「はじめて」をわかりやすく。

栄養満点!初めての豆腐生活で健康的な体を手に入れよう!

栄養満点!初めての豆腐生活で健康的な体を手に入れよう!

夏は冷奴、冬は湯豆腐と年中楽しめる豆腐。実は豆腐は栄養満点で、ダイエットなどにも効果的なのをご存じでしょうか?今回は、豆腐を積極的に取り入れた食事を始めたいという方に、豆腐を食べることのメリットや期待できる効果、豆腐を長期的に飽きずに美味しく食べる方法をご紹介します。

えりりこ63

この記事のアドバイザー

えりりこ63

元日本語教員で2児の母


OPEN

目次

3.これで続く!飽きない豆腐の食べ方3選

栄養たっぷりの豆腐を継続して食べることで、体に嬉しい効果が期待できることがわかりました。しかし、豆腐はほとんど味がなく、毎日だと飽きてしまう、続けられなさそう、と思う方もいるかもしれません。初めての毎日豆腐生活は、食べ方を工夫して飽きないようにすることが重要です。最後に、美味しく楽しく続けられる豆腐の食べ方をご紹介します。

豆腐の使い方は無限大

①冷奴は薬味や乗せるものを工夫して

豆腐と言えば冷奴、というイメージが強い方も多いのではないでしょうか。お皿に乗せてサッとお醤油をかけて食べられる冷奴は手軽ですが、毎日コレでは確実に飽きます。飽きない冷奴にするならば、薬味や乗せるものを工夫しましょう。

例えば、

・ネギ
・大葉
・オクラ
・ミョウガ
・キムチ
・納豆
・のり
・食べるラー油


など。かけるのもお醤油だけでなく麺つゆやポン酢、白だしなど工夫してみてください。豆腐サラダとして、ドレッシングをかけてレタスやキュウリなどと一緒に食べるのもオススメです。冷奴はおかずとしてはもちろん、お酒のツマミにも最適。キムチ豆腐や納豆豆腐などは食べ応えもあり低カロリーなおつまみとして大活躍してくれます。

②お鍋で野菜と豆腐を同時に摂取

冬場は冷奴では寒い、という場合にオススメなのは鍋。鍋は野菜や魚、お肉など豆腐以外の食べ物も同時に摂取することができます。たっぷりの野菜と豆腐で栄養満点。心も体もポカポカになれる鍋は、野菜をザクザク切って入れるだけと調理も簡単です。また、鍋のだしの味を変えれば全く違うものになるので、毎日食べても飽きることはありません。

家族や友人、恋人とワイワイ鍋を囲むのも良いですし、最近は1人鍋用の土鍋や鍋の素なども販売されているので、1人暮らしの方も手軽にお鍋を楽しむことができます。湯豆腐も良いですが、せっかくなら野菜や魚、お肉も一緒に食べて栄養バランスを整えましょう。

味の素 鍋キューブ 鶏だし・うま塩 58g×3個 | 味の素 | 鍋の素 通販|Amazon

¥896(税込)

醤油・塩などの調味料と、肉や魚介・野菜のおだしがぎゅっと詰まったキューブ状の鍋用調味料です。

③お米や小麦粉の代わりに豆腐を取り入れよう

豆腐ダイエットでは主食を豆腐に置き換えると良い、と前述しました。ダイエット目的で豆腐を食べる方は、麺やお米の代わりに豆腐を食べましょう。筆者も豆腐ダイエットを行っていた時期がありますが、お米の代わり、ということでカレーなどを豆腐にかけることもありました。前述のように納豆やネギ、オクラなどを乗せた豆腐は立派な主食になりますし、食べ応えもあります。

麺が食べたいときには豆腐で作った麺も販売されているので、そういったものを通常の麺と置き換えると良いでしょう。時間がある人はおからや豆腐を入れてパンケーキやパンを作る、豆腐でアイスを作るなど、デザートなどにも豆腐を取り入れてみてください。自分で作るのは楽しいですし、どんなものが入っているか勉強にもなり、ますます栄養への関心が深まると思います。

豆腐生活で健康的な身体を手に入れましょう

豆腐を食べることにはたくさんのメリットがあります。栄養が豊富でダイエットや便秘解消、美容、健康に効果的な豆腐なので、ぜひ毎日の生活に取り入れてみてください。豆腐を美味しく食べ続けるための工夫は、慣れるととても楽しくなってくるはずです。初めての毎日豆腐生活で、ますます元気な体を作っていきましょう。

忙しくて余裕ない日は、豆腐にしよう。 | 今泉 久美, 女子栄養大学栄養クリニック |本 | 通販 | Amazon

¥1,320(税込)

「家ではなるべく体にいいものが食べたい」「帰りが遅くておかずを作る時間がない」そんなときは豆腐に頼ろう!知っておくと心強い!絶品レシピ67。

1 2 3
Next >
36 件
えりりこ63

この記事のアドバイザー

えりりこ63

元日本語教員で2児の母




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ