺、娘の照姫も父親の後を追うように自ら命を絶ちました。そのせいかこの場所で写真を撮ると霊が映り込むと言われています。

都内ではよく知られる心霊スポットであり、地元に住む人は皆知っているんだとか。池袋からのアクセスが最も近いので、都内でサクッと済ませたい方におすすめです。

有名な心霊スポット②青山霊園

港区外苑駅前という都心にある青山霊園。数多くの有名人が眠る墓地ですが、心霊スポットとしては非常に有名なんです。昼間はあまり霊的な雰囲気を感じませんが、夜になると一転、かなり不気味な空気を醸し出すのだとか。
ふざけて肝試しをしにきた若者が異世界へ行ってしまった、青山霊園までタクシーに乗せた乗客が気づいたらいなくなっていた、と恐ろしいエピソードが尽きません。

有名な心霊スポット③恐山

遠出や旅行をする予定なら、青森県に有名な「恐山」があります。名前からして何かが起こりそうですね。こちらは死者の霊が訪れる山と言われています。霊感の強い人が行けば無数の霊が見え、弱い人でも体調不良に襲われることもしばしば……。全国各地でもトップ10に入るくらいの心霊スポットでしょう。

※幽霊などの存在については、執筆したライターの主観に基づいております。ご理解の上、お楽しみ下さい。

たかなし亜妖

この記事のアドバイザー

たかなし亜妖

フリーライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ