「はじめて」をわかりやすく。

簡単にできる趣味「切り絵」を始めてみたい方へ

簡単にできる趣味「切り絵」を始めてみたい方へ

一枚の絵を、小さなナイフで切り取り、芸術を仕上げていく「切り絵」は、SNSなどでの投稿ももちろんのこと、メディアなどでも取り上げられることが増えてきた趣味です。自分の手で美しい切り絵作品を生み出すことができれば、そこにかけた時間も素晴らしい記憶となることでしょう。そんな「切り絵」をはじめてみたいけれど上手にできるか不安、という方に向けて、切り絵の楽しみ方や取り組み方についてをご紹介します。

Aries

この記事のアドバイザー

Aries

元IT系のOL兼ライター


OPEN

目次

1.切り絵とはどのようなことをするの?

「切り絵」は、紙を切り抜いて図柄や絵柄、キャラクターなどを表すものです。単純に絵を切り抜くだけでもよいですが、台紙となる紙と切り抜く紙に色の変化をつけてコントラストにしたり、また非常に細かい細工を施して、美しく仕上げるものもあります。

近年、SNSやテレビなどでも扱われる機会が多くなったテーマですが、切り絵の歴史は古く、日本では奈良時代から神様に捧げる儀式として行われております。また、さらに古い歴史をもつものでは中国でも「切り紙(剪紙)」として、お守り・飾り物として嗜まれてきたという歴史があります。

切り絵

切り絵はどうなったら完成?

切り絵は基本的に、「切り絵用」として、切り抜く部分と残す部分がはっきりと分けられている絵柄を選んで切り抜き、一枚の作品に仕上げていくものです。

しかしながら、必ずしも「切り絵用」の図柄を使う必要はありません。たとえば、気に入ったイラストや写真、また自作の絵などを切り絵の題材として、切り絵練習に使ったりということはよくあることです。

このため、一応は「絵に描かれた時点で想定している陰影を切り取ったら完成」としてもよいですし、「さらに切り抜きを入れて完成度を上げていく」ということもできる、ゴールラインを自分で設定できる趣味であるともいえます。

切り絵に特別な才能は必要?

切り絵の完成品などをインターネット上、SNS上などで見たことがある方は、素晴らしい作品を見て、「何か特別な才能がなければできないのではないか」「自分は手先が不器用だからできないのではないか」と不安に思ってしまうこともあるでしょう。

しかし、切り絵を実際に楽しんでいる方は口を揃えて「才能は必要ない」「才能よりも根気強さが重要」といいます。これは事実で、切り絵の作業は確かに緻密なものになりますが、その動作を分解すると決して常人には不可能な手の動きをしているわけではなく、ただ切り抜く範囲に忠実に、ただし万一にもずれや行き過ぎがないように、少しずつ少しずつ完成に向けて紙を切り抜いている、ということがわかります。

このような切り絵の実際の作業内容を見てみると、やはり切り絵に必要なのは特別な才能やセンスというわけではなく、むしろ「根気強さという才能」が必要なのだという切り絵作家の言葉が真実なのだということに気付かされます。一日で一気に終わらせようというのではなく、ひたすら地道にコツコツと続けていくことこそが、素晴らしく緻密な切り絵作品の完成に欠かせないのです。

切り絵

< Back
1 2 3 4
32 件
Aries

この記事のアドバイザー

Aries

元IT系のOL兼ライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ