「はじめて」をわかりやすく。

意外と当たる懸賞をはじめよう!書いて送って高額商品をゲットしよう!

意外と当たる懸賞をはじめよう!書いて送って高額商品をゲットしよう!

ハガキを送ったりネット上で応募することで様々な商品を手に入れることができる懸賞。ぜひ自分ではなかなか買えないような高額商品をゲットしたいですね!今回は、初めて懸賞に応募する方へ、当たる確率をアップさせる懸賞応募方法や、オススメの懸賞サイトなどについて解説します。

えりりこ63

この記事のアドバイザー

えりりこ63

元日本語教員で2児の母


OPEN

目次

2. 懸賞で当てるコツはある?

パソコンで簡単に懸賞に応募

懸賞には様々なスタイルがあることがわかりましたが、応募するからにはぜひ当選したい!と思う人がほとんど。しかし懸賞で欲しい商品を当てるのはなかなか難しいものです。懸賞の当選率や、狭き門をくぐり当選するコツについて見ていきましょう。

懸賞なび 2020年 09 月号 [雑誌] | Amazon

¥713(税込)

懸賞情報誌『懸賞なび』(本体648円・税抜)は毎月22日発売です。 オープンキャンペーン、クローズドキャンペーン、読者限定のプレゼントなどの情報量は日本一!

懸賞サイトの当選確率は0.11%

懸賞サイトの当選確率は平均して0.11%だと言われています。とはいえ商品によって当選者数や応募者数も異なりますので、大勢が当選するような懸賞に応募する方が、当選確率は上がります。また、1つの懸賞に応募するのではなく、様々な懸賞に日々コツコツと応募することで、更に当選しやすくなると言えるでしょう。

ちなみに筆者も産休中に毎日懸賞に応募していましたが、現金や高価な商品といったものは残念ながら一度も当選できませんでした。唯一当選したのは、当選者5000人のオリジナルカレンダーのみ…。

懸賞生活は2か月ほどでしたが、100以上は応募しましたので確かに当選確率は0.11%くらいなのかな、と思います。当たればラッキー、という程度の気持ちでしたら空いた時間に手軽に応募するだけで良いですが、とにかく何でもいいから当てたい!という気持ちで挑むのであれば、1日に何十件、100件以上と応募数を多くすることが大切だといえます。

懸賞をハガキ応募で当てるコツは

ハガキ応募で懸賞に当選するコツは、

・美しい字で書く
・年賀はがきや古いはがきを使わない
・アンケートなどがある場合にはしっかりと記入する

丁寧に書きましょう

などがあります。懸賞の抽選方法は募集しているサイトや雑誌、企業などによって異なります。「厳正なる抽選の結果~」といった文言がある場合には、本当に運だけが試される抽選ですが、その他の場合には抽選者の私情を挟むこともあるようです。ハガキ応募で当てたいのであれば、自分がどんなハガキなら当選にしたいか、ということを考えましょう。

まずは美しい字で、誤字脱字のないように書くこと。また、年賀はがきなどの余りや切手代の足りていないはがきに1円切手を何枚も貼ったような「いかにもいらないハガキで応募している」というのもあまり心証が良くありません。更に、アンケートなどがある場合にはしっかりと答えているほうが、当選したいという熱意が伝わります。

自分のハガキをアピールするために、カラフルにデコレーションをする方もいますが、そういったアピールよりも、選ぶ側はキレイに、丁寧に書いていることを重視するようです。ハガキで懸賞に応募する際は、シンプルかつ丁寧にを意識してハガキを完成させましょう。

はじめよう! 楽しい懸賞生活 ~ハガキで当てるマル秘テク&懸賞の基礎知識~ | Amazon

¥193(税込)

日本で唯一の月刊懸賞専門誌『懸賞なび』の名物編集者 にして、懸賞達人としてテレビや雑誌などで活躍中の“ぴろり"による、ビギナー向け懸賞ハウツー本です。懸賞の基礎知識から、当たりやすい懸賞の見極め方、ほかの人と差をつけるハガキの書き方など、編集者としての豊富な取材と経験から身につけた、当てるための実践テクニックを徹底レッスン!
※価格は中古品の価格になります。

ネット応募系懸賞で当てるコツは

ウェブやアプリ、SNSなど、ネット経由の応募の際に当たりやすくするコツは、

・誤字脱字に注意して記入をする
・重複応募などのルール違反をしないよう注意する


などがあります。とはいえアンケートなどがなければネットでの懸賞は当選アプリや機械を利用し、ハガキ応募以上にランダムに抽選を行うことが多いです。また、ハガキよりも手軽に応募できるだけあり、ネット懸賞は応募者も多く、当選確率が更に下がります。アプリやSNSのリツイートなどで簡単に応募できるものにはどんどん応募して良いと思いますが、ハガキでの懸賞応募も並行して行うと当選確率がよりアップするのではないでしょうか。

41 件
えりりこ63

この記事のアドバイザー

えりりこ63

元日本語教員で2児の母




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ