「はじめて」をわかりやすく。

他の地域にはない個性的な文化を楽しむ、はじめての大阪!

他の地域にはない個性的な文化を楽しむ、はじめての大阪!

大阪は、かつて日本の首都だった奈良や京都と隣接しながらも独特な文化が芽生え、昔から多くの人が集まり今では近畿地方の中心都市として栄えています。現在もどんどん発展しており新旧楽しめるものが多く、季節を問わず多くの観光客で賑わっています。今度初めて大阪を訪れる方にどのような街かご紹介したいと思います。

left

この記事のアドバイザー

left

何でもチャレンジ系男子


OPEN

目次

2. 大阪を観光しよう!

二大繁華街「キタ」と「ミナミ」

大阪には、JR大阪駅や私鉄の梅田駅を中心とした通称「キタ」と、難波地区や心斎橋地区を中心とした通称「ミナミ」と呼ばれる二大繁華街があります。キタは、京阪神を結ぶ交通の要衝でオフィスビルが乱立し、南部には「北新地」と呼ばれる近畿地方を代表する歓楽街を要するエリアです。

一方「ミナミ」は、梅田駅から地下鉄で4駅南側に離れたエリアで、百貨店や商店街などが充実しており、買い物飲食娯楽など存分に楽しめるエリアです。また、テレビや雑誌でよく目にするグリコや、かに道楽の大きな看板もこのエリアで、大阪を代表する観光地でもあります。また、難波駅は交通の要衝でもあり、奈良や和歌山方面といった中距離に加え、三重や名古屋方面などの長距離列車の拠点にもなっています。そして、関西国際空港への直通列車も発着しており、海外から近畿地方への玄関口にもなっています。

梅田スカイビル(大阪市北区)。173メートルの梅田のランドマーク的な高層ビル。

難波と心斎橋の間にある道頓堀川沿いの江崎グリコのネオン看板(大阪市中央区)。大阪といえば一番に思いつくほどのシンボルで1935年に初代が造られ現在は5代目。

お城にお寺と歴史も感じることができる街

近畿地方で最も人口が多い大阪市ですが、近代的な町並みだけでなく、歴史的な建造物も数多く見られます。その中で最も代表的なのが、大阪のシンボル的な存在の「大阪城」です。現在のものは1931年に復元されたものですが、周囲一帯は「大阪城公園」という名称で敷地内には博物館があったり、コンサートホールがあったりと歴史やレジャーなど地元の方や観光客などで連日賑わっています。

また寺社仏閣も市内に多く建立されており、中でも四天王寺(大阪市天王寺区)や住吉大社(大阪市住吉区)は全国的に有名で、初詣は府内で最も多い参拝者が訪れる神社です(※2019年)

大阪府内で初詣の参拝者数が最も多い住吉大社(大阪市住吉区)。

大阪城公園(大阪市中央区)。敷地内には豊臣秀吉が建立した大坂城やコンサートホールなどがあり観光客や地元の方で連日賑わっています。

32 件
left

この記事のアドバイザー

left

何でもチャレンジ系男子




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ