「はじめて」をわかりやすく。

サックスをはじめよう!初心者でも分かるサックスのはじめ方

サックスをはじめよう!初心者でも分かるサックスのはじめ方

ジャズ喫茶に行くと、格好良いサックス演奏が流れています。思わず、憧れてしまいますよね。自分もサックスを吹いてみたい!吹奏楽部で初めてサックスを演奏することになったとき、どんな準備が必要でしょうか?自分の楽器は購入したほうがいいのでしょうか?サックス演奏のイロハをみていきましょう。

ぶちうに

この記事のアドバイザー

ぶちうに

スポーツ好き元塾講師


OPEN

目次

2. マイサックスを購入しよう!

よく使われるサックス4種類の特徴とお値段!

演奏でよく使われるサックスは、全部で4種類あります。「ソプラノ」「アルト」「テナー」「バス」の4種類です。中学や高校の吹奏楽部でお目にかかるサックスは、ほとんどこの4種類のサックスだといってよいでしょう。1つずつ、みていきます。

1つめは、ソプラノサックス。値段は10万~150万。

よく使われるサックスの中では、最も音域の高いタイプです。甘くきらびやかなサウンドが大きな魅力で、サクソフォン四重奏などでも特に、聴き手の注目を集めるパートを担ってきました。他のタイプのサックスを引っ張る、リーダー的ポジションの奏者が担当する楽器として有名です。直線的なフォルム。

ammoon LADE セット ストレート Bbソプラノサックス サックス 彫刻入り | Amazon

¥28,369(税込)

ソプラノサックスは大変明るい音色で、吹き方次第で叙情的な表現をすることが可能。パワフルな中に、繊細で奥行きのある音色を響かせるソプラノ。その澄みきった高い音色により聴く人を魅了します。長時間の演奏でも疲れにくく上達を手助けしてくれます。発音性と音色の均一性が格段に向上しました。

2つめは、アルトサックス。値段は2,3万~150万。

全サックスの中で、最もポピュラーなタイプの楽器です。ネックが曲がりながら折り返すような構造が特徴で、「サックスといえば、クネッと曲がったデザイン」という一般的なイメージは、アルトサックスから来ています。サックスの定番として独奏したり、主旋律を奏でたりする楽器です。初心者が学ぶ定番楽器。

アルトサックス 初心者入門セット | Amazon

¥34,400(税込)

華やかで鋭い響きと、柔らかく優しい響きをバランスよく兼ね備えたアルトサックス。幅広いジャンルで活躍し、ソロを担うことも多い花形的な存在です。音が比較的出しやすく運指にも優れた機構を持つため、初心者の方にもおすすめの管楽器です。

3つめは、テナーサックス。値段は5,6万~200万。

アルトサックスと並んでポピュラーな楽器です。主旋律を担当する音域を持ちつつもやや低めで渋いサウンドが魅力的です。豪快な華やかさとメインの楽器としてのキャッチーさを併せ持っている楽器です。ジャズやポップスでも頻繁に使われていて、ソロを務めることも多くなっています。

ヤマハ YAMAHA テナーサックス スタンダード YTS-380 | Amazon

¥179,900(税込)

ティアドロップフロントFキイ、左手シーソーキイなど操作性の向上が、演奏者のパフォーマンスを引き出します。キイガードは調節可能なネジ式ストッパー付きで、プロ使用モデル譲りの外観です。上下位置や角度の調整可能な指掛けで、長時間の演奏でも指に負担がかからず快適です。

4つめは、バリトンサックス。値段は20万~200万。

よく使われるサックスの中では、一番、音域の低いタイプです。アンサンブルの中では低音楽器として使用されることが多く、一般的にはあまりソロで使われることはありません。一方で、近年は楽器としての人気が高まっていて、ソロ楽器として使用されることも多くなっています。空間に響き渡るような、重厚なソロ演奏のサウンドが大きな魅力の楽器です。

ヤマハ YAMAHA バリトンサックス YBS-62II | Amazon

¥757,350(税込)

力強く澄み渡る響き、正確なイントネーション、快適なレスポンスで、世界中のトッププレイヤーに愛され、地位と信頼を得たモデル。独自のオクターブメカニズムを採用し、キイの操作性が向上し、よりスムーズなオクターブ跳躍を可能にしています。メカニズムを採用し、キイの操作性が向上し、よりスムーズなオクターブ跳躍を可能にしています。

はじめての楽器は、アルトサックスを

吹奏楽部でサックスを演奏する場合、サックスはどんな種類のものを選べばよいのか、迷いますよね。実は、音楽教室や吹奏楽部ではじめに学ぶ楽器はアルトサックスであることが多いのです。楽器の大きさや、息を入れる量がサックスの中では手頃なことから、アルトサックスがチョイスされるといってよいでしょう。「アルトサックスからはじめると、一番、無理なく演奏できるようになる」と、一般にいわれています。

楽器の種類にもよりますが、値段には幅があります。サックスのお値段の違いは、そのまま楽器の性能の高さに比例しています。高価なサックスほど、楽器自体の耐久性が高く、吹きやすく、音色の幅は広く、よりよい音と響きが保証されるサックスなのです。

では吹奏楽部で演奏する場合、どれぐらいの価格帯のものを選べばよいのでしょうか。吹奏楽部でサックスを使用する場合、ハードな環境で使用されることが考えられます。毎日の練習は、最低でも1、2時間。更にコンクールのときには、トラックに楽器を乗せて運搬します。

以上のことを踏まえ、楽器自体の耐久性に加えて、その楽器のポテンシャル(音程の安定性と、いかに幅広い演奏表現がしやすいか)を重視して選びましょう。この両面を兼ね備えるのは、20万円以上の価格帯のアルトサックスです。

Jマイケル アルトサックス AL-500 | Amazon

¥43,800(税込)

コストパフォーマンスの高い入門モデル。専用セミハードケース付き。手持ち、肩掛け、リュックで使用可能。楽器が届いてからすぐに演奏ができるように、検品、調整、セッティングを経て出荷しています。アルトサックス本体、ケース、マウスピースセット・リード2枚・ネックストラップ・クリーニングクロス・取扱説明書・保証書・運指表。

購入するのは新品・中古?

・新品のメリットとデメリット

新品の楽器のメリットは、誰も使っていないから安心して使えることにあるでしょう。メーカー保証もついていて、長く使用することができます。定期的なメンテナンスを行えば、楽器のトラブルも起きにくいです。

新品のデメリットは、値段が中古より高めであること。ジャズを吹く方にとって、名盤といわれるレコードやCDの収録当時の音を再現するのが難しいことです。

・中古のメリットとデメリット

新品より価格が安く、現在、生産されていないモデルも手に入りやすいのが、中古のメリットです。楽器の生産当時の音を楽しむことも可能です。

中古のデメリットは、一度、人手に渡った楽器なので、以前の持ち主の癖が残っており、自分に合った楽器を選ぶのが難しいところです。定期的にメンテナンスを行っても、新品よりは壊れやすくなります。メーカー保証もありません。

これから楽器をはじめる方は、楽器そのもののメンテナンスに時間を取られないよう新品を選びましょう

45 件
ぶちうに

この記事のアドバイザー

ぶちうに

スポーツ好き元塾講師




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ