「はじめて」をわかりやすく。

阿曽山大噴火さんに聞いてきた「はじめての裁判傍聴」(後編)

阿曽山大噴火さんに聞いてきた「はじめての裁判傍聴」(後編)

エンタの神様などテレビでもお馴染み裁判ウォッチャーと言えば、阿曽山大噴火さん。1週間のうちに5日は裁判所へ傍聴へ赴くという裁判傍聴のオーソリティとも言える方に、はじめて行った裁判傍聴についてやはじめて裁判傍聴に行く時の心構えなどをインタビュー取材で直撃してきました!

コダケン

この記事のアドバイザー

コダケン

プロレス好きカルトライター


OPEN

目次

阿曽山大噴火さんにとっての裁判傍聴とこれからについて

――裁判を身近に感じるようにされた立役者とも言えると思いますが、裁判所との関係性はどうなんでしょうか。

阿曽山大噴火さん>
裁判所側にはあまり好かれてないと思いますね。所持品検査でもひと悶着、ふた悶着ありましたね。工事バイトの仕事が終わった後にそのままの服装で安全靴のまま裁判所に入ったら怒られました。あとは、荷物札についても非効率だとクレームしたこともあります。あと、俺一人だけのせいではないと思いますけど、裁判の開廷表も公開しなくなったことも、裁判ウォッチャーが増えた影響があるかも知れません。

そう言えば、裁判員裁判が始まった時に作られたポスターがあって、それをトークライブの時に張りたいと裁判所の広報にお願いしたら、却下されたりしていますね。

裁判員裁判が始まった時のイメージキャラクターも俺じゃなくて、「ザ・たっち」でしたからね(笑)他の芸人さんとか、割と裁判所のキャンペーンなどに起用されてたりしますね。俺は全然起用されません(笑)


――裁判傍聴を通して、伝えていきたい事などあったりするんでしょうか。

阿曽山大噴火さん>
特にはないんですけど、裁判についてを文章に書くとか話す機会が多いので、事件についてをきちんと伝えていきたいとは常々思っています。
すごい大きいこと言えば、人間って面白いよねってところなんですけど、自分のタイプとしては細々した例を挙げるタイプでやってきているので、こんな変な事ありましたよ~とかこんなやり取りやってましたよって事だけなんですよね。注意喚起と言った気持ちはありませんけど、そう取ってもらう人がいてもいいかなって感じです。

書籍にサインをいただきました。

――阿曽山大噴火様にとっての「裁判傍聴」とは、どんなものなんでしょうか。

阿曽山大噴火さん>
数ある仕事のうちの1つってのが、正確な感じでしょうかね。特に裁判傍聴に拘ってるつもりもなくて、他にも新興宗教とか面白い事件の取材とかのひとつですね。仕事があるうちは続けますけど、需要がなくなれば行かなくなるんじゃないでしょうか。

やっぱり、ネタのひとつでしかないですね。毎週連載やラジオなどがあるので、行かないと仕事にならないですからね。裁判傍聴をやめて、新興宗教に取材してくれって言われれば、新興宗教に通ったりすると思いますよ。

仕事無くなったら裁判傍聴に行かなくなるかってのもよく聞かれますけど、月に1回くらい行くかなと思ってますね。それもどこかで使う話のネタにしようといったスケベ心がありますけど。


――裁判傍聴以外にハマっている事などあれば、教えてください。

阿曽山大噴火さん>
他に、ハマっている事は「ボードゲーム」ですね。本当はボードゲームのお店でアルバイトしたかったんですけど、面接に4社くらい落ちちゃって。今は、ボードゲームのwebサイトで連載持たせてもらってます。


――最後になりますが、はじめて裁判傍聴をする読者に向けて一言をお願いします。

阿曽山大噴火さん>

やっぱり、メモ取りながら見た方が分かりやすくないっすかって事ですよ。傍聴した裁判の全部を記憶できる人がいるなら、メモしなくても良いと思いますが、どうせ傍聴するならメモは必ず取ってほしいですね。

裁判所側への要望は、傍聴した内容をきちんと伝えたいので、録音とかができるようになるといいですね。被告人とか状況をなるべく正確に伝えたいとは心がけているので、メモだけだとどうしても正確性に欠ける部分が出てきてしまうので、録音できると正確に伝えられるので、法廷でも録音したいですね。

裁判狂事件簿---驚異の法廷★傍聴記 (河出文庫 あ 15-2) | 阿曽山大噴火 | Amazon

¥680(税込)

報道された事件は、その後どうなったのか?ドラマは裁判にある。東にアヤシい法廷あれば行って傾聴し、西に濃いキャラの被告人いれば行ってスケッチし、みんなに暇人と呼ばれ、褒められもせず、いつも静かにメモしている。そういう日本一の傍聴マニアがおくる驚異の事件簿。監禁王子、ニセ有栖川宮事件ほか、全三十五編。

26 件
コダケン

この記事のアドバイザー

コダケン

プロレス好きカルトライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ