「はじめて」をわかりやすく。

【はじめての新宿】日本で一番人々が集まる街『新宿』を探検しよう!

【はじめての新宿】日本で一番人々が集まる街『新宿』を探検しよう!

新宿は東京の中で最も人が多く集まる街のひとつです。新宿駅は1日約370万人とも言われる利用者がおり、日本はおろか世界一の乗降客数を誇る駅と言われています。そんな新宿とはどんな街なのか、なぜ人が多く集まるのか、地方からはじめて東京に来た方も楽しめるように紹介していきたいと思います。

left

この記事のアドバイザー

left

何でもチャレンジ系男子


CLOSE

目次

1.新宿ってどんな町?

新宿は、東京の中でも最も人が集まると言われる街!

新宿と聞くと東京都庁があったり東京の中でも特に中心のような印象をお持ちの方も多いと思います。実は都心と呼ばれるエリアは霞ヶ関や丸の内といった東京駅にほど近いエリアを指すことが多く、新宿は渋谷や池袋などを含めた「副都心」と呼ばれるエリアに位置します。

しかし人が集まるのは都心より副都心エリアの方が圧倒的に多く、中でも新宿駅は一日の利用者が370万人とも言われていて、日本はおろか世界一の乗降客数を誇る駅です。JR以外にも小田急や東京メトロなど多くの鉄道会社が乗り入れていて、乗り換えの利用も多いです。

さらに2016年には「バスタ新宿」という長距離バスのターミナルも南口に完成し、東京駅や羽田空港のように東京の玄関口にもなっています。そして駅周辺には大手会社のオフィスが入った高層ビルや高島屋、伊勢丹などの大手百貨店が軒を連ね、駅の北東部には日本一の歓楽街である歌舞伎町があったりと仕事や買い物など様々な理由で訪れる町です。

新宿駅西口。中央に小田急百貨店、右に京王百貨店を構える日本を代表するターミナル駅。

新宿には都庁もあり都政の中心でもある街!

前述の通り、東京都庁は西新宿エリアに構えており、竣工当時は日本一高いビルでした。以前は東京駅に近い丸の内エリアの東京国際フォーラムがある場所にありましたが、1991年に移転し現在に至っています。都庁ができる前の西新宿一帯は浄水場があり当時の航空写真と見比べると今の新宿からは想像もつかないような風景が広がっていました。

東京都庁周辺は都庁の他にも200m級の超高層ビルが集まっており、その中には都や国が関与する行政施設や国内外の大手企業の本社や支社のオフィスが数多く入っています。丸の内は国政と経済の中心なのに対し、新宿は都政と経済の中心になっている街並みです。

2.新宿の楽しみ方!

買い物はもちろん!日本全国のグルメがほぼ食べられる街!

新宿には駅の西口に小田急百貨店や京王百貨店など大型百貨店が数多くあり、さらには新宿三丁目エリアには伊勢丹や高級ブランドのバーバリーやルイヴィトンなどが立ち並び、新宿に買い物に来れば、この町だけで全て揃えることができます。そして飲食店も地方の有名店が数多く進出していたり、地方の名物を提供していたりするお店が多いため、日本全国の名物を食べることもできますよ。

新宿三丁目交差点には丸井や伊勢丹に加えルイヴィトンなど世界的に有名なブランド店も軒を連ねています。

神社に公園に舞台に、観光も娯楽も楽しめる町!

新宿は仕事やショッピングだけでなく、実は観光や娯楽といったレジャーも楽しめる街です。新宿駅の南口から東へ約10分の場所に「新宿御苑」という広大な公園が広がっており、桜をはじめ季節ごとに様々な花が咲き、都民の憩いの場になっています。新宿御苑近くの明治通りを北に進むと渡航や海上の安全を信仰する「住吉神社」がありシーズン通して観光客も多く訪れています。

そして劇場型の娯楽も数多く、西側の初台(住所は渋谷区)には新国立劇場、新宿駅南口にはルミネtheよしもと、新宿三丁目には新宿末広亭などがあり演劇やお笑いも楽しむことができます。

4月になると新宿御苑は都内有数のお花見スポットとなり、桜が園内いたる所で見ることができます。

3.通やマニアックな楽しみ方はあるの?

歌舞伎町をはじめお酒好きには避けては通れない飲み屋街がいっぱい!

新宿は歌舞伎町をはじめ個性的な飲み屋街が数多く立ち並んでいます。新宿駅西口には駅から靖国通りの大ガードにかけての「新宿西口思い出横丁」、歌舞伎町の東側には「新宿ゴールデン街」。どちらも戦後の闇市をルーツとした昭和の雰囲気をそのまま残し、仕事帰りのサラリーマンや、最近では外国人観光客の姿も多く見られます。

そして新宿といえば靖国通りに面し西武新宿駅の東側に位置する「新宿歌舞伎町」という全国的にも有名な日本一の歓楽街があります。昔から治安が悪くお酒やお金、異性絡みの犯罪が非常に多く、現在も度々テレビで報道されるなど負のイメージを持たれている方は少なくないと思います。しかし、現在の歌舞伎町は治安が大幅に改善され、昼間や夜でも帰宅時間帯くらいまでであれば歩きやすい街だと感じられると思います。飲食店もファミリー向けのお店もどんどん進出したり、映画館のTOHOシネマズが建てられたりと、どの世代でも楽しめる街に少しづつ変貌を遂げています。

新宿ゴールデン街も今では観光地に!

大都会の象徴、高層ビル群や大型百貨店などの建物めぐり!

東京には都庁をはじめとした200メートルを超える超高層ビルが連立しており、新宿は代々木のドコモタワーを含めると実に11ものビルが200メートル以上の高さを誇っています。遠くから見ても高いビルが密集しているため郊外から向かうときの目印になったりします。

多くのビルはオフィスが入っているため一般の人は中に入れないところが多いですが、東京都庁のように上層階の一部が展望フロアになっていて一般開放しているビルもあり、昼には眼下の東京の街並みや100キロ以上離れた遠方の山々を拝める事ができ、夜にはその夜景も楽しめるため、東京を代表する観光スポットのひとつになっています。

そして新宿には駅ビルやその周辺に百貨店も数多く立ち並んでいます。新宿駅には西口の小田急百貨店と京王百貨店、南口には高島屋にルミネがあり、ルミネは東口にも建っています。そして東側にある新宿三丁目には高島屋に丸井もあり実際の買い物はもちろん、デパート巡りだけでも一日かかるくらい充実しています。

都庁展望台から見る新宿の夜景

新宿に行けば買い物も娯楽も何でも揃うし何でもできる魔法のような街!

新宿といえば人が多くて仕事や買い物、電車やバスの乗り換えで賑わう町というイメージがあるかと思います。しかし新宿はそれだけでなく新宿御苑やビルからの景色など観光客が楽しめるスポットもあり観光を目的に楽しむこともできます。

2020年にはオリンピックがあり、期間中はさらに多くの人が訪れるため、買い物や食事や観光など、訪れた方はぜひ新宿を満喫していただければと思います。

いまこそ行きたい! 新宿ゴールデン街|Amazon

¥1,528(税込)

本書は、2015年10月に発行した、『いまこそ行きたい! 新宿ゴールデン街』の最新版。掲載店舗数が10軒以上増え、グルメや歴史情報もパワーアップ。 新宿区役所の敷地と同程度の区画の中に、約270軒もの個性的な飲食店がひしめく新宿ゴールデン街。

left

この記事のアドバイザー

left

何でもチャレンジ系男子




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ