「はじめて」をわかりやすく。

はじめてのダーツ!初心者でも楽しめるダーツゲームを紹介します!

はじめてのダーツ!初心者でも楽しめるダーツゲームを紹介します!

漫画喫茶やダーツバーで気軽に楽しめるダーツ。はじめは思い通りにいきませんが、狙った場所に入ると何とも言えない気持ち良さ、爽快感があります。初めてダーツをする人向けにダーツの基本やルールとダーツゲームの楽しみ方などを紹介します。

roselly

この記事のアドバイザー

roselly

おひとり上手女子


OPEN

目次

1. ダーツとは?

ダーツマシン

ダーツは一人でも複数人でも遊ぶことができ、ダーツとダーツボード(的)さえあれば誰でも出来るのが魅力です。ダーツに使われている素材によってダーツボードの大きさやルールが異なりますが、ここでは一般的なソフトダーツをご紹介します。

ソフトダーツはチップと呼ばれる矢じり部分がプラスチックなどの柔らかい素材で出来ています。金属製のものより手軽で安全性が高く、お店のダーツマシンでは自動で点数計算もしてくれます。ダーツバーなどの専門店だけでなく、漫画喫茶、カラオケ店、ボーリング場にも設置されていることが多いので気軽に楽しむことが出来ます。

ダーツってどうやって遊ぶの?

ダーツは射的競技の一つで、1ラウンド3投で1本ずつ投げます。ラウンドはゲームによって異なります。投げるときの立ち位置をスローラインと言い、足がスローラインからでないようにします。

スローラインからボードの位置までの距離は244cmで、円形の的に1〜20の数字がランダムに並んでいるので矢を投げ、刺さった数字が得点になります。狙った場所にダーツを命中させる技術だけでなく、ゲームルールによっては高い戦略性が求められ、精神状態で結果が大きく左右されるデリケートなスポーツでもあります。ダーツは比較的動きが少なく力もいらないので小さなお子様からご年配の方まで気軽に始められると思います。

ダーツボード(ソフトダーツ)

ダーツボードの得点の見方

ダーツボードを見ると1〜20までの数字が並んでいます。画像をみていただくと円周状にシングル、ダブル(得点2倍)、トリプル(得点3倍)に分かれています。20を狙った際にトリプルに入ると20✕3で点数は60点になります。

また、ダーツボードの真ん中にある内側の黒い部分はインブル(ダブルブル)と呼ばれ点数が50点、その外側の赤い部分はアウターブル(シングルブル)と呼ばれ25点となります。

この点数が基本の点数のカウント方法となっており、色々なゲームで得点を付けていくときのベースとなりますので、抑えておいてください。

< Back
1 2 3
27 件
roselly

この記事のアドバイザー

roselly

おひとり上手女子




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ