「はじめて」をわかりやすく。

これからマラソンを始める方へ!はじめの一歩を踏み出そう!

これからマラソンを始める方へ!はじめの一歩を踏み出そう!

マラソンというと、長距離を延々走るというイメージから、今まで一度もマラソンをしたことがない場合には、大変そう、自分にはできないとネガティブにとらえてしまう方も少なくないでしょう。ですが、初めてマラソンをするという方でも、しっかりと準備をして無理なく続ける方法があります。この記事では、マラソンを始める方へ、マラソンの始め方や準備について解説します。

Aries

この記事のアドバイザー

Aries

元IT系のOL兼ライター


OPEN

目次

3.マラソンの始め方、楽しみ方

では、実際にマラソンを始めるとしたとき、どのように始めるのが良いのでしょうか。またマラソンを始めたときには、どのようなことを楽しみにマラソンを続けていくのがよいのでしょうか。

マラソンという競技を端的に見た場合、ただひたすら長距離を走りつづけるということでしかなく、そこにはただひたすらに「耐える」ことしかないという印象さえ受けてしまいます。しかし、マラソンを楽しんでいる方は、マラソンという競技に何らかの楽しみを見出していることは確かです。ここからの項目では、マラソンの始め方、楽しみ方について解説していきます。

まずは踏み出す一歩

マラソンは何を楽しみに走る?

マラソンを楽しむ人は、長く、体力を大きく消費するマラソンの道のりをどのように楽しんでいるのでしょうか。これは本当に人それぞれでありますが、実際にマラソンを楽しんでいる方の中には、「自分の足で進んでいく景色を楽しみにして走っている」というランナーもいます。

また、道のりが厳しければ厳しいほどに、その厳しい道を自分の足で走破したという、「壁を乗り越える喜び」を見出しながら走っているというランナーもいます。ほかには、複数回マラソンへ取り組む中で、「前回走れなかった距離やコースを、今回は走れるようになった」という、自分自身の成長を目の当たりにすることを楽しみに走っているというランナーもいます。

このように、マラソンは自分自身の成長や自己実現の方法として理想的な要素をいくつも持っていることから、「ストイックな競技」と表現されますが、それはあくまで「修行」のような辛いものではなく、自己実現が自分の体で成し遂げられるという、「やりがい」のある競技と理解できます。

目標設定も忘れずに!

慣れてきたら大会にも参加してみよう!

マラソンを始めたばかりの頃は、フルマラソンにしろハーフマラソンにしろ、とにかく定められた距離を走りきるので精一杯かもしれません。しかし、自分ひとりで練習する限りは、途中でやめるのも自由です。

ある程度練習ができてきたら、定められた距離を走り切らなければならないマラソン大会への参加を検討してみてもよいでしょう。大会では、いろいろな人が参加します。自分と同じように、最近はじめたというようなランナーもいるでしょうし、ずっとマラソンを続けてきて、大会ではトップクラスの成績を収めているランナーに出会って刺激をもらえることもあるでしょう。

「大会へ参加する」という大きな目標があると、日々の練習にも張りが出てくることは間違いありません。

マラソンは最初は無理のない距離から、じっくり走ってみよう!

完走する喜びを掴みましょう

これからマラソンを始める方、まだマラソンをしたことがない方にとっては、「マラソンは大変そう」「初心者の自分では、走り切ることができないのではないか」という心配があるかもしれません。最初からフルマラソンを走ろうとすれば、大変な困難を伴います。

最初は無理のない距離・速さで、徐々に自分のペースを掴んで、じっくりと走る練習から始めてみましょう。長く続けて練習をし、徐々に体力をつけて体を鍛えていくことで、マラソンを始める前には信じられなかったほどの距離を走ることができるようになるでしょう。

1 2 3
Next >
30 件
Aries

この記事のアドバイザー

Aries

元IT系のOL兼ライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ