「はじめて」をわかりやすく。

初めて行く前に読みたい!アナハイムディズニーランドを満喫するポイント!

初めて行く前に読みたい!アナハイムディズニーランドを満喫するポイント!

アメリカのカリフォルニア州アナハイムにある元祖ディズニーランドとも呼ばれているアナハイムディズニーランド。東京から飛行機と交通機関を合わせて11時間もかかりますが、それぐらい時間をかけて行きたい楽しいテーマパークです。今回は初めてのアナハイムディズニーランドの満喫する方法やプランをご紹介します。初めてこれから行く予定の方は、ぜひ参考にしてみてください!

mappy

この記事のアドバイザー

mappy

アナハイムディズニーブロガー


OPEN

目次

1. アナハイムディズニーランドに行く事前準備をしよう!

アナハイムディズニーランドのチケット価格とMaxPassについて

アナハイムディズニーランドのチケット

アナハイムディズニーランドに1日だけパークに入るワンデーチケット(1day)は値段がその日程によって違います。$104, $114, $124, $139, $154と5段階の値段表があり、行きたい日のワンデーチケット(1day)がいくらなのか知りたい方はディズニー公式ホームページからチェックしてください。

2日~5日以上パークに入る場合はチケットの値段は日にちによって変わることはありません。
・2デー:$235
・3デー:$330
・4デー:$340
・5デー:$360

また、アナハイムディズニーランドとカリフォルニアアドベンチャーを同じ日に両パーク楽しみたいチケット『パークホッパー』を使う場合は、日数関係なく$55プラスされます。1デーでも5デーでも$55しかかからないので、長期間パークに行く方はパークホッパーを付けるとお得に両パーク楽しむことができます。

さらに、スマホからファストパスが取れたり、パーク内にいるカメラマンに写真を撮ってもらってダウンロードできるMax Pass (マックスパス)というサービスもあります。1日一人$20かかりますが、ファストパスをスマホで取れるので時短にもなるし、体力温存することもできるのでオススメです!写真も自分たちでは撮れない全員写っているショットを一眼レフカメラで撮影してくれるのもポイント高め!

アナハイムディズニーランドでの持ち物について

アナハイムディズニーでは、パーク内に入るまでの荷物検査がかなり厳しくなっています。バッグの中はポケットを全て開けて確認、さらにポーチやお財布なども開ける必要があります。そのあとは空港のような金属探知機の機械を通って、やっと入場することができます。

<パークに行くときに必ず持っていきたいもの>

・ペットボトルの飲み物
カリフォルニアはかなり乾燥してるので飲み物は必須アイテムです。

・日焼け止め
カリフォルニアは日本の8倍紫外線が強いとも言われているので日焼け止めがないと肌を痛めてしまうかもしれません。

・スマホとWi-Fi
スマホとWi-Fiは一緒に持ち歩いてこそ使えるので、どちらかを忘れてしまうとネットを使うことができません。

飲み物は必須です

気をつけたいのがパークの中に持っていく持ち物についてです。アナハイムディズニーでは、持ち物検査をしたあとにしかロッカーが無いので、持ち込み禁止の物を持ってきてしまうとその場で没収されてしまいます。持ち込み禁止の荷物がある場合は、事前にロッカーなどに預けてからパークに向かいましょう。

<持ち込み禁止の荷物>

・セルフィースティック
日本のディズニーも持ち込み禁止ですが、アナハイムディズニーも一緒で持ち込み禁止です。

・大きすぎるベビーカーやワゴン
179cm x 132cm以上のベビーカー、そしてピクニックなどの持っていくゴロゴロ転がせるワゴンはどんな大きさでも禁止です。

・むき出しの氷
袋などに入っていればいいのですが、クーラーボックスに直接氷が入っている場合は荷物検査ができないので禁止です。

・ビン、ガラス
アメリカのスーパーではよくビンに入っているジュースなどありますが、気づかないうちに持って行っている場合があるので要注意です。

・アルコール
お酒はパーク内で買うのは問題ありませんが、持参するのは禁止です。

・スーツケース
ホテルのチェックイン前にパークに寄る場合、持って行ってしまいそうですがスーツケースを持っているとパークにはもちろんディズニーの敷地の『ダウンタウンディズニー』にも入れません。

・折りたたみの椅子
ショー待ちで折りたたみ椅子がほしいと思ってしまいますが、持ち込み禁止です。

・武器や危険物
長い剣やナイフ、ボールなども禁止です。

セルフィースティックは禁止です

< Back
1 2 3
28 件
mappy

この記事のアドバイザー

mappy

アナハイムディズニーブロガー




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ