「はじめて」をわかりやすく。

好きな人と距離を縮めよう!あげて貰って嬉しい初めてのバレンタインデー!

好きな人と距離を縮めよう!あげて貰って嬉しい初めてのバレンタインデー!

2月14日は女の子側から仲良くなるきっかけ作りや感謝を伝える日です。定番はチョコレートを贈りますが、なぜチョコレートを、しかも女の子から渡すのか、そもそもキリストの誕生日など何かと疑問の多いイベントではないでしょうか。今回は初めてバレンタインデーを活用したいと考えている方にご紹介したいと思います。

left

この記事のアドバイザー

left

何でもチャレンジ系男子


OPEN

目次

2. 日本のバレンタインデー

定番はチョコレートのプレゼント

日本でのバレンタインデーは、女性から男性にチョコレートを渡しますが、チョコレートにもランクがあり、「本命チョコ」「義理チョコ」などがあります。

本命チョコは文字通り意中の人に渡すものですが、1970年代後半頃から義理チョコなるものが登場し、本命ではないけど仲のいい男性、家族、クラスメート、職場の同僚などにも比較的安価なチョコレートを渡す風習も生まれました。そして現在に至るようなバレンタインデーの定着も義理チョコの存在が大きいとされています。

さらに女の子同士で贈る「友チョコ」、男性が女性に贈る「逆チョコ」、自分に買う「自己チョコ」など様々な贈り方があり、2月14日は多くの人が様々な理由でチョコレートを購入するようです。

チョコタルト

本命には手作りする人も

本命チョコにはいくつかの特徴があります。
① 高価なもの
② パッケージがおしゃれなもの
③ 手作りのもの
④ リサーチした上で味など相手好みに配慮したもの

などがあり、市販のものを購入するか手作りするか分かれるところです。

購入するなら①②はスーパーやコンビニではなかなか手に入らないものが人気で、ブランド例を挙げるなら「ゴディバ」「モロゾフ」などがあります。③の手作りも根強い人気があり、2020年2月のあるニュース記事の「本命チョコは手作り予定ですか?」といったアンケートでは、

・ 手作り予定 - 39%
・ 手作りしてみたい - 33%
・ 手作りしない - 28%


と全体の7割強の方々が手作り予定、もしくはしてみたいと考えているようです。特に現在はお家で過ごすことを推奨されているご時世なので、普段できないことをやってみるのもいいかもしれません。

明治製菓のホームページでは手作りチョコレートのレシピを公開しています。

チョコアソート

28 件
left

この記事のアドバイザー

left

何でもチャレンジ系男子




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ