「はじめて」をわかりやすく。

初めての折り紙は簡単なレベルから!オススメ本などもご紹介します!

初めての折り紙は簡単なレベルから!オススメ本などもご紹介します!

江戸時代から令和まで愛され続ける娯楽の1つ、折り紙。折り紙は子供の遊び道具だと思う人も多いかもしれませんが、大人の趣味としても十分楽しむことができますよ。今回は折り紙の歴史から、現代にある個性的な折り紙や折り方まで、初めての折り紙が楽しくなる様々な情報をご紹介します。

えりりこ63

この記事のアドバイザー

えりりこ63

元日本語教員で2児の母


OPEN

目次

1.歴史の深い折り紙には協会や資格まで

子どもの遊びやお年寄りの手の体操などに用いられることが多い折り紙ですが、その歴史は7世紀までにもさかのぼります。大陸から紙の製法が伝わり、神事に紙が使用されるようになると、お供え物や贈り物を包むのに美しく折ることが好まれるようになりました。これが「折り紙」の始まりだと言われています。その後現代まで長い間親しまれてきた折り紙には、協会や資格制度まで生まれました。

折り紙は海外でも人気に

長い歴史を持つ折り紙

7世紀ごろから始まった折り紙文化ですが、庶民に広まったのは江戸時代に入ってから。紙の生産量が多くなったこともあり、神事などとは関係なく娯楽として愛されるようになりました。1797年に出版された「秘傅千羽鶴折形」は、世界最古の折り紙本であり、折り紙ファンの中ではよく知られています。

その後明治時代になると、幼稚園や小学校などで教育として折り紙が取り入れられていきます。1枚の紙が様々な形に変化する折り紙は今や世界中で親しまれ、日本発祥の伝統的な文化の1つとして誇れるものとなっています。

1973年には「日本折紙協会」が創設

長い歴史を持つ折り紙の伝承と発展、国内外への普及を目的に、1973年10月には「日本折紙協会」が創設されました。日本折紙協会では折紙の素晴らしさを多くの人へ伝えるため、「月刊おりがみ」をはじめとした雑誌などの出版活動、「世界のおりがみ展」などの展示活動、国際交流活動など幅広い活動で「折り紙界」を盛り上げてきました。そのおかげもあって協会の会員数は全世界で約10000人となり、日本折紙協会の活動に成果があったことがわかります。

その後2002年に日本折紙協会が出資をし、「株式会社日本折紙協会」を設立。これまでの任意団体「日本折紙協会」に代わり折り紙に関する雑誌・書籍の出版や販売、イベント開催などを担うこととなりました。更に2008年には非収益事業を担う「一般社団法人日本折紙協会」を設立し、株式会社と事業を分担しながら折り紙の普及や発展にますます注力しています。

「折紙講師」の資格も存在!

折り紙の普及や発展のための団体、「日本折紙協会」では「折紙講師」という資格も設けています。この折紙講師になるためには、

①日本折紙協会の会員である
②16歳以上である


という2つの条件をクリアしていなければなりません。折紙講師はこの条件を満たし、かつ折り紙の実力が認められた人であれば、誰でも取得でき、資格を持っていれば日本、そして世界中で「折り紙教室」を開講できることができるほか、各地の介護施設や児童館、教育機関などでも折り紙の指導をすることができるのです。

2.折り紙ミュージアムや博物館で折り紙について知ろう

長い歴史、協会、資格認定など意外にも奥が深い折り紙。そんな折り紙についてもっと知りたい、素晴らしい作品を間近で見てみたい、と思うのであれば折り紙に関する博物館へ足を運ぶのはいかがでしょうか?全国には様々な折り紙に関する博物館がありますので、近いところに立ち寄る、旅行の際にちょっと寄り道してみると、折り紙への関心や理解がより深まるのではないでしょうか?

蝶の折り紙

石川県加賀市「日本折紙博物館」

石川県加賀市には、5000種類、約10万点の作品を展示した「日本折紙博物館」があります。色とりどりの花が折り紙で作られた「おりがみ庭園」や、顕微鏡を覗くと見られる小さな折り鶴、折り紙で再現した恐竜が迫力満点の「恐竜ランド」など、どれも見ごたえたっぷりな折り紙作品ばかりです。また、折り紙の歴史をたどれるスペースもあるので、お子さんの自由研究などにも良いかもしれませんね。

「日本折紙博物館」は、「御菓子城加賀藩」内にあります。駐車場も広く、加賀の伝統菓子を楽しめる場所も敷地内にありますので、折り紙見学のあとはおいしいお茶とお菓子でほっと一息つくのも良いかもしれません。

東京都墨田区「東京おりがみミュージアム」

東京都墨田区にある「東京おりがみミュージアム」は、日本折紙協会の事務局もある本家本元とも言える折り紙の博物館です。数々の折り紙作品が展示される常設展示場のほか、俺が見に関連する書籍が集められた資料室、更に講習室では折り紙教室も開催されています。完成度の高い作品の数々には感動を覚えます。

売店では書籍や、珍しい和紙の折り紙なども購入できます。お子さまはもちろん、大人も童心に帰って純粋に作品と触れ合うことができる、そんな空間となっています。

広島県三次市「こぶしの森 折り紙博物館」

廃校となった小学校を改装した研修施設「こぶしの森体験の館」内にある「折り紙博物館」。こちらに展示されているのは約150点と他の博物館に比べて少ないですが、アニメキャラクターなど個性的な作品もあって満足度は高いです。

こちらの博物館は高校生以下無料、大人は200円とリーズナブルに見学ができるのもポイント。また、事前に予約をすれば折り紙体験もできるので、ぜひ予約をしてから足を運んでみてください。趣深い廃校内で見る、折る折り紙は、また違った雰囲気で楽しめることでしょう。

こぶしの森 折り紙博物館
http://www.kimita-onsen.com/kobushi.html

3.初めてでも簡単な折り紙作品をご紹介

初めて折り紙を始めるにあたって、その歴史などに触れることももちろん大事ですが、やはり実践してみなければ始まりません。ここからは、初めてでも簡単に折れる作品をご紹介します。簡単なだけでなく、可愛らしく、お子さんにも喜ばれるものを用意しましたので、お子さんがいるという方はぜひ親子で作ってみてください。この記事を読んでもっと色々な折り紙作品を作ってみたい!と思った方は、インターネットサイトだけでなく折り紙本も参考にしてみると良いのではないでしょうか。

カミキィの季節のおりがみ (飾る・使う・贈る) | カミキィ |本 | 通販 | Amazon

¥1,430(税込)

YouTubeチャンネル登録5万人以上! 大人気おりがみ作家「カミキィ」初の著書。
などもはもちろん、ママも、幼稚園・保育園の先生たちも!
女子のハートをわしづかみにする、かわいいカミキィ作品を紹介します。

簡単折り紙①:うさぎ

まずは簡単に折れるうさぎの顔です。折り紙初心者の筆者も挑戦してみたので、ぜひ写真を見ながら作ってみてください。

ウサギの折り方
(筆者撮影)

①折り紙が三角になるように半分に折る
②折り目の部分から1センチくらいのところで折る
③三角の上の部分を少し折る
④両端を上に向かっており、耳を作る(耳は好みの角度に調整できます)
⑤表を向ける
⑥下のとがった部分を後ろに折り込み、顔を書いたら完成

完成したウサギ折り紙
(筆者撮影)

簡単折り紙②:犬

続いては犬の顔です。うさぎと犬をマスターすれば、他の動物の顔も簡単に作ることができそうです。画用紙などに貼って動物園として1つの作品にするのはいかがでしょうか?

犬の折り方
(筆者撮影)

①三角になるように半分に折る
②もう一度半分に折る
③開いて、折り目に沿って耳の部分を作る
④下のとがったところを上に折り込み、顔を書いたら完成

完成した犬折り紙
(筆者撮影)

簡単折り紙③シャツ

最後はシャツです。お人形遊びをしている幼児にはちょうどいい着替えのバリエーションになると思います。ウサギや犬の折り紙と組み合わせても面白いです。

シャツの折り方
(筆者撮影)

①四角になるように半分、また半分に折る。
②開いたら上を少しだけ折って、白い部分が見えるようにする(襟になります)
③白い面を表にし、真ん中の折り目に向かって両側を折る
④白い部分を手前に折って三角にし、襟を作る
⑤下の部分を真ん中の折り目から外側に向かって折る
⑥下の部分を襟の方に折りたたんだら完成

完成したシャツ折り紙
(筆者撮影)

ボタンを描くとよりシャツらしくなります。シャツ折りは長方形の紙でもできるので、友だちに手紙を書いた際などにも使えます。

折り紙は無地のものが主流ですが、最近はポップな柄のものも販売されています。シャツやハート、キャンディなどの簡単な作品は、柄がたくさんある折り紙で折るとより一層可愛くなるのでオススメです。

子どもから大人まで折り紙を楽しもう

折り紙は小さな子どもの遊びというイメージが強いかもしれませんが、決してそんなことはありません。大人から子供まで大勢の人が親しみ、楽しむことができる日本の古き良き伝統文化です。

初めての折り紙は簡単な作品からスタートし、どんどん難しいもの、珍しいものに挑戦するワクワクもあります。いくつで始めても遅くない折り紙、ぜひチャレンジしてみてください。

トーヨー 折り紙 徳用おりがみ 15cm角 23色 300枚入 090204 | Amazon

¥660(税込)

「トーヨー 徳用おりがみ 15cm 金銀入 300枚入り」は、折りやすく、たくさん入った折り紙。
国産で安心安全。折りやすい確かな品質のおりがみ。

えりりこ63

この記事のアドバイザー

えりりこ63

元日本語教員で2児の母




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ