「はじめて」をわかりやすく。

初めてでも気軽に手にとってみて!今から村上春樹作品を読んでみよう

初めてでも気軽に手にとってみて!今から村上春樹作品を読んでみよう

現在、全世界で人気を博し、最もノーベル賞に近い日本人作家である村上春樹。新刊が発売される度に大きな話題となりますが、その一方で、いまだ村上春樹作品を読んだことがないという方も大勢いることでしょう。今回は、初めて村上春樹の本を読んでみようという方に向けて、その魅力と楽しみ方を紹介します。

Yamako

この記事のアドバイザー

Yamako

整理収納アドバイザー兼webライター 個人宅の片づけ&ライター業の二足のわらじ


OPEN

目次

1.村上春樹とは

村上春樹のプロフィール

1949年生まれの日本の小説家、エッセイスト、翻訳家。京都府生まれ。兵庫県育ち。早稲田大学第一文学部演劇科卒。1979年、ジャズ喫茶を経営しながら書いた小説「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞しデビューしました。

1987年発表した5作目の長編小説「ノルウェイの森」がベストセラーになり、村上春樹ブームが起きます。2009年時点で国内累計発行部数が1000万部を突破。世界各国で翻訳され、海外でも高い人気を誇っています。一方で、村上春樹自身も、精力的に翻訳を行っており、数多くの作家の作品を訳しています。また、毎年、秋になると、ノーベル文学賞の最有力候補として注目を集めています。

趣味はマラソンとレコード収集。小説を書くにはタフな体が必要との考えで、かなりストイックに取り組んでおり、マラソンに関する著書「走ることについて語るときに僕の語ること」も出しています。また、音楽に対する造詣も深く「ポートレイト・イン・ジャズ」「意味がなければスイングはない」「村上ソングズ」といった音楽に関する著書も多数出版しています。

村上春樹の魅力

村上春樹について100人が語れば、100通りの魅力が出てくるでしょう。特に、作品の魅力や評価は、個人的視点に立ったものなので、かなり主観が入ります。今回は、あえて、作品自体ではなく、村上春樹という人物について、筆者が考える魅力を紹介することにしました。ぜひ、これをきっかけに作品を手に取ることがあれば、自分自身で、村上春樹作品の魅力を見つけてください。

・挑戦しつづける姿勢
村上春樹は1つのスタイルにこだわることなく、常に作品内で新しい挑戦をし続けています。例えば、『ノルウェイの森』ではリアリズム小説を書き切るという実験をし、『アフターダーク』ではシナリオ的な書き方をし、『スプートニクの恋人』では、それまでの文体の総決算をしようと書き始めたと、インタビューで語っています。少し長めの長編では、いつも自分なりの実験みたいなことをやっているそうです。

ベストセラーになった作品のスタイルにこだわらず、批評や失敗を恐れず、常に新しい可能性を楽しみながら模索する。その姿勢が逆に、ベストセラーを生み出し続けているのかもしれません。村上春樹の作品を読み比べ、どの作品でどんな実験をしているのかを考えるのも、面白い読み方ですね。

また、村上春樹自身も、小説家という枠にとどまらない活動をしています。アメリカの大学で教鞭をとったり、ラジオ番組のDJをしたり、地下鉄サリン事件の被害者へのインタビューをしたりと、多岐に渡ります。

なによりおもしろいのは、読者から質問メールを受け付け、それに回答する、期間限定のサイトをインターネット上に、不定期にオープンすることです。たとえば、直近では2015年1月から5月にかけて、「村上さんのところ」というサイトをオープンしていました。期間中、世界中から3万7465通の質問メールが届き、それを1人でコツコツ読破し、3716通に回答をしました。回答は全てサイト上に掲載され、そのやりとりをまとめた著書「村上さんのところ」も出版されています。

「文書がうまくなるには?」という王道の質問から、「奥さんの機嫌が悪い時は?」といった愉快なものまで、まじめに回答してくれています。誰でも想像がつくかと思いますが、面識がない人達からの膨大なメールを読み、しかも、回答を書くという作業は気が遠くなるほどの労力を要します。批評家や賞レースよりも、1人1人の読者を大切にしたいという村上春樹の真摯な姿勢がよく分かります。

村上さんのところ | 村上 春樹, フジモトマサル |本 | 通販 | Amazon

¥196(税込)

世界中から届いた3万7465通のメールを、たったひとりで完全読破し、せつせつと書き連ねた3716の回答から、笑って泣いて考えさせられる473の問答を厳選!フジモトマサル描き下ろしイラスト満載の愛蔵版!

・ボーダーレスなフットワーク
村上春樹作品の英訳を多く手掛けてきたアルフレッド・バーンバウムさんは「村上さんは、たまたま日本語で書いているアメリカの作家」と評しています。村上春樹の作品を読んでみると、日本語で書いているにも関わらず、外国の小説を読んでいるかのような空気感を感じることに気づくでしょう。

登場人物は、スパゲッティをゆで、ジャズやクラシックを聴き、皮肉たっぷりのユーモアをとばします。そのボーダーレスな文体が、世界中で受けいれられる1つの要因になっています。10代の頃から欧米翻訳小説を読み漁ってきた経験が、村上春樹の文体には色濃く反映されていると考えられます。

また、作品だけではなく、村上春樹自身も世界のあちこちへと足を運んでいます。30代の頃には約3年間、ギリシャ・イタリアに住んで執筆活動をし、40代の頃には約4年間、アメリカに滞在し、執筆活動をしながら大学で講師を務めています。2000年のシドニーオリンピックでは、オリンピックの全期間にわたって試合を観戦し、その記録をまとめるという仕事もしています。さらに、外国の賞を受賞した際には、招かれてスピーチをしたり、講演も行っています。モンゴル、メキシコ、トルコなどを旅した旅行記も執筆しています。

活動場所は日本に留まらず、また、活動内容も小説家の域にとどまりません。このフットワークの軽さが、村上春樹の魅力の1つです。

< Back
1 2 3 4
47 件
Yamako

この記事のアドバイザー

Yamako

整理収納アドバイザー兼webライター 個人宅の片づけ&ライター業の二足のわらじ




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ