「はじめて」をわかりやすく。

ゾクゾク!手軽に始められる刺激的なホラーゲームで遊んでみませんか?

ゾクゾク!手軽に始められる刺激的なホラーゲームで遊んでみませんか?

全世界でも人気を誇るホラーゲーム。家庭用ゲーム機ならずスマホゲームでも人気のジャンルで、様々なソフトやアプリがリリースされています。手軽にプレイできるゲームから難易度の高い作品まで存在するので、初心者さんでもハマってしまうこと間違いなし。ぜひお気に入りのゲームを見つけてみてください。

たかなし亜妖

この記事のアドバイザー

たかなし亜妖

フリーライター


CLOSE

目次

1.ホラーゲームの基礎知識

ホラーゲームをプレイする環境

まずゲームで遊ぶには環境を整えなくてはなりません。どんな状態でプレイするにも、まずが通信環境に目を向けましょう。スマホやパソコン、家庭用ゲーム機でもホラーゲームは楽しめますが、通信状況が悪いとせっかくの楽しみも半減してしまいます。容量の大きな作品だとダウンロードに時間がかかってしまいますので、快適にプレイしておくよう準備しておくのが大切です。

またスマホアプリで遊ぶ場合、かなりの通信量を食う恐れがあることを覚えておいてください。できればWi-Fiを通じて遊べると安心です。

ホラーゲームはどのくらい怖いのか?

今この記事を読んでいる人は「ホラーゲームに興味はあるけど、耐性があまりない」「怖すぎるのは嫌」「どうせやるなら思い切り怖いのがいい!」と様々な思いを抱いていることでしょう。飛びぬけた怖い作品を探している人が子供向けホラーをプレイすれば物足りませんし、耐性のあまりない人が恐怖度の高い作品に触れてしまえばトラウマになってしまいますよね。

どのくらい怖いのか?といっても感じ方は人それぞれのため、はっきりと申しあげるのは難しいのです。ですが、ある程度のレベルを判断する材料というものが存在します。

CEROレーティングに注目しよう
家庭用ゲーム機でプレイする場合、「CEROレーティング」に注目してみましょう。簡単に説明すると、一部のパソコンゲームや家庭用ゲーム機における「対象年齢」のようなものです。

CERO A CERO B CERO C CERO D CERO Z
全年齢対象 12才以上対象 15才以上対象 17才以上対象 18才以上のみ対象

ゲームのパッケージの左下には必ず載っており、CEROを参考にすることで怖さのレベルを判断出来ます。個人の感覚にもよりますが、CERO Bなら怖がりさんでも大丈夫かと思われます。あまりCERO Aのホラゲーは見かけないので、「少し興味がある」くらいならB表示を選びましょう。

CERO Cあたりから少しばかりホラーレベルが上がり、中には流血・残虐表現を含む作品が増え始めます。D表示以上はほぼ100%、過激な描写があると言っていいでしょう。恐怖度の高いソフトを求めるなら、対象年齢が高いものを選ぶと満足度が高いのでおすすめです。

ホラーゲームにおける流血・残虐表現について

ホラーゲームをプレイするにあたって、注意したい点があります。それは先ほどチラリと挙げた「流血・残虐表現」についてです。簡単に言えばグロテスクなシーンを含むか否か、ということ。少し霊のビジュアルが怖い(頭から血を流しているとか)だけでもパッケージに注意書きが見られるのです。

CERO D以上だと過激さは増し、CERO Zは大人も驚くほどの描写があることも。特にZは犯罪的な要素を含む場合があるため注意が必要です。ホラーは好きだけど流血・残酷は苦手な人も多いですから、きちんとゲームの内容を把握してから購入しましょう。

2.いざ、ホラーゲームをプレイ!

スマホでホラーゲームをプレイしてみよう

移動中でも手軽にできるスマホでホラーゲームを楽しみましょう。大手ゲーム会社から発売されているアプリから個人で開発したものなど種類は無限大。比較的安価で遊べる作品も多いので、サクッとプレイしたい方、初心者の方には特におすすめです。

ただ家庭用ゲーム機に比べてやり込み度が少ない作品が多いため、ガッツリ遊びたい方にはやや不向きかもしれません。ですがスマホゲームでも十分に怖く、楽しめるのでぜひプレイしてみてください。

スマホのおすすめホラーゲーム①「つぐのひ」

まず初心者におすすめしたいのが「つぐのひ」シリーズです。こちらは個人で開発されており、クオリティが高いにも関わらず無料で遊べるという嬉しいホラーゲームです。

操作も非常に簡単なので、難しくてプレイできないという心配はなし。日常をどんどん浸食していく、背筋がぞっとするような和製ホラーです。多少の流血表現がありますが、あくまでほんの少し。恐らくホラー好きでこの流血がダメな人はいないと思うので、誰でも遊べることでしょう。進むにつれてどんよりしていく空気や異常な空間……虜になること間違いなしです。

基本的にスマホで遊べますが、一部パソコンのみの対応となるので注意してください。

つぐのひ〜囁く玩具の家〜(作者:ImCyan)公式サイト

スマホのおすすめホラーゲーム②「Five Nights at Freddy's」

海外のゲームですが英語が分からなくても大丈夫です。元々はパソコンでプレイできるゲームでしたが、人気が集まりアプリでも登場。一作品約400円とお手頃な価格なのも魅力です。

至ってシンプルなゲームで部屋に入ってこようとする機械人形を監視カメラ、ライト、扉を使って阻止するというもの。操作はごく簡単であり、一回10分くらいなのですがついついハマってしまう中毒性があります。ただし難易度はどんどん上がっていくのですぐにはクリアできないことも!

よくある和風ホラーのようなじっとりとした空気感はありません。バーン!と驚かせにくる「ビックリ系」なので、心霊や怨念などのドロドロが苦手な人にもおすすめです。いつ機械人形が襲ってくるか分からないドキドキ感がたまりません。

Five Nights at Freddy's ゲーム画面

家庭用ゲーム機でホラーゲームをプレイしてみよう

最初から家にPS4やニンテンドーSwitchがある方はそれらで遊ぶのもいいでしょう。やはりテレビの画面は臨場感がありますし、最近はクオリティも非常に高いです。やりこみ度の高いゲームで遊びたいなら、家庭用ゲーム機一択ではないでしょうか。

家庭用ゲーム機のおすすめホラーゲーム①「零」シリーズ

和風ホラーを代表するゲーム零シリーズ。15年にわたって作品がリリースされており、今なお新作が発売されている根強い作品です。昭和や明治などのレトロな雰囲気を醸し出し、それがより恐怖感を強めています。

主人公は必ず女性で、登場するキャラクターは非常に可愛らしいルックスをしています。しかし現れる心霊が怖いので、キャラクター魅力にとらわれている余裕はなくなるはず。気づけば後ろにいた、天井を見上げたらいた、等「分かってはいるけど怖い」という恐怖感の演出が素晴らしい作品となっています。

どのシリーズも共通するのが「射影機」を使って物語を進めていくところ。心霊を映し出す・除霊をする・封印能力のある優秀なアイテムであり、忌まわしい過去や呪縛を解き明かす鍵となっていくのです。怖さだけではなく、ストーリーも見どころなので骨のあるゲームに触れたい人におすすめでしょう。

零~zero~ | Amazon

¥19,800 (税込)

迫り来るギリギリの恐怖と引きつけるドキドキ感、そして封印するときのエクスタシーが融合。なんと当タイトルのバトルシステムは「カメラで敵を倒す!」というオリジナリティがあるもの。他の売れ筋アクションアドベンチャーとの差別化を計り、さらに魅力のあるものに仕上がった。

家庭用ゲーム機のおすすめホラーゲーム②「DEAD RISING」シリーズ

一見するとCERO Zで驚いてしまいますが、実はちょっぴり初心者向け。バイオハザードよりも恐怖度が低く、コミカルな雰囲気のあるゾンビ系ゲームです。バイオは怖くてできない!という方でもデッドライジングなら楽しめたという声もあるほど!

サバイバル系の作品であり、大量のゾンビや錯乱した人間と戦うゲーム。何もかもが「なんでもアリ」なのでとても自由にプレイできると思います。ゾンビがメイド服を着ていたりとかなりおちゃめな一面も。パッケージに「ゾンビパラダイスアクション」と記載があるくらいなので、おふざけ要素も詰まっています。

本当にゾンビが大量発生していて驚きますが、退治方法もオノ、銃、手榴弾などさまざま。武器がたくさんあるのも楽しめるポイントですね。スカッとしたい時にもおすすめできる作品です。

CAPCOM:DEAD RISING (デッドライジング)公式サイト

3.様々なホラーゲームに挑戦してみよう

怖い・難易度の高いゲームはやりがいがある

最初は慣れていないのでどうしても恐怖度の低い・単純作業の作品を選びがちです。ビギナーなら良いのですが、何本かプレイしたら怖いと評判の難しい作品にも挑戦してみましょう。大抵怖くて難易度の高いゲームは海外製が多いのですが、熱狂的なファンも多いのです。

ただ初心者の時点で難しすぎる・怖すぎるゲームに触れてしまうと挫折してしまう可能性があるため、あくまで「慣れてから」にしてください。

海外のホラーゲームについて

先程も海外製のゲームを紹介しましたが、根強いファンも多く、真のホラーゲームマニアは海外製を好む傾向にあります。比較的にグロテスクな描写や恐怖度の高い作品が多いので、好きな人はドハマりしてしまうんだとか。

ただしあまりに過激すぎて、日本語版が発売されると描写の規制やストーリーの変更もよくあります。それでファンから批判が殺到するケースもよく見られます。

そのため英語が多少分かる人、規制無しの作品をプレイしたい人は海外版を取り寄せるのです。海外ゲームを取り扱う店舗なら入荷していますし、今ならアマゾン等で購入が可能。ホラーゲームの世界にどっぷり浸かりたいなら、こういったゲームに触れてみるのも面白いかもしれません。

まずは挑戦!ホラーゲームで不思議な世界に触れよう

ゲームというのは仮想の世界。そう分かっていながらリアルな恐怖を演出する作品に取りつかれるのも、ホラーゲームの魅力です。まずはプレイして、ホラーゲームの楽しさを見つけてみましょう。

スマホでもゲーム機でも、お気に入りの一本を見つけてください!

たかなし亜妖

この記事のアドバイザー

たかなし亜妖

フリーライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ