「はじめて」をわかりやすく。

簡単にできる趣味「切り絵」を始めてみたい方へ

簡単にできる趣味「切り絵」を始めてみたい方へ

一枚の絵を、小さなナイフで切り取り、芸術を仕上げていく「切り絵」は、SNSなどでの投稿ももちろんのこと、メディアなどでも取り上げられることが増えてきた趣味です。自分の手で美しい切り絵作品を生み出すことができれば、そこにかけた時間も素晴らしい記憶となることでしょう。そんな「切り絵」をはじめてみたいけれど上手にできるか不安、という方に向けて、切り絵の楽しみ方や取り組み方についてをご紹介します。

Aries

この記事のアドバイザー

Aries

元IT系のOL兼ライター


OPEN

目次

切り絵は時間をかけて納得のいく作品を作ろう!

切り絵の制作には多くの時間や日数がかかります。細い線や小さなパーツを切り抜いて、毎日少しずつ作業を続けていくことで、やがて素敵なひとつの作品が完成するという趣味です。

ときに、思い通りに作業が進まなかったり、難しい工程に入ることもあるでしょう。そのようなときでも、投げ出してしまわずに少しずつ少しずつ作業を進めていけば、必ず完成させることができます。これは切り絵の魅力のひとつとも考えることができます。

せっかく切り絵に関心を持ったのであれば、完成を急いで雑な作業となってしまうよりも、じっくりと腰を据えて、たとえ時間がかかっても納得のいく制作をするほうが、よいモチベーションとなることは間違いないでしょう。

初心者は、最初からあまり構えずに、気軽に、少しずつ進めていければいい、というぐらいの気持ちで初めてみるのが、切り絵を楽しむためのコツであり、またそのような姿勢で進めていけることこそが、切り絵の魅力でもあるのです。

自律神経が整う 美しい切り絵 | 小林弘幸, 切り絵/藤野ひろのぶ |本 | 通販 | Amazon

¥1,430(税込)

絵の美しさにもこだわり、見て楽しい、やってすっきりな切り絵本を作りました。
誰でも簡単に楽しめるよう、ページを切り取ってそのまま切り絵ができる特別な本の仕様です。絵柄が美しいのでお部屋に飾ったり、しおりにしたり、プレゼントにも最適!

1 2 3 4
Next >
32 件
Aries

この記事のアドバイザー

Aries

元IT系のOL兼ライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ