「はじめて」をわかりやすく。

阿曽山大噴火さんに聞いてきた「はじめての裁判傍聴」(前編)

阿曽山大噴火さんに聞いてきた「はじめての裁判傍聴」(前編)

「エンタの神様」などテレビでもお馴染み裁判ウォッチャーと言えば、阿曽山大噴火さん。1週間のうち5日は裁判所へ赴くという裁判傍聴のオーソリティとも言える方に、はじめて行った裁判傍聴についてや、はじめて裁判傍聴に行く時の心構えなどをインタビュー取材で直撃してきました!

コダケン

この記事のアドバイザー

コダケン

プロレス好きカルトライター


CLOSE

目次


芸能プロダクションである大川興業に所属の阿曽山大噴火さん。お笑い芸人として活躍している傍らで、裁判ウォッチャーとして週に5日は東京地裁に赴いて裁判を傍聴していらっしゃいます。その豊富な裁判傍聴の体験をもとにして、有名なところでは「エンタの神様」(日本テレビ)などで裁判をフリップネタにして披露しています。

そんな芸能界でも屈指の裁判ウォッチャーである阿曽山大噴火さんに”はじめての「裁判傍聴」”というテーマで、はじめて裁判傍聴する場合の心得や、はじめてご自身で傍聴した裁判についてなど、裁判傍聴に関する『はじめて』について伺ってきました。

裁判所前でお約束の1枚。この日はあいにくの雨模様でした。

阿曽山大噴火さんのはじまり ~上京して芸人になるまで~

――本日は、お忙しい中、インタビュー取材のお時間をありがとうございます。早速ですが、人生のはじめである生い立ちから教えていただけますでしょうか。

阿曽山大噴火さん>
生い立ちですか。それは生まれたときくらいから話したほうが良いですか。長くなるんで小学校時代くらいからでいいですかね。小学校時代は、米沢市にある小学校に通っておりました。その後、父親の仕事の都合で山形市に引っ越しをしました。

当時は特に芸人に対して憧れがあったわけではなく、普通にお笑いを楽しんでいるような小学生でしたね。漫才ブームとかにぶち当たってる世代になりますかね。ビートたけしさん、ひょうきん族、ドリフなどネットが無い時代だったので、お笑いを見ている意識というよりはみんなと一緒にテレビを見て楽しんでいた感じですね。

中学校は山形の中学校でバスケットボールをしてました。小学校の時から少年団みたいなのでバスケをしていたので、そのままって感じですね。今は、バスケどころか運動もしてませんけどね (笑)
高校は天童市の高校に行きました。父親の仕事の事情で引越ばっかりしてたので、高校受験した時と入学した時と1年生、2年生、3年生と全部住所が違うんです。怪しい仕事してたわけではありませんよ。

高校では部活は特にやって無かったですね。クラブとしての授業があったので、そこに参加してたくらいで特に覚えてないですね。友達とだらだらしてましたね。お笑いへのあこがれは全くなくて、小、中、高と人を笑わせるのが好きだったんで、クラスの人気者とかではなかったんですけど、クラスの2~3人を楽しませるって感じでした。

――高校を卒業されてから、すぐに上京されたのでしょうか。

阿曽山大噴火さん>
高校を卒業して、台東区にあった千代田工科専門学校の映画芸術科に進みましたね。映画を見ることが好きだったので、映画関連の仕事に就きたいと思ってたんでしょうね。丁度、その頃にタランティーノが出てきたんですよ。俺としては、すごいいい時期だったなと思って。こんなに映画に関係ない話をダラダラしても面白い新しい人が来たと楽しんでましたね。

専門学校が2年でしたね。友達と映画っていうか、映像撮ったりみたいなことして、PFF(ぴあフィルムフェスティバル)がちょうどフィルムとビデオの応募が半々くらいになってきている時でした。学生の時に、園子温の上映会を追っかけてました。当時、新宿にアルゴって映画館があって、そこで「部屋」50カットしかないつまんない映画なんですけど、そんな映画見ながら「園子温もまともな映画撮るようになった」とか上から目線で、思ってました。こんなに有名になるとは思っていませんでした。

裁判を傍聴した際のメモを見ながらの阿曽山大噴火さん

――その後、大川興業に入社されるはずですが、芸人になろうとしたきっかけや理由があれば教えてください。

阿曽山大噴火さん>
特に芸人になっているつもりは今もあんまりないんですけど、専門学校出て1年くらいテレビ制作会社で働いたんですが、辞めて目標もなくフリーターやってた時代にお笑いライブをちょくちょく見に行ってました。その1つに大川興業のトークライブでもらったチラシに「新人募集」って書いてあったんで、オーディション行けば江頭と喋れるんじゃないかと思ってオーディションを受けたのがきっかけですね。

オーディションは6人くらいいたんですけど、俺しか受からなかったですね。みんな漫談とかギャグとかやってましたけど、特に面接みたいなことしたら受かってましたね。

――その後、大川興業に入社された後は、コンビで活動されてますね。

阿曽山大噴火さん>
大川興業に入ってからコンビを組んでました。97年に入って、2000年の単独ライブで解散したので、コンビ組んでいたのは3年ですかね。これは完全に漫才をしてました。その後もコンビを組んでました。「家なき大工」ってコンビ名でしたね。これも2004年くらいまでやってました。現在の相方については、全くわからないですね。

面白いことがしたいってのは、今もあるんですけどね。漫才とかコントとかしたいってことよりは、面白い事を体験したいって方が強いですね。笑わせたいって欲もあるんですけど、なかなかお笑い芸人ってカテゴリも難しいですね。

すごいラジオは好きだったので、ラジオの仕事はちょっとあがるってのはありますけど、MCをやりたいとかひな壇でトークしたいってのは、あんまり無いです。

裁判狂時代 (河出文庫) | 阿曽山大噴火 | ノンフィクション | Kindleストア | Amazon

¥550(税込)

「石原裕次郎の弟」を自称する窃盗犯、エロに暴走する検察官、極刑を望む痴漢など、新聞やテレビ報道では決してわからない仰天法廷劇を、「傍聴ブーム」の火付け役が独自の視点で活写。究極の面白裁判全15編。今日からあなたも傍聴マニア!

阿曽山大噴火さんが裁判傍聴をはじめた訳

――芸人になられてから裁判傍聴をはじめられたと思いますが、そのきっかけを教えてください。

阿曽山大噴火さん>
99年に麻原裁判の傍聴券抽選に行ったのが最初ですね。総裁(大川総裁)が、週刊プレイボーイの連載を持っていて、その連載で麻原裁判の傍聴についてを記事にすることになったため、若手の芸人たちが傍聴券の抽選に並ばされたんです。抽選が終わったら、事務所に戻って電話番することになってたんですね。傍聴券が多めに当たったんで、その当時はスキンヘッドだったので「オウムの信者っぽいから見ていけ」ってことになり、電話番をサボる口実に傍聴した感じです。

きっかけは単純でお笑いライブとかでエンディングになると告知コーナーが入るんですよ。そこにエピソードトークを求められる時のネタとしての1つとしてって言うのがきっかけですね。他にも新興宗教について話したり、事件があると言ってみたりしていた中で、裁判傍聴についての連載の話をもらったので、何回も行かなければならなくなったってのが正確なところですかね。

――はじめて傍聴した裁判についての印象をお聞かせください。

阿曽山大噴火さん>
はじめて裁判を傍聴した時の感想は、専門用語が並んでいて全然理解できなかったことです。「目の前に松本 智津夫(麻原彰晃)」がいるぞって、野次馬的な感想ですね。あとは、ドラマとか映画で見ていた裁判はこれかって感じていました。

その後、一緒に傍聴券並んでいた事務所の先輩たちが午前中に別の裁判を傍聴していたみたいで、他にも傍聴券なしで見られるのが沢山ある事をそこで知るんですよ。で、帰ろうかと思ったけど、事務所に帰って電話番もしたくなかったんで、午後は別の裁判を傍聴しに行きました。

午前中に見たオウムの裁判はなにやっているか分からなかったけど、午後に見たのは初公判だったので、起訴状の朗読があったりしたことで、事件内容が非常に分かりやすい裁判だったので、「俺でも分かるんじゃん」となったのがきっかけかも知れませんね。

――午後に傍聴した裁判はどんな裁判だったんでしょうか。

阿曽山大噴火さん>
午後に見た裁判は、窃盗事件でしたね。東京で盗んだ車を使って北海道に向かっていた事件で、どうして北海道に向かっていたかと言うと、小樽の石原裕次郎記念館に行くために盗んだと。なんで裕次郎記念館に行こうとしたのか裁判官が聞くと「俺は裕次郎の弟だ」と言い張っていました。この被告人は住居侵入の前科もあり、住居侵入も石原裕次郎の家への侵入で、犯人は石原裕次郎の弟を名乗る裕次郎マニアでした。

最後裁判官が「あなた石原裕次郎の弟じゃないよね?」と確認しているのが、面白くて印象に残っています。

真摯に答えてくださる阿曽山大噴火さん

――これまでの裁判傍聴歴と年間の裁判傍聴回数を教えてください。

阿曽山大噴火さん>
99年からなので20年くらい見ていることになります。直近だと面倒くさくて年間1,000件って言っていたんですが、去年は800件くらいだと思います。判決とか2~3分とかで終わる裁判もあるので、正確に何件かどうかは分かんないですね。ざっくり、2万件くらいなんじゃないですか。

1日に傍聴した最大の件数もあんまり考えてないですね。出入り自由なんで判決だけ聞いて回れば、1日何十件も見られると言えば見られますから。

――長い期間をかけて傍聴していた裁判とかがあれば、教えてください。

阿曽山大噴火さん>
基本的に、被告人にが否認すると裁判が長くなります。被告人や弁護人、検察官が喋った事を文字起こしするのに2週間、文字起こし終わってから、証拠集めや証人対応などに2週間かかるので、早くても次の裁判まで1か月はかかります。

否認事件はとにかく長いので、数多くの裁判を傍聴するためには、否認事件を追いかけるのはあまり良くないんです。1審が有罪で2審が無罪になったのを追いかけたのが一番長く追いかけた裁判ですね。結局、2年近く同じ裁判を傍聴したはずなんですが、仕事になったのかどうかも覚えてないですね。

――テレビなどで拝見するフリップネタですが、はじめて作成した裁判傍聴のフリップネタなどは覚えていらっしゃいますか?

阿曽山大噴火さん>
はじめてフリップにした裁判は覚えてないですね。フリップネタを始めたのは、家なき大工で相方が辞めた後に事務所ライブで裁判の話をやれって言われたのがきっかけです。最初は漫談みたいにしていたんですが、フリップネタにした方がいいとアドバイスをもらってからフリップネタになりました。

ネタのスケッチブックは、全部で150冊くらいになります。昔のネタがたまに必要になったりするので捨てるのも捨てられないんで困っています。今、ライブでやれるのは、50ネタくらいしかないので、100冊くらいはもうメルカリとかで売っても良いかも知れないですね(笑)

昔のネタも絶対使わないってこともないので、部屋で場所を取っているんですけど、捨てられないんですよ。写真に撮ったネタもあるんですけど、プロジェクター使ってのライブもあんまり出来ないですから。

B級裁判傍聴記 | 阿曽山大噴火, 辛酸 なめ子 | Amazon

¥1,320(税込)

……著者は、スポーツ紙や週刊誌でも裁判ウォッチャーとしておなじみのお笑い芸人(大川興業所属)。今年でなんと、裁判傍聴歴10年目に!
その名の通り、詐欺や窃盗、暴行罪など、特に世間から注目されることなくヒッソリ行われている裁判の傍聴記。ここにあらわれる、人間の悲喜劇、人間ドラマを見よ。

ーー前編はここまでーーーーー

前編は、裁判ウォッチャーとしての阿曽山大噴火さんになるまでを、生い立ち~芸人になるまでのお話と、はじめての裁判傍聴を交えて語っていただきました。

後編は、「はじめて裁判傍聴」する場合の心得や、阿曽山大噴火さんにとって『裁判傍聴』とは何かなど、さらに踏み込んだ内容でお届けする予定です。はじめて裁判傍聴に行ってみたい方は必見です。

阿曽山大噴火さん プロフィール

阿曽山大噴火

月曜日から金曜日の9時~5時で、裁判所に定期券で通う、裁判傍聴のプロ。裁判ウォッチャーとして、テレビ、ラジオのレギュラーや、雑誌、ウェブサイトでの連載を持つ。パチスロもすでにプロの域に達している。また、ファッションにも独自のポリシーを持ち、“男のスカート”にこだわっている。

―――――――――――――――
本名:阿曽道昭
生年月日:1974年9月27日
血液型:B型
出身地:山形県
身長・体重:172cm・60kg
スリーサイズ:B 84cm・W 64cm・H 90cm
靴のサイズ:27cm
最終学歴:千代田工科芸術専門学校 卒業
趣味:パチスロ、裁判傍聴、新興宗教一般
チャームポイント:髭、スカート
―――――――――――――――

コダケン

この記事のアドバイザー

コダケン

プロレス好きカルトライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ