「はじめて」をわかりやすく。

パワースポット巡りをはじめて心身ともに健康になろう!

パワースポット巡りをはじめて心身ともに健康になろう!

最近流行りともいえるパワースポット巡り。なんとなく始める前に、まずはパワースポットとは何なのか、パワースポットを巡ることでどんな効果があるのかを知りましょう。また、効果を最大限にするためのパワースポット巡りの作法や注意点などについても説明します。

yoshikyo

この記事のアドバイザー

yoshikyo

バレエ大好きフリーライター


OPEN

目次

1. パワースポットについて知る!

近頃はパワースポットブームとも言われています。パワースポット巡りが趣味という女性も多いのではないでしょうか。当然のように「パワースポット」と口にしていますが、パワースポットって何?どういう意味?と聞くとはっきり答えられなかったりするかもしれません。

パワースポット巡りについてお話しする前に、パワースポットの意味から説明しましょう。

「パワースポット」言葉の意味とは?

大地のパワーを感じさせる雄大な場所

パワースポットとは、Wikipediaによると「地球に点在する特別な場」のこととなっています。

また、『世界のパワースポット:癒しと自分回復の旅ガイド』という本に「人を癒すとされる水があったり、人に語りかけるとされる岩があったり、あるいは磁力を発する断層があったりする」と説明されています。

日本でパワースポットという言葉が使われだしたのは最近のことで、1975年頃超能力者として有名になった清田益章氏が最初ではないかという説があります。その後、1990年代前半頃になると、色々なところでパワースポットという言葉が自然に広まっていったようですね。

言葉としての始まりは最近ですが、日本にも古代から自然崇拝という観念はありました。山岳信仰として山を神格化したり、病気を治すと言われる湧き水があったり、これがそのままパワースポットという言い方に置き換えられ、すんなりと受け入れられたのではないでしょうか。

つまり、自然からのパワーを感じられる場所、自然からの「気」を取り入れることができる場所がパワースポットと言えそうですね。

パワースポット巡りの効果とは?

そんなパワースポットには、科学的根拠はないものの、良い波動を発するという説もあります。また、神社仏閣なども神聖な場所ということでパワースポットと言われます。そんな神聖で良い波動を発する場所へ行くことで、どんな効果があるのでしょうか。

まず、パワースポット巡りの効果として一般的に考えられているのは、癒し効果、浄化によるお祓い効果、運気アップなどでしょうか。科学的根拠がないから効果などないと、否定的な声もあります。

また、実際にこんな効果があったと言う人もいます。とはいえ、これらの効果ははっきりと目に見えるものではなく、気持ちの部分が大きいものです。

結論として、大自然に包まれていい空気を吸ったりいい景色を見ることで、気分的に楽になったりリフレッシュできたり前向きになったりということがパワースポット巡りの効果なのでしょう。

実際に、身体的に何かの作用があるというよりも、精神的に良い効果があり、結果的に身体の調子が良くなるという仕組みだと考えれば良いのではないでしょうか。

神社に参拝をする場合、一般的には午前中が一番良いとされています

2. パワースポット巡りの注意点

パワースポット巡りは単なるレジャーとは違います。神聖で特別な場所へ行くのですから、充分なパワーを頂くためにも注意すべきポイントを説明します。

滝には浄化の作用があると言われています

パワースポット巡りの基本的な礼儀作法

パワースポット巡りの決まった礼儀は特にないので、一般的な礼儀作法に則って失礼のない態度で臨めば良いでしょう。パワースポットとしては山や川など大自然の中というのも多くあります。そのような場所へ行く場合は、その自然を汚さないことが大切です。

パワーをもらおうと、その土地の石や植物を持って帰るなどは絶対にしてはいけません。その自然に対して畏敬の念をもって、清らかな気持ちで接することを心がけましょう。

その他、パワースポットが多い神社への参拝作法についても、間違った参拝方法をしたら罰が当たるなどということはないので、それほど緊張する必要はありません。神社本庁の参拝方法を以下にリンクしますので、ご参照ください。

あとはどんなところへ行く場合でも、公共の場のマナーを守り、謙虚な気持ちでパワーをありがたく受け入れる心構えでいればいいですね。

感謝の心、おかげさまの心を捧げてお参りください

パワースポットとの相性があるってほんと?

人間とパワースポットには相性があって、相性が悪いスポットに行っても効果がない、それどころか悪い運気をもらうという話を聞いたことがあるかもしれません。その考えの元は、易占いに使われる陰陽五行思想から出たものです。

この世の中のすべてのものはそれぞれ「地・水・火・風・空」の自然元素に由来し、その5種類の属性である繭気属性に分けられると考えられています。

土地・場所・人間もすべてこれらに分類され、それらの間に相性の良い悪いがあるといいます。自分と相性の悪い属性の場所に行くとよくないなどということもあるのです。

しかし、それには意義を唱える専門家も多く、行くと悪い気をもらうなどということはないという説が主流です。生活する中では、少しずつ良いことも悪いことも起こるのが普通です。それらをふと思い出して、あそこにいったせいかも?などとこじつけて考えることは簡単にできてしまうもの。

そんなことを気にするよりも、パワースポットに行ったのだから良いことが起きるはず!と自分のメンタルを前向きに整えるようにすればいいでしょう。

ただ、なんとなくここは居心地がいいな、初めて来たのに懐かしいなと思える場所もあるかもしれません。そういう良い相性の場所には度々訪れるようにするといいですね。

結論としては、相性が悪い場所はないが、特別相性の良い場所はあるということになるでしょうか。

身を浄め、善いもの、としての自分を意識しましょう

3. パワースポット巡りをしよう!

パワースポットについて色々わかったところで、実際にパワースポット巡りをする計画に移りましょう。ここでは、日本各地のおすすめパワースポットと気軽に行けるパワースポットの巡り方を紹介します。

日本各地のおすすめパワースポット

比較的気軽に行けるパワースポットを紹介します。有名な観光地にもなっているので、旅行ついでにパワースポット巡りもできますよ。

・鹽竈神社(宮城県)

・明治神宮(東京都)

出典: 明治神宮

・伊勢神宮(三重県)

・出雲大社(島根県)

出典: 出雲大社

・太宰府天満宮(福岡県)

気軽に行けるパワースポットの巡り方

パワースポット巡りをするときに、一番気軽に行ける方法としておすすめしたいのはバスツアーです。バスツアーのいい点は、格安の値段で一日に何か所ものスポットにサクサクと連れて行ってくれて、それぞれの場所のガイドもしてくれること。

車がない人は自分たちで公共交通機関を使ってそんなに多くを回れないし、車がある人でも行く前に下調べしたり、駐車する場所を探したり運転も疲れてしまったり中々大変です。

大抵食事もついているし費用もツアーの方がかなりお得、ただ気楽にバスに乗っておしゃべりしていれば次の場所へと運んでくれるので、数多く回りたいパワースポット巡りには最適です。

バスツアーを行っている会社のサイトを参考のためご紹介しますので是非チェックしてください。

・四季の旅
こちらは東京の会社ですが、パワースポット巡りに力を入れていて、パワースポット特集という特別ページも設けられています。全国の人気のパワースポット情報も多く紹介されているので、東京以外の人も要チェックです。日帰りだけでなく一泊や二泊のツアーもあり、東京や埼玉あたりから三重県伊勢神宮や和歌山高野山などまでのツアーもあります。

・クラブツーリズム
バスツアーと言えばクラブツーリズムは有名ですよね。こちらは全国展開しているのでどこに住んでいる人でも、参加できます。パワースポットや神社仏閣を巡る旅も多く開催されているので、是非探してみてください。

苦労してでも行きたいパワースポット巡り

簡単に行けるのでは物足りない、苦労してこそご利益がありそうという人向けに、ハードなパワースポット巡りができる場所を二か所ご紹介しましょう。

まずは、樹齢7200年といわれる縄文杉と原生林で有名な屋久島。ここは、人里から遠く離れた奥深い山で、太古の姿を保全しているため、車でさっといって見られる場所ではありません。

本格的なトレッキングコースを歩いて登らないといけないので、必ず専門のガイドさんと一緒に行かなくてはなりません。半日コースから一泊二日コース、巡る場所によってもいくつかコースがあり、自分の体力や日程によって検討しましょう。

縄文杉を見たいなら日帰りで11時間位歩き通すか、小屋やテントで一泊して二日に分けて歩くかのコースになりますが、かなりの体力が必要です。

ガイドさんが指導してくれるとはいっても、深い森の奥なので車で迎えに来てもらえないため途中でリタイアはできません。それが無理なら、他のコースでも幻想的な屋久杉の森を散策することができるので、自分に合ったコースを選びましょう。

ここは、本当に過酷な場所ですが、その神聖さは他のパワースポットとは比較にならないほどなので、是非行ってみてほしい場所ですね。

縄文杉を見るためには8-10時間程の登山を行う必要があります

株式会社屋久島ガイド協会の屋久島巡りツアーも参考になりますので、ご覧ください。

次は、日本で一番過酷で危険なパワースポットとして知られている北海道の太田山(太田)神社。北海道最西にある神社で、道南五大霊場の一つ。太田山の中腹に本殿があり、垂直に近い岩肌をロープをつたって登らないと行けない、特別な装備が必要な本格的な登山かロッククライミングといった様相。

本殿に着いた時には、まさに修行の末やっとの思いでたどり着いた境地に至れるのではないでしょうか。女性なら、片道1時間半位かかるとのことです。本当に危険な場所なので、まずは以下を参考に入念な下調べをしてください。

パワースポット巡りで健康生活!

パワースポットについて色々と解説しましたがいかがでしたか?先ほども触れたように、パワースポット巡りが直接健康に影響を与えるという事実は認められていません。けれども、メンタル面では前向きになれるなどの良い影響があることは事実と言っていいでしょう。

「病は気から」という言葉もあるように、気持ちが健康になれば身体も健康になれるはず。パワースポット巡りをして、心身ともに健康な生活が手に入ると信じれば最大の効果を生むのではないでしょうか。

開運! パワースポット・ガイド2020 (婦人公論の本 vol.13) | Amazon

¥900(税込)

訪れるだけで福を呼び込む! 神社仏閣、山、滝、聖地など、一度は行っておきたい人気パワースポット182件を紹介。「神様がよろこぶお掃除術」「"顔相"を変えて幸せになる」「幸運呼吸」ほか、ふだんの生活に簡単に取り入れられる“運気アップ習慣"も満載。このガイドブックを持って、いざ幸運になる旅へ出発!

yoshikyo

この記事のアドバイザー

yoshikyo

バレエ大好きフリーライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ