「はじめて」をわかりやすく。

はじめての池袋に行く前に!新宿や渋谷に勝るとも劣らない池袋の魅力!

はじめての池袋に行く前に!新宿や渋谷に勝るとも劣らない池袋の魅力!

駅の利用者数が世界一の新宿、若者の流行発信基地の渋谷に比べ東京の三大副都心の中ではやや控えめな印象がある池袋。しかし最近では秋葉原や中野に次ぐオタクの聖地と呼ばれていて、イベントも多数行われています。今回は、はじめて池袋に行く方でもどういう街か分かっていただけるようにご紹介します。

left

この記事のアドバイザー

left

何でもチャレンジ系男子


CLOSE

目次

1.池袋とはどんな街?

新宿に次ぐ日本第2位の乗降客数を誇る駅!

池袋は東京都豊島区の中心街です。池袋駅は8路線が集まるターミナル駅で、1日の乗降客数も新宿駅に次ぐ国内第2位の約264万人が利用しています。駅の東側には西武百貨店にパルコ、サンシャインシティなどがあり、西口には東武百貨店に東京芸術劇場などがあり、鉄道利用だけでなくショッピングに娯楽など楽しめる要素が様々あり、連日多くの人で賑わっています。

埼玉エリアを中心にアクセスが充実!

「埼玉県人の壁」などと揶揄されることもある池袋ですが、池袋駅から埼玉県方面に8路線中6路線が埼玉県に向かうため非常にアクセスの良い駅です。しかも埼玉県内で移動(例えば大宮→所沢)となると鉄道やバスを複雑な乗り換えをしないといけないくらい県内移動が大変だったりします。しかし一旦東京都内の池袋を経由すると乗り換えが1回で済むことも多くなり、埼玉の方々にとっては非常に重要な駅です。

2.池袋の楽しみ方!

池袋の象徴「サンシャイン」!

池袋の象徴といえば239.7メートルの高さを誇る「サンシャイン60」を思い浮かべる方は多いと思います。戦後通称「巣鴨プリズン」と呼ばれた巣鴨拘置所の跡地に建設され完成した1978年当時は日本はおろか東洋一の高さを誇っていました。駅から「サンシャイン通り商店街」が延び、ビル内は「サンシャインシティ」というショッピングモールになっており連日多くの方で賑わっています。

この他にも水族館に展望台、劇場や博物館などの娯楽施設があったり、会議室、ハローワーク、パスポートセンター、バスターミナルなど公的な施設も数多く入った複合的施設です。

サンシャイン60

・サンシャイン水族館
サンシャインシティがグランドオープンした1978年10月に同時に開館した水族館です。ワールドインポートマートビルというビルの屋上にあるのが特徴でサンシャインシティ1Fにある専用エレベーターで行くことができます。デンキウナギやクリオネ、マンボウなど比較的珍しい生物を展示しています。この他にも「アシカショー」やペンギンが泳ぐ姿を下から眺めることができる「天空のペンギン」、サンゴ礁を再現した「サンシャインサンゴ礁」などを楽しむことができます。

・サンシャイン60には展望台
海抜251メートルの高さから360°見渡せるため新宿の高層ビル群や東京スカイツリーはもちろん、東京ディズニーランドや天気がよければ筑波山を眺めることができます。そしてVR型のアトラクション「SKY CIRCUS」があり251メートルの高さから、見て感じてそして驚いてというような体験型の娯楽も楽しむことができます。
サンシャインシティのB1Fにある専用エレベターより向かうことができます。また、夜10時まで営業(最終入場は夜9時まで)しているので食事の後などに高さ251メートルから眺める360度の夜景を楽しむことができます。

「東は西武で西東武」をはじめ大型百貨店が充実!

池袋駅の西口側には「東武東上線」、東口側には「西武池袋線」と鉄道会社が方角あべこべで乗り入れています(理由は割愛しますが…)。その駅に直結して西口には東武百貨店、東口には西武百貨店が構えており、サンシャインと共に池袋の象徴となっています。この他にも西口にはルミネ、東口にはパルコがあり、専門店で言えばビックカメラにヤマダ電機、ジュンク堂書店の大型店も池袋に出店しています。

池袋西口の東武百貨店

3.変貌を遂げる池袋

女の子のアニメ好きは秋葉原、中野でなくここ池袋に!

通称:乙女ロード

東京のオタクの聖地といえば秋葉原や中野がまず先に思い浮かぶと思いますが、ここ池袋もアニメオタクが集まるオタクの街で「3大聖地」の一つに数えられていたりします。

サンシャインシティの東側に通称「乙女ロード」と呼ばれるアニメグッズを取り扱ったお店が軒を連ねています。客層が女性が多いことからだんだん女性向けにシフトしていき、今では「腐女子(ボーイズラブ作品が大好きな女の子)」と呼ばれるアニメオタクを中心に数多く訪れています。

アニメイト池袋本店。9階建ての大型店舗で最上階にはイベントスペースがあります。

都内屈指のラーメン激戦区!

池袋は都内随一のラーメン激戦区で人気店が数多く出店しその数120店舗とも言われています。池袋駅を中心にあらゆる場所にお店が並び、休日やランチタイムだけでなく終日行列が絶えないお店も数多くあります。池袋は学生やカップルが多く、学生向けに大盛りを無料にしたり女性向けにデザートメニューを充実させたりとターゲットを絞って他店と差別化を図っているお店も多いです。

新しくなった南池袋公園

区画整理事業により生まれた公園です。平成21年9月14日より平成26年度まで、公園整備工事などで閉鎖されていましたが、平成28年4月2日(土)全面開園しました。

以前の南池袋公園は、とても治安が悪い場所として有名でうっそうとした木々が多く、死角となる場所が多かったため、浮浪者なども多かったのですが、リニューアルにより気を思い切って伐採し、オープンな広場をメインとした公園に生まれ変わりました。公園内では、生産者と消費者の“食を介するつながりの場”を目指したカフェレストランRacines FARM to PARK(ラシーヌ ファーム トゥー パーク)」が営業しています。

ついには、IWGPとしても有名な池袋西口公園も2019年11月にリニューアルされました。以前は、ナンパスポットとカラーギャングで有名だった公園も野外劇場を中心とした公園に生まれ変わっています。

池袋西口公園

北口には都内有数の歓楽街、東には都電荒川線!いろいろな顔がある池袋!

池袋西口(北) ロマンス通り

池袋は駅を中心に高層ビルに百貨店など近代的な建物が建ち並ぶ近代的な街ですがサンシャインの東側に行くと都電荒川線が走っていたりして懐かしい感覚を与えてくれる風情もあります。そして現在は西口(北)と駅の出入口の名称変更した旧北口は都内有数の歓楽街で、飲食店に風俗店など朝まで眠ることなく賑わいを見せています。

レジャー、グルメ、ショッピングなどなど何でもできる池袋に一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

おいしい池袋200 (ぴあ MOOK) |Amazon

¥968(税込)

本当においしいお店200軒を厳選セレクトでご紹介!
注目のニューオープンから、定番のラーメン、中華、酒場などはもちろん、
ランチにおすすめのお店までをわかりやすく紹介しています。

left

この記事のアドバイザー

left

何でもチャレンジ系男子




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ