「はじめて」をわかりやすく。

はじめてコミケに行く時の心得!準備とチェックポイントはここ!

はじめてコミケに行く時の心得!準備とチェックポイントはここ!

コミケって興味あるけど、なんか大変そう。朝早く行かなくてはならないし、並んでいる人もとても多いし、会場も広すぎてどこに行けばいいかわからない。そんなあなたでも大丈夫、はじめてでもきっと楽しめる、事前の準備とチェックポイントをお伝えします。

Evelyn

この記事のアドバイザー

Evelyn

スローライフ派/元編集者


CLOSE

目次

1.コミケってどういうイベント?

コミックマーケットとは

「コミケ」の通称で知られる「コミックマーケット」は、世界最大の「同人誌即売会」です。

最初の開催は1975年。当時は晴海で行われていましたが、現在は主に東京ビッグサイトを会場として年に2回行われ、すでに100回に近い開催数を誇る一大イベントとなっています。夏のお盆の時期と冬の年末に通常行われることから、「夏コミ」「冬コミ」と呼ばれています(2020年夏コミだけは8月ではなく5月のGW中に開催されます)。

東京ビッグサイト

同人誌を販売するサークルの数も購入に訪れる人数も年々増加し、2019年の冬コミ(C97)では、75万人の動員を記録しました。参加者数の増加に伴い、また東京オリンピック開催の余波を受けて、開催が4日間になる、入場に有料リストバンドが必要となる等の変容はあるものの、日本のポップカルチャーの土台を支える巨大エネルギーのお披露目場所として、絶大な人気を得ている最大級のイベントなのです。

期間中はこんな感じ

コミケは基本的に3日間(東京オリンピック開催までの1年は4日間)行われます。毎日同じ展示が行われるわけではなく、展示されるジャンルによって、開催日が異なります。たとえば人気のあるアニメに関するものなら〇日目、オンラインゲームに関するジャンルは〇日目、などと分けられており、どのジャンルのどのサークルに行きたいかによっても参加日が変わってきます。これらの情報は、コミックマーケット公式ページ、もしくは「コミケカタログ」と呼ばれる分厚い冊子から得ることができます。

「電話帳」とも言われるコミケカタログ
(筆者撮影)

人気のあるサークルや企業ブースはかなりの人数が殺到するため、同人誌やグッズを買いたい方が早朝から並ぶことになり、それが「コミケの入場列」という、コミケならではの風景を生む元になっています。

コミケ当日のビックサイト会場に出来た行列

入場してからも、ビックサイト内も非常に人が多く、人の波を制御するため、あちこちで一方通行の制限が行われます。展示場から展示場への移動だけでなく、展示場内も常に混雑しており、人気のあるサークルは「壁」と呼ばれる外周部に配置され、できるだけ並ぶ人と移動する人がもみ合いにならないように工夫はされていますが、とにかく常に人に囲まれた中にいて、少しずつ前に進む、というイメージをあらかじめ持っておくことは大事です。

会場への行き方、入場の方法

東京ビックサイトへ電車で行く場合は、りんかい線「国際展示場」駅またはゆりかもめ「東京ビッグサイト」駅もしくは「有明」駅を利用します。

また、バスもコミケに合わせて臨時運行しています。通常の東京駅八重洲口発の都バスだけでなく、丸の内南口発や門前仲町などからも臨時運行の都バスがありますし、各バス会社から臨時の直行バスが出ていますので、乗り換えなしで楽に行きたい場合などは、バスも選択肢に入れてみてもいいでしょう。ただ、早朝でない場合、渋滞状況によっては電車よりも時間がかかってしまう可能性もあります。

10時の開場前や、昼前にビックサイトに着いてしまった場合、入場までにしばらく並ぶことになります。入場待機列は(その開催時の利用展示場にもよるので事前に情報を公式ページなどで見ておく必要がありますが)、行きたい展示場(東・西・南)によって列の作られる場所が異なります。行きたいジャンルが展示されている展示場がどこか、待機列はどこにできてどこまで伸びているか、そしてどの駅を使えば一番便利か、といったことを調整すると、結果的に少し体力を温存できます。

2.コミケでの楽しみ方いろいろ

有名なジャンルからマイナーディープなジャンルまで

コミケのカタログを見ていると、日本のポップカルチャーで今何が流行りなのかがよくわかります。旬の作品はもちろんですが、数年にわたって支持されている作品は、多くのサークルが同人活動をしており、独立したジャンルとして確立されています。「アイドルマスター」や「ラブライブ!」「東方Project」「刀剣乱舞」などは定番として毎回大きいエリアが確保されていますし、いわゆる「壁サークル」と呼ばれる有名なサークルもたくさんあるジャンルです。

一方「え、こんなものがジャンルになるの」と言いたくなるようなテーマのサークルもあります。おおむね「評論」でくくられる一角には、各地の食レポや飲み屋の情報、フォントの作り方、薬の副作用、鉄塔、工場ウォッチ、アロマ・・・、およそ「コミケ」から想起される「オタク」文化とはかけ離れたものがテーマになっていたりもするのですが、そこをオタク的なノリで掘り下げたディープな世界が並んでいます。高校の文化祭で各サークルが教室ごとに行っている展示が、場所を変えてテーブルを並べて行われている、そんな感じです。

評論ジャンルの薄い本「イグノーベル賞ファンブック」「三芳菊応援団!」
(筆者撮影)

ボランティアだけどプロフェッショナルなスタッフ

コミケには1000人を超えるスタッフがいて、開催までの準備はもちろん会場設営や列誘導、緊急対応、撤収に至るまで運営に携わっていますが、みなさん無償ボランティアです。コミケが好きで、コミケを統制し成功させるために尽力することに喜びを感じる方ばかりらしく、別のイベント会場でのバイトの働きにしびれを切らして自ら列整備を始める、などという伝説もあるようです。

その、入場列の整備に当たっているスタッフの呼びかけ内容が秀逸なため、毎回コミケのたびにSNSを通じて「コミケスタッフ名言集」が出回ります。有名なものをご紹介します。

「隙間を詰めて密着して並んで下さーい。あったかいですよー。人との触れ合いがコミケでーす」

「独自ルートを行ってもフラグは立ちません。みんなと同じルートを行ってください」

「皆さん、周りに不審物があったら迷わずスタッフに言ってください。不審者はたくさんいますが不審物はスタッフに言ってください」

「具合が悪くなったらすぐにスタッフの方までお知らせください。歩けるようならスタッフ1人ですみます。意識があれば2人ですみます。担架だと5人必要です。お早めにスタッフの方までお知らせください」

「館内では、お・か・ゆを守ってください!おさない!かけない!夢をあきらめない!」

初心者ならではの味わい方

毎回、連日コミケにフルタイムで参加し、自分の可処分所得の大半を消費するような上級者ではない以上、そのハードなスケジュールに合わせる必要はありません。でも、「一回くらいは見に行ってみたい」と物見遊山的な感覚で行くと、その人の多さと熱気と、思ったように自由に動けないもどかしさでかなり疲れてしまいます。

初心者なら、とにかく「空いている時間帯に行く」ことが重要です。入場に時間をかけない、混むと予想される場所には行かない、見に行く場所を絞って、とにかく雰囲気だけをつかみに行くつもりで行くのがいいのではないでしょうか。

コミケカタログや公式HPでの情報から、自分が見てみたいジャンルを一つか二つに絞ります。現地に到着するのは入場列がはけて余裕のできてくる午後13時以降を狙いましょう。そのころには有名サークルもほぼ完売で館内も若干余裕が出てきます。

その、余裕のある状態で、館内のサークルごとの展示や雰囲気、出している本、あちこちにいるコスプレイヤーの方々を眺めてみてください。まさにそれは巨大な「学園祭」の様相を呈しています。そうやって俯瞰した視点で見ると、日本のポップカルチャーを支えるパワーの熱量が感じられて、なかなか感慨深いものがありますよ。

3.いざコミケへ!行くための準備

コミケに参加するために、知っておくべきこと

コミケに行ってみたくなったなら、まずは、開催の1か月前頃に発売されるコミケカタログを入手しましょう。コミケは大規模な「同人誌即売会」です。見に行く、買いに行く立場で行くと、つい「お客様」感覚になりがちなのですが、コミケでは出品する側も購入する側もすべて「参加者」とみなします。コミケという大規模なイベントを盛り上げ成功させる役割を、どの人も担っているという理念があるのです。

なので、「自分だけでなく、みんなで快適に楽しめるイベントにする」ためにどうするか、を常に心掛けることが大事です。1日に数十万単位の人間が集まる場所で、自分勝手な行動をとらないこと、お互いに譲り合うこと、ルールを守りマナーをわきまえることが、参加するすべての人に求められます。

この理念はコミケカタログの前半部分に提示されているので、熟読しておきましょう。コミケでの禁止事項や注意事項、持ち物のチェックリスト、その他お得情報も記載されているので、ぜひ目を通してください。

もちろん、自分が行きたい、見てみたいジャンルがいつ、どこの場所で展示されるかを確認する「サークルチェック」と呼ばれるチェック作業は、コミケに行く前に必ず行うべき作業です。当日どこにどう行けばいいかわからず迷ってしまうことのないよう、展示場の場所、館内のサークルの場所をしっかり確認し、当日に備えましょう。

参加のために揃えるべきもの

・2020年までの期間限定必携品:リストバンド
2020年のコミケまでは、東京オリンピック開催で展示場の利用に制限があるため、青海会場での企業ブースを除き、入場には有料のリストバンドが必要です。事前にコミケカタログを購入すれば全日分のリストバンドが付いていますし、指定の店舗では日別のリストバンドが単品で購入できます。当日買うこともできますが、価格が前売りのほぼ倍額になることと、購入のために並ぶのが必須となるため、事前に入手することをおすすめします。

・コミケ参加時に常備すべきもの
①小銭
同人誌は基本的に100円~1,000円程度の「薄い本」です。当日は人でごった返すので、できるだけおつりのないように小銭を用意しましょう。スリや置き引きもあり得る場所ですので、財布も小銭用に分けて持っておくといいと思います。

②水・携帯食
夏だけでなく冬も水分補給は大事です。また、食事をする場所も大変混雑するため、いつでも食べられる携帯食を持っておくと、ちょっとした時間にエネルギー補給ができます。

③モバイルバッテリー
必携ではありませんが、長時間コミケの会場内にいる予定であれば、用意しておきましょう。

④両手がフリーになるバッグ
当日は何かと買ってしまってけっこうな荷物になるため、両手が空くバッグを使いましょう。リュックまたは大き目のトートバッグが便利です。カートやキャリーバッグは他の方の通行の邪魔をすることがあり危険なので避けてください。

⑤雨対策グッズ
当日雨(雪)が降りそうな場合に備えて、100均のビニールの雨がっぱがあると便利です。列に並ぶ場合、傘をさすと周囲の人に迷惑なため、レインウェアでカバーしてください。また、せっかく手に入れた本やグッズが雨にあたらないように、大き目のビニール袋を持っていくとなにかと使い勝手がいいようです。

⑥折りたたみイス
もし開場前に数時間並ぶつもりなら、簡易折りたたみイスを持っていくといいでしょう。ずっと立って待っていると体力を消耗しますし、イスを置くことで場所が確保でき、トイレに行って帰ってくるところの目印にもなります。100均のものなど、コンパクトなものを選びましょう。

⑦薬・常備薬
人酔いしたり、温度変化で体調が崩れるなど、当日具合が悪くなることも考えられます。頭痛薬やおなかの薬などは常備しておくと安心できます。できるだけ救護室のお世話にならないようにしましょう。

KVASS アウトドアチェア 折りたたみ椅子 | Amazon

¥1,550(税込)

【頑固・安定性抜群】折りたたみ椅子は強度の高いステンレス鋼製で、丈夫さと耐久性を保証します。4脚伸縮の構造で、組立・収納しやすい、安定性も十分です。静止耐荷重は余裕の約80kgです。

・夏コミのための必携品
とにかく暑さ対策が大事です。補給用の水分はもちろんのこと、ペットボトルを数本凍らせておく、首に巻く冷却タオルを用意する、簡易扇風機を携帯する、並ぶのであれば日よけになる帽子をかぶる、UVカットできる上着をはおる等、各自ができることを最大限行い、当日熱中症で倒れることのないよう対策を取りましょう。

また、夏コミは特に「におい対策」もしておく必要があります。前日しっかり入浴するのは当然として、デオドラント用品や着替え用のTシャツも用意すると、周囲に迷惑をかけずに済みます。

・冬コミのための必携品
開場前に並ぶつもりなら寒さ対策をしっかり行いましょう。ただ、ダウンなど着ぶくれて行くと、会場内は人が多くて意外に暑く、上着が邪魔になることも多いです。スノボウェアなどの防寒ジャケットを着用、中に機能性下着を重ね着する、使い捨てカイロを使う、マフラーで首元を保温するなどの工夫をするといいでしょう。

コミケ当日の心得やマナーなど

コミケで絶対NGなのが「徹夜で並ぶ」こと。前日の夜、もしくは始発が来る前の早朝から入場列に並ぶのは厳禁です。必ず当日の始発以降の交通機関を使って会場に行ってください。

また、体調が悪い場合は絶対に行かないこと。インフルエンザの疑いがある場合だけでなく、ただの風邪でも周囲にとっては迷惑でしかありません。自分がパンデミックの元になりうることを自覚してください。風邪ではなくても、何らかの体調不良がある場合、正直劣悪な環境の場に行くわけですから、悪化しないとも限りません。スタッフや運営側の世話になることは極力避けましょう。

そのほかにもいくつか心得るべきポイントがあるので、押さえておいてください。

・走らない、押さない
・歩きスマホしない(転びます。渋滞の中で転ぶと大変危険です)
・入場列並び時にトイレに行くときは、前後の人に声をかけて(列移動の始まるおよそ8時までに戻ればOK)
・トイレの激混みを心得ておく
・ゴミを放置しない
・撮影は、許可を得てから(コスプレの撮影は広場で)
・本の取り扱いは丁寧に
・ひとつのサークルに長居しない
・運営スタッフの指示に従う

どれもあたり前なことばかりですが、これらを来場者ひとりひとりが守ることで、コミケは存続してきたのです。そこに参加することの意義を感じていけるといいのではないでしょうか。

参加するからには客じゃない! イベントを盛り上げる気持ちで行こう

来場するすべての人間を「参加者」とするコミケの理念には、集うひとりひとりがコミケを形作る一員、イベントを成功させるための「同士」であれ、という願いのようなものが感じられます。それに共感した方々のパワーが、世界に冠たるオタク文化をここまで培ってきたのかもしれません。

その象徴ともいえる「コミケ」。そこに参加し、自分もイベントを盛り上げるひとりとして、その雰囲気を体験してみてはいかがでしょうか。

コミックマーケット 98 冊子版 カタログ 4日間参加証リストバンド付き | |本 | 通販 | Amazon

¥2,750(税込)

【冊子版】 2020年のコミックマーケット98は、東京オリンピック及びパラリンピックの開催に伴い、従来の夏開催から5月のゴールデンウイークの開催へ変更となります。 サークルが配置される西・南展示棟への入場には、リストバンド型参加証が必須となります。 この冊子カタログには、一般参加者が入場に必要な参加証(4日分)が同梱されています。 ※DVD-ROM版には参加証は同梱されません。

Evelyn

この記事のアドバイザー

Evelyn

スローライフ派/元編集者




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ