「はじめて」をわかりやすく。

初めてでも気軽に手にとってみて!今から村上春樹作品を読んでみよう

初めてでも気軽に手にとってみて!今から村上春樹作品を読んでみよう

現在、全世界で人気を博し、最もノーベル賞に近い日本人作家である村上春樹。新刊が発売される度に大きな話題となりますが、その一方で、いまだ村上春樹作品を読んだことがないという方も大勢いることでしょう。今回は、初めて村上春樹の本を読んでみようという方に向けて、その魅力と楽しみ方を紹介します。

Yamako

この記事のアドバイザー

Yamako

整理収納アドバイザー兼webライター 個人宅の片づけ&ライター業の二足のわらじ


OPEN

目次

2.初心者におすすめ村上春樹作品(フィクション編)

村上春樹=大ベストセラーの「ノルウェイの森」と思い込んで、「ノルウェイの森」から読み始めると、挫折する可能性が高いかもしれません。今回は、初心者ならこの作品を入口にすると入りやすい、という観点から作品を選びました。長編小説よりも、まずは短編小説から読んでみるほうがおすすめです。

オススメ短編小説

・カンガルー日和
18作品が収録された短編小説。クスっと笑える作品ばかりで、さらっと読めてしまいます。特に「カンガルー日和」「4月のある晴れた朝に100%の女の子に出会うことについて」「あしか祭り」「とんがり焼の盛衰」はおすすすめ。

カンガルー日和 (講談社文庫) | 村上 春樹, 佐々木 マキ |本 | 通販 | Amazon

¥583(税込)

時間が作り出し、いつか時間が流し去っていく淡い哀しみと虚しさ。都会の片隅のささやかなメルヘンを、知的センチメンタリズムと繊細なまなざしで拾い上げるハルキ・ワールド。ここに収められた18のショート・ストーリーは、佐々木マキの素敵な絵と溶けあい、奇妙なやさしさで読む人を包みこむ。

・パン屋再襲撃
6作品が収録された短編小説。表題作の「パン屋再襲撃」は、新婚夫婦がマクドナルドを襲うというストーリー。先の展開が気になり、どんどん読めてしまいます。「ねじまき鳥と火曜日の女たち」は、のちの長編小説「ねじまき鳥クロニクル」の冒頭の章のもとになった話です。この作品を読んでみておもしろいと思ったら、長編小説「ねじまき鳥クロニクル」も、楽しめること間違いなしです。

新装版 パン屋再襲撃 (文春文庫) | 村上 春樹 |本 | 通販 | Amazon

¥616(税込)

堪えがたいほどの空腹を覚えたある晩、彼女は断言した。「もう一度パン屋を襲うのよ」。それ以外に、学生時代にパン屋を襲撃して以来僕にかけられた呪いをとく方法はない。かくして妻と僕は中古カローラで、午前2時半の東京の街へ繰り出した…。表題作ほか「象の消滅」、“ねじまき鳥”の原型となった作品など、初期の傑作6篇。

オススメ長編小説

・羊をめぐる冒険
1982年に発表された長編小説。広告代理店に勤める男のもとにきた、「羊を探してほしい」という依頼をきっかけに、羊探しの旅が始まります。デビュー作「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」と合わせて「鼠三部作」と呼ばれる3番目の作品。ストーリーは全てつながっていますが、この作品から読み始めても十分楽しめます。「風の歌を聴け」は少し癖があるので、まずこちらの作品を読み、おもしろいと思えたら、さかのぼって前の2つを読むほうがおすすめ。

羊をめぐる冒険 | 村上 春樹 |本 | 通販 | Amazon

¥2,090(税込)

1通の手紙から羊をめぐる冒険が始まった消印は1978年5月──北海道発

・国境の南、太陽の西
バブル絶頂期の東京が舞台。ジャズバーを経営し、幸せな家庭を築いている男のもとに、昔好きだった女性があらわれるというストーリー。村上春樹作品特有のファンタジーが苦手という人には、リアルな日常が舞台のこちらの作品がおすすめ。登場人物たちの揺れ動く心情に、共感できる部分は多いのではないでしょうか。

国境の南、太陽の西 (講談社文庫) | 村上春樹 | 日本の小説・文芸 | 本 | Amazon

¥583(税込)

今の僕という存在に何らかの意味を見いだそうとするなら、僕は力の及ぶかぎりその作業を続けていかなくてはならないだろう―たぶん。「ジャズを流す上品なバー」を経営する、絵に描いたように幸せな僕の前にかつて好きだった女性が現われて―。日常に潜む不安をみずみずしく描く話題作。

・世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
1986年に発表された長編小説。「世界の終わり」と「ハードボイルド・ワンダーランド」という2つの世界が、交互に描かれます。現実世界に存在しないものが多く登場するファンタジー色の強い作品。ぐいぐい引き込む力があるので、ぜひたっぷり時間がとれる休日に、物語の世界にどっぷりつかって、一気に読むことをおすすめします。

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上)新装版 (新潮文庫) | 村上 春樹 |本 | 通販 | Amazon

¥825(税込)

高い壁に囲まれ、外界との接触がまるでない街で、そこに住む一角獣たちの頭骨から夢を読んで暮らす〈僕〉の物語、“世界の終り”。老科学者により意識の核に或る思考回路を組み込まれた〈私〉が、その回路に隠された秘密を巡って活躍する“ハードボイルド・ワンダーランド”。静寂な幻想世界と波瀾万丈の冒険活劇の二つの物語が同時進行して織りなす、村上春樹の不思議の国。

47 件
Yamako

この記事のアドバイザー

Yamako

整理収納アドバイザー兼webライター 個人宅の片づけ&ライター業の二足のわらじ




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ