「はじめて」をわかりやすく。

大人の教養?初めてからでも理解出来る茶道入門

大人の教養?初めてからでも理解出来る茶道入門

ここ数年の「浴衣ブーム」と、それに次ぐ形で日本の古風な伝統にも注目が集まりました。しかし実際に始めようと思うとハードルが高いと感じる方もいるのでは?でも大丈夫!この記事を読めば、日本人が昔から大切にして来た茶道の伝統とその精神、作法までを理解出来るようになるはず!是非初めて体感してみましょう!

えむこちゃん

この記事のアドバイザー

えむこちゃん

海外在住の職業自由の人


OPEN

目次

1.超入門!「茶道」とは何か?

昔は「茶道」と「生け花」は、女性の教養でしたが、今や茶道は京都などの観光地で体験できるものという認識が強く、習い事として始めるにはハードルが高いと考えている方も多いかもしれません。この記事では茶道とはどんなものなのか?と言う導入とともに、やり方を紹介し、皆さんに少しでも興味を持ってもらえるよう、茶道にまつわるエピソードを紹介していきます。

茶道は女性の嗜みと言われた時代も

歴史からみる「茶道」

「茶道」と聞くと、真っ先に思い浮かぶのは「千利休」ではないでしょうか?しかし、実際の茶道の歴史は古く平安時代には既に遣唐使たちが「お茶」を持ち帰っています。今のようなお茶ではなく「漢方薬」としての側面が強く、一部の人のみがその恩恵を授かっていたそうです。

その後、鎌倉時代になって禅宗を中心として抹茶が普及しましたが、これもやはり一部の特権階級の人のみです。鎌倉時後半〜南北朝時代になると武士による娯楽「闘茶」というお茶の銘柄を当てる遊びが流行りましたが、これは賭博色が強いという理由で禁止となります。

娯楽から武士の社交術、嗜みになっていったのは、ようやく室町(安土桃山)時代になってのことです。

・茶道の開祖「千利休」とは?侘び茶とは何か??
千利休とは「侘び茶」と言うお茶の様式を完成させた人物です。当時のお茶文化は、高価で派手な道具を使って嗜むことが一般的でした。あの豊臣秀吉は「黄金茶室」を作ったことでも有名です。しかし、利休はそういった高価で派手な演出というものを全て排除し「お茶そのもの」を楽しむという方法を実践したのです。

現代だと「侘び茶」は一般的な茶道のイメージに近いと思いますが、実際「侘び」とは、簡素簡略の境地のことを言います。一方で「茶の湯」は、侘び茶よりも少し豪華なイメージとなります。

お部屋に反映される「茶道の精神」

お茶を始める前に知っておきたいのが部屋の構造。ここにも内面の精神性を重視する茶道ならではの秘密がいっぱいあります!茶室に入る前にあるのは「待合」です。

亭主の準備が整ったら、待合のある「外露地」から「内露地」を通り中に入ります。その時に「蹲(つくばい)」と言う手水鉢で「心身を清めて」茶室に入ります。茶室に通じる扉は「にじり口」と言う非常に小さな扉です。刀を外し頭を下げなければ中に入れないように、わざとこのようにしています。これは「茶室の中では皆平等」という利休の精神に基づくものです。

茶室そのものも4畳半程度と小さいのは「茶室での交流がしやすいように」という配慮によるものです。ちなみに天井を見ると、天井の奥行きによって上座と下座がきちんと分かれているのも注目です。

また、夏の時期にはお客様から火を遠ざけるために移動式の「風炉」を使い、冬にはお客様も暖を取れるように畳に埋め込まれている「炉」を使います。こういった心配りまできちんとされているのが茶室なのです。

亭主専用の出入り口からは「水屋」と言って、お茶の準備をする場所につながっていますが、これも道具の位置から順番など全て細かく決められています。

茶室

2.茶道を実践!まずは体験してみよう!

茶道には「人との精神的な交流」や、「精神的内面を重んじる」と言った側面がありますので、華美で煌びやかではなくとも、随所まで行き渡る心配りの精神というのは茶室からも感じられると思います。そう言った心配りの「おもてなし」を受ける身として、最低限知っておかなければならない流れとマナーを紹介致します。

茶道の心得と注意点

さてお茶を楽しむためには、その心遣いを理解し、自分もそれに相応しい態度で臨まなくてはなりません。服装は着物でなくてもフォーマルな格好に。胸元は襟の詰まったもの、そしてストッキングを着用する場合でも、必ず「白の靴下」を履きましょう。大切な茶道具に傷をつけては困るのでアクセサリー類も禁止です。香水も控えましょう。

また、挨拶やお道具を拝見する時に使う「扇子」、お菓子を頂く時に使う「懐紙(かいし)」と「楊枝(ようじ)」も最低限必要です。慣れてきたら袱紗(ふくさ)、数寄屋袋(すきやぶくろ)なども用意していきましょう。

ルールも多い茶道ですが、最初から全てを極めるのは無理です。最低限の礼儀をわきまえて、茶道の精神性に触れながら「学ぶ」姿勢が大切です。

はじめての茶道 入門 お稽古用 盆点前セット 茶道具|Amazon

¥5,980 (税込)

1.山道盆樹脂製(日本製)2.美濃焼、刷毛目茶碗(日本製)3.中棗 高台寺蒔絵黒塗樹脂(日本製)4.織部焼の建水(日本製)5.茶杓 6.茶筅(中国産)食品等輸入届出済。 7.茶巾(片麻) 8.茶筅休め(日本製)

茶道の流れとお作法

茶室に入ったら、扇子を閉じた状態で自分の前に置き、正座をしてご挨拶します。この扇子は「自他の境界を区切る」ことを意味しており、これがあることで相手への敬いの心を表現します。

挨拶を終えたら、茶室の様子をよく眺めましょう。掛け軸や、お花、茶道具は季節によって選ぶものが変わります。このあたりは細かいルールがあるのですが、亭主はあなたのおもてなしのために「それを選んでいる」という心遣いを感じましょう。

続いて亭主からお茶菓子が差し出されますので「懐紙」を使い食べましょう。主人がお茶を点てている間は、静かにそのお点前を見守るのがマナーです。

お茶は「お点前ちょうだいいたします」と言っていただきます。その際、お椀の正面が自分に向いていますが、正面に口を付けてはいけません。必ず時計回りに90度器を回し、正面をズラしていただきましょう。お茶を最後まで飲み干したら、お茶碗の裏側を見せていただきます。

自分でお茶を点てるには?

実際にお茶を点ててもらったものを頂くと、「自分でやってみたい!」という気持ちになってくると思います。本格的な茶道具一式を揃えるのはそれこそ高額ですし、極めるのが難しいのが茶道。

そこで今回は自宅でもお手軽に始められる練習を入門編として紹介致します。必要なものは「茶碗」「茶筅(ちゃせん)」そしてお抹茶!これがあれば始められます。

決められた分量の抹茶をとり篩にかけ、沸騰したお湯を入れます。そして茶碗の底に溜まる抹茶を分散させるように最初は茶筅でゆっくり混ぜます。そしたら次は茶筅を浮かせ、手首を前後に振り、抹茶の表面にきめ細かな泡ができれば出来上がりです。

芳香園 茶道具 お抹茶6点セット (星野園製抹茶 抹茶茶碗 茶筅 茶筅くせ直し 茶杓 説明書) |Amazon

¥3,980(税込)

星野園製の抹茶が付いた可愛いお抹茶6点セットです。初心者の方でも、ご自宅ですぐにお気軽に抹茶を楽しんで頂けるように必要なものだけをセットにしております。綺麗な化粧箱に収納されていますので、贈り物やギフト、海外の外国人の方への日本伝統のおみやげとしてプレゼントにも最適です。

3.もっと知りたい「茶道」の世界

茶道について一通り理解したら、その奥深さに触れ「もっと知ってみたい」と思ったのではないでしょうか?お茶をいただくというのは「飲むだけ」ではなく、その「空間ごと楽しむ」ため、昔はそのための教養も必要でした。そしてルールもたくさん・・・!知られざる茶道の世界をもう少し覗いてみましょう!

これで博識!?茶道通エピソード

茶道を由来とすることわざに、「一期一会」と言うのがあるのをご存知でしょうか?これは「一生に一度の出会いと心得、もてなす側ももてなしを受ける側も互いに誠意を尽くす」と言う意味です。一生のうちに、またと訪れない特別な機会であると言う心構えをせよと言うことです。

そして利休は、その「もてなし」の意味を良く理解していた人物でもあります。ある初夏の日、朝顔があまりに見事に咲くので秀吉を茶会に誘う利休。秀吉はウキウキしながら茶室へ向かいますが庭の朝顔は全て切り落とされた後で「どういうことか!」と怒ります。すると利休は、茶室の中で一輪光る朝顔をみせ「一輪であるが故の美しさです。(だから他は全て詰んでおきました)」と言ったのです。この大胆かつ奇抜で独特な美意識に秀吉は脱帽したと言います。

信長に対しても、物怖じせずに何でも言うことができた利休だからこそ、主従関係・上下関係の厳しかった時代においても「皆平等」の精神で侘び茶を大成することが出来たのでしょう。

茶道の現在とは?

実は茶道の流派というのは500近くあります。しかし現代においては「三千家」と言われる3つの流派が有名です。これは千利休の精神を受け継いだひ孫達が作ったもので、「表千家」、「裏千家」、「武者小路千家」があります。これらは作法が少しずつ違ってきますし、お茶も泡立てるか/泡だてないかなどの違いもあります。

一般的に、習い事教室や茶道体験で行うものは「裏千家」が多いようですが、もし茶道体験などに行かれる機会があったら、流派は事前に確認しておくと流れが掴みやすくなるかと思います。

千利休屋敷跡

茶道は日本の文化を楽しむということ

お茶のいただきかた1つを取っても、お客様へ一番良い絵柄を向けて出す亭主と、口を付ける所をずらす客人という構図に茶道の精神をみてとれました。

しかし、「茶道」は歩き方、襖の開け方、お辞儀の仕方、扇子の置き方、お菓子のいただき方といったことまで、ほぼ全てに独特のマナー、所作があります。これらの所作が私たちの精神性までを形作っていたと思うと、何とも興味深いものです。

ここで興味を持ったら、是非他の日本伝統文化にも触れてみましょう。きっと面白い発見があるはずです・・・。

入門した人、したい人のための茶道(chado)BOOK (淡交ムック) | 淡交社編集局 |本 | 通販 | Amazon

¥1,320(税込)

「お茶」をしてみたいけど、抹茶は苦いし、正座はできないし、お金がかかりそうだし・・・と思っている方、大丈夫です。稽古を始めたら、どんなことをするのか、どんなことがわかるのか、こっそりお教えします。稽古を始めたけれど、わからないことばかりで・・・という方も安心してください。10のテーマを掲げて理解を助けるとともに、稽古を続けると、どんな世界が待っているのか、究極の世界を垣間見ていただきます。茶道入門の前にも後にも役立つ一冊です。

えむこちゃん

この記事のアドバイザー

えむこちゃん

海外在住の職業自由の人




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ