「はじめて」をわかりやすく。

【はじめての三国志】はじめて三国志を学んでみたいという方に向けて

【はじめての三国志】はじめて三国志を学んでみたいという方に向けて

日本では三国志が老若男女問わず非常に人気があります。個性あるれるキャラクターに惹き込まれるストーリー。漫画や小説のみならずアニメやゲームの世界でも三国志を題材にしたものは多いです。ここでははじめて三国志を学びたいという方に向けて、おすすめの楽しみかたをお伝えします。

ソルティライチ

この記事のアドバイザー

ソルティライチ

副業で稼ぐ銀行マン


CLOSE

目次

1.三国志の魅力とは

三国志に登場する魅力的な登場人物

三国志とは古代中国を題材とした物語ですが、日本で非常に人気があります。最近では映画やゲームなどの影響もあり、世界的にも人気を博しています。その人気の秘密はなんと言っても魅力的な登場人物にあるでしょう。

主人公であり、貧しい暮らしでありながらも高貴な血筋を引く蜀(しょく)の劉備(りゅうび)。その劉備と義兄弟の契りを結ぶ勇将、関羽(かんう)と張飛(ちょうひ)。劉備の参謀であり、非常に頭の切れる諸葛亮(しょかつりょう)。悪役ながらもその才能で人々を引きつける魏(ぎ)の曹操(そうそう)。劉備と曹操と天下を三分する呉(ご)の孫権(そんけん)など、主役級の登場人物ももちろん人気なのですが、三国志の本当の魅力はこれらの主役を支える脇役たちにあるかもしれません。

曹操軍に包囲される絶体絶命の状況下で劉備の子供と妻を救出した猛将、趙雲(ちょううん)。悪役ながらその圧倒的な武勇で一定のファンがいる呂布。眉目秀麗で赤壁の戦いの指揮をとった呉の周瑜(しゅうゆ)など、枚挙に暇がありません。

史実をもとにしたストーリー

三国志は基本的には創作であり、史実とは異なります(詳しくは後で書きます)。ですが、概ね史実に沿ったストーリー展開であり、現代の歴史小説のようなものです。ここからはネタバレを含みますので、三国志のストーリーをじっくり楽しみたいという方は読むのをご遠慮ください。

時代は後漢時代の末期、世は乱れ、黄巾の乱という道教の一派による大規模な反乱が起きています。そんな中この反乱を鎮めるため、劉備や曹操といった英雄たちが義勇軍として立ち上がります。劉備や曹操の活躍もあり黄巾の乱は鎮まりますが、董卓という人物が皇帝の摂政的な地位につき暴政を敷きます。これに対し曹操らが連合軍を組み対抗しますが、董卓の部下である三国志一の猛将、呂布相手に苦戦します。その後、連合軍は解散し、曹操などが各地に根拠地を作り、世は群雄割拠の時代になります。この中からしだいに蜀、魏、呉の三国にまとまっていき、最終的には魏が蜀を滅ぼし、その後継国家である西晋(せいしん)が呉を滅ぼして天下を統一します。

万里の長城は三国志より前に建設が始まりました

2.三国志の原点

『三国志演義』の世界

一般に我々が普通に三国志という場合、そのストーリーやキャラクターは基本的に中国の明の時代に書かれた歴史小説「三国志演義」をもとにしたものを指します。この小説は史実の三国時代をもとに、様々な創作を含めたものです。作者は諸説あり、はっきりしません。

中国の四大奇書の一つに数えられています(ちなみに残りの3つは「水滸伝」「西遊記」「金瓶梅」です)。この「三国志演義」ですが、もととなるストーリーは既に先立つ宋や元の時代にすでに原案があったとされヨーロッパでいうアーサー王伝説や、日本の平家物語のように、口承で伝えられていたのかもしれません。

この「三国志演義」、すでに各国語に翻訳されており、日本でも出版各社がそれぞれ翻訳者を用いて「三国志演義」を出版しています。三国志の原点にさかのぼってみたいという人はこれらの「三国志演義」を読んでみても良いかもしれません。

三国志演義 (一) (講談社学術文庫)|Amazon

¥2,013(税込)

二世紀末、後漢王朝が崩壊する。群雄割拠の時代、魏、蜀、呉は三つ巴の戦いに突入。「三国時代」である。千年の時を経て、膨大な「三国志」物語群、資料を整理・編纂し、『三国志演義』が成る。史実と虚構を巧緻に交錯させ、驚異の物語世界が現出する。

史実の三国時代

この「三国志演義」が舞台とした実際の三国時代とはどんな時代だったのでしょう。この時代については西晋時代に陳寿(ちんじゅ)によって書かれた歴史書(歴史小説ではない)「三国志」に詳しく書かれています。こちらの「三国志」は魏の後継国家である西晋の官僚であった陳寿によって書かれたため、魏を正統の王朝とし、蜀や呉はいわば地方政権的な扱いをされています。

では、なぜ「三国志」では脇役的な扱いの蜀が「三国志演義」では善玉扱いされ、魏が悪玉扱いされたかは、蜀の劉備が漢の帝室の血を引いているといるということに着目したからでしょう。ですので、蜀のことを蜀漢と呼んだりもします。実際後漢が魏によって滅ぼされたあと、劉備は自分の国のことを後漢を継ぐものとして漢と名付けました。蜀は劉備が本拠とした地方の名称で、あくまでも他称です。

ちなみに前述の陳寿が書いた歴史書「三国志」には日本のことも書かれています。有名な「魏志倭人伝」です(正確には「三国志」の中の魏書東夷伝倭人条)。この中で日本の邪馬台国や卑弥呼のことが書かれています。

正史 三国志 全8巻セット (ちくま学芸文庫)|Amazon

¥13,200(税込)

Amazonで陳 寿, 裴 松之の正史 三国志 全8巻セット (ちくま学芸文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。

3.三国志を題材としたもの

三国志を題材に小説・漫画化・映画化されたもの

三国志は現在様々なメディアによって取り扱われています。前述した「三国志演義」や「三国志」、もしくは三国時代を扱った歴史書より、小説や漫画・ゲームなどから三国志に入った人が多いのではないでしょうか。

そういう私も横山光輝氏が描いた漫画、「三国志」から三国志の世界に入りました。この横山光輝の「三国志」は吉川英治氏の小説「三国志」をもとにしています。吉川英治氏以外にも柴田錬三郎、北方謙三、宮城谷昌光、陳舜臣氏などが三国志の小説を書いています。他にも新進気鋭の作家たちが三国志を題材に取ることもあります。他にも、曹操を主人公にした漫画、「蒼天航路」も非常に人気があります。

蒼天航路(1) (モーニングコミックス) |Amazon

¥660(税込)

“乱世の姦雄”と呼ばれ、中国史上に巨大な悪名を残した英雄・曹操孟徳。だがその破格な生き様は、天に愛された者のみが持つ輝きに満ちている。この物語は、その輝きによって照らし出される新たな「三国志」である。

また、「レッドクリフ」として映画化もされており、これは魏と蜀、呉連合軍の戦いである赤壁の戦いを描いたもので、主人公である諸葛亮を日本でも有名な金城武が演じています。その他、最近では「三国志 Three kingdoms」としてドラマ化もされています。他にも中国では何回も三国志は映像化されています。

レッドクリフは現在「U-NEXT」で配信されており、今なら無料トライアルもお試しいただけます。

三国志を題材としてアニメ・ゲーム化されたもの

上に書いた横山光輝の「三国志」はアニメ化もされています。また、三国志を扱ったゲームはまさに枚挙に暇がなく、有名なコーエー社のシミュレーションゲームである「三國志」や格闘ゲーム「三國無双」のほか、セガのスマートフォン向けゲームアプリ「三国志大戦」などなど、昨今のスマートフォン向けゲームアプリの隆盛と比例して、三国志や三国志に出てくるキャラクターを扱ったものは市場にあふれています。これらのゲームではキャラクターたちが非常に美麗に、いわばイケメンに描かれており、女性ファンも多くなってきています。

また、陳寿の正史「三国志」ではあまり描かれない女性登場人物も非常に多く、また美女に描かれており、やや男臭い三国志の世界に華を添えています。歴史書や小説はちょっと難しくて読む気がしない。コーエーの「三國志」も難しそう、という方は気軽に始められるスマートフォン向けゲームから入ってみても良いかもしれません。

三國志14 - PS4|Amazon

¥7,996(税込)

古代中国を舞台にした大人気歴史シミュレ-ションゲーム
君主となって大陸全土を染め上げろ!
美麗に描かれた広大な一枚マップを舞台に、複雑に絡み合う戦況を読み、最善の「戦線」を描いて敵の領土を奪え。

三国志の世界を楽しむ

三国志の楽しみ方は人それぞれです。陳寿の正史「三国志」を読んで「三国志演義」との違いを楽しむのもよし、三国時代を扱った歴史の研究書を読んで三国時代を掘り下げてみるのもよし、三国志を題材にしたゲームや漫画を楽しむのもよし、入り口はたくさんあります。

これからも日本の三国志人気は続くでしょうし、最近では情報社会化や現代中国の発展とそれに伴う影響力増大によって欧米にも三国志は広まってきています。2020年には「新解釈・三國志」という国産映画が公開予定で、主人公の劉備は大泉洋さんが演じています。また、三国志検定というものもあり、三国志の知識に自身があるとうい方は受けてみるのも良いかもしれません。

それでは、これからも三国志の世界を楽しみ、より三国志の世界に親しんでいただけたらと思います。私も一歴史ファンとして、これからも三国志を巡る動向に目が離せません。

ソルティライチ

この記事のアドバイザー

ソルティライチ

副業で稼ぐ銀行マン




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ