「はじめて」をわかりやすく。

簡単にできる趣味「切り絵」を始めてみたい方へ

簡単にできる趣味「切り絵」を始めてみたい方へ

一枚の絵を、小さなナイフで切り取り、芸術を仕上げていく「切り絵」は、SNSなどでの投稿ももちろんのこと、メディアなどでも取り上げられることが増えてきた趣味です。自分の手で美しい切り絵作品を生み出すことができれば、そこにかけた時間も素晴らしい記憶となることでしょう。そんな「切り絵」をはじめてみたいけれど上手にできるか不安、という方に向けて、切り絵の楽しみ方や取り組み方についてをご紹介します。

Aries

この記事のアドバイザー

Aries

元IT系のOL兼ライター


OPEN

目次

3.切り絵の楽しみ方のコツ

切り絵の楽しさは、コツコツと図柄を切り抜いていって自分の思い描く形を完成させていくことにあります。

とはいえ、図柄が複雑になればなるほど、その作業時間や期間も長くなっていくため、その作業に楽しみがなければ続けることも難しくなってしまうでしょう。

切り絵の制作を進めていくと、どのような楽しみや達成感を味わうことができるのでしょうか。以下には、切り絵を続けていくうえでの楽しみ方のコツについてご紹介します。

切り絵では何を楽しみに進めていけばいい?

コツコツと地道な作業が必要となる切り絵の制作は、根気が必要となる趣味といえます。その地道な作業の果てに、美しい作品の完成形を思い浮かべながら作業を進めることで、楽しみながら切り絵の制作を続けることができるでしょう。

単純に「影絵」の要領でシンプルな図柄を表現するのももちろん楽しいですが、そこからさらに細かい切り抜きを付け足して複雑な模様を作り出したり、紙を折って片面を切り抜き、広げてシンメトリーなデザインパターンに仕上げるなど、いろいろな楽しみ方があります。

また、台紙の色の組み合わせを変えることで、同じデザインでも違った雰囲気の作品を作り出すことができます。

色々な切り絵

切り絵が上手にできたらSNSで公開も!

写真やイラストなどもそうですが、自分の作った制作物に対してリアクションや評価があると、モチベーションにも大きく影響があります。

プロとして活動している方は、展示会や展覧会など、制作物を発表する機会にも恵まれていますが、個人で趣味としている方にはこれまで、なかなかそのような機会は与えられてきませんでした。

しかし、現代はSNSを利用する人が多くいます。うまくできたと思う作品があったら、ぜひそれをSNSに投稿してみるとよいでしょう。同じ趣味を持つ方や、切り絵の作品が好きな方から、肯定的なリアクションがある場合もあります。ただし、著作権には注意して、公開しても問題のない制作物を選ぶようにしましょう。

切り絵をSNSにアップ

32 件
Aries

この記事のアドバイザー

Aries

元IT系のOL兼ライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ